LoFiプラグインのおすすめ_HipHopなどの音作りに

プラグイン

【Lo-Fi】ローファイプラグインおすすめを紹介【Hip Hop・Houseなどの音作り】

シュンナリタ
シュンナリタ
おすすめのLo-Fi系エフェクトや音源まとめ!
無料プラグインもハイクオリティ!

【Lo-Fi】おすすめのローファイ系プラグインをご紹介

おすすめLo-Fiプラグイン_無料も

近年、急速に広まったLo-Fiというキーワード。Hip Hop・Houseなどをはじめとし、幅広い音楽ジャンル、さらにはカルチャーにおいてそのテイストが取り入れられています。

EDM人気が全盛となった後、反動としてこういった流れはある意味自然なのでしょうね。

さて、この記事ではおすすめのLo-Fi系プラグインを特徴や使い方とあわせて紹介していきます。

ぼくもいろいろなエフェクトや音源を使ってみましたが、定番・音質・使いやすさ・無料 / 価格あたりをポイントにラインナップしました。

くわしいレビューやセール情報を更新している記事も貼っておきますので、そちらもチェックしてみてください。

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

RC-20 Retro Color - XLN Audio【定番Lo-Fiプラグイン】

まずはド定番。XLN AudioがリリースするRC-20 Retro Colorからいきましょう。

NOISE・WOBBLE・DISTORT・DIGITAL・SPACE・MAGNETICの6モジュールを搭載したマルチエフェクトで、幅広いLo-Fi系の音作りが可能。

そして、何と言ってもサウンドの質感がとても自然、かつしっかりとユニークな味付けにできるのが最高です。

関連記事
RC-Retro Colorレビュー
RC-20 Retro Color - XLN Audio | セール情報 & レビュー!自然で味のあるローファイ系プラグイン!

【2024年2月29日までのセール情報あり】RC-20 Retro Color - XLN Audioのレビューです。自然で味のあるローファイ系プラグイン!自然かつアナログ感あふれるユニークな味付けで、音作りにガンガン使えます。

続きを見る

Tape MELLO-FI - Arturia【モダンなLo-Fi感】

ArturiaがリリースするTape MELLO-FIは、メロトロンのテープエミュレートをしたエフェクトです。

ゆらぎ・歪み・フィルタリングなどをくわえて、美しく"不完全さ"をくわえることが可能。

比較的新しいプラグインなので、やはりモダンなローファイミュージックにバッチリとフィットする出音にもっていってくれます。

関連記事
Arturia_FXCollection4セール情報
Arturia FX Collection 4 | セール情報【2024】30種類のエフェクトプラグインバンドル!名機のサウンドをまとめて!

【2024年3月7日までのセール情報あり】Arturia FX Collection 4 バンドルシリーズの30種類のエフェクトプラグインまとめ。ディストーション・リバーブ・ディレイ・フィルター・コンプなど、名機モデルのビンテージサウンド。

続きを見る

Bad Tape 1 - Denise Audio【フリー・よれよれノイジー系プラグイン】

Bad Tape 1は同じくテープエミュレーション系エフェクト。無料で使えます。

テープのよれよれな感じだとか、ノイジーな感じだとか、はっきり極端な音作りにおすすめなプラグインです。とりあえずダウンロードしておきましょう。

もし気に入ったら、新しくパワーアップしてリリースされた有料版のBad Tape 2もあるので、こちらもチェックしてみてください。

ちなみに、Denise AudioにはMy Crushというフリープラグインもあります。派手めなサウンドのビットクラッシャーですが、Lo-Fi系に使うのもアリです。

関連記事
deniseプラグインセール情報
Denise Audio | セール情報【2024】サクサク使えるプラグインで音楽制作に新たなアプローチを!

【2024年2月29日までのセール情報あり】Denise Audioプラグインのおすすめまとめ。開発者たちの音楽制作経験が活かされた、DTMに新たなアプローチをもたらすフレッシュなプラグインをリリース。シンプルさが魅力。

続きを見る

Vinyl - iZotope【フリー・レコードのローファイサウンド】

iZotopeのVinylは、アナログレコードのゆらぎやノイズを再現するツール。ナチュラルなエフェクトのかかり方が特色です。

「いい感じなんだけどなんとなく味気ない」みたいなサンプルってありますよね?そこにサラッと使ってあげるだけで、一気に納得のいくサウンドになりますのでお試しを。

けっこう昔からある定番プラグインですが、近年のアップデートでリニューアルされ、より使いやすくなっています。

PUNISH - Heavyocity【ザラつきがかっこいいプラグイン】

PUNISHは、Heavyocityがリリースするサチュレーター系エフェクト。

めちゃかっこよくアナログなザラついた質感にしてくれるのが大きな特徴で、人気のあるプラグインです。

Boom Bap Hip Hopっぽい、ハードコアなローファイさを出したい場合はかなりおすすめ。ちなみに、EDM系楽曲でアクセントとしての使用もバッチリ映えます。

関連記事
Punishのセール情報と使い方レビュー
PUNISH - Heavyocity | セール情報 & レビュー!ワンノブで音にパンチとアナログ感が出せるプラグイン!

【2024年1月1日までのセール情報あり】PUNISH - Heavyocityのレビューです。特徴や使い方をまとめました。ワンノブのかんたん操作で、サウンドに力強いパンチ・ザラついたあたたかみ・アナログ感をくわえるプラグイン。

続きを見る

Grind - Audio Damage【フリー・歪み系エフェクトプラグイン】

GrindはAudio Damageがリリースするディストーションエフェクト。

がっつり派手めなサウンドが持ち味ではありますが、幅広いタイプの歪みを搭載しています。好みのLo-Fi感を見つけてみてください。無料なので、とりあえずぜひチェックを。

関連記事
Audio Damage セール情報
Audio Damage | セール情報【2024】シンプル&クリエイティブなプラグインが豊富です!

【2024年2月29日までのセール情報あり】Audio Damageのおすすめプラグインまとめ。シンプルながらクリエイティブ。ツボをついた、使いたくなるエフェクトやシンセがいろいろ。フリーもあり。

続きを見る

Moogerfooger シリーズ - Moog【アナログ感最高なプラグイン】

Moogerfoogerはもともと実機のペダルエフェクターシリーズで、メーカーが公式でプラグイン化しています。

アナログシンセサイザーのキング、Moogがリリースしているということで、どれもサウンドの質感は最高。ビジュアルからしてテンション上がるやつ。リアルなLo-Fi感にほんとグッときます…。

また、シリーズ各種の連携機能で使い込めるのもポイントです。ギターにドラムにベースに、自由なフィーリングで音作りしてみてください。

関連記事
Moogerfoogerセール情報とレビュー_エフェクトプラグイン
Moogerfooger | セール情報 & レビュー!エフェクトプラグインby Moog【最高アナログ感・使い込める】

【2024年2月12日までのセール情報あり】Moogerfooger - Moogのレビューです。エフェクトプラグインとして新たにリリースされたペダルシリーズ。特徴や使い方をまとめました。アナログ感がっつりのサウンド。連携機能で音作りも楽しい。

続きを見る

Vybz - Thentan【セールで格安・Lo-Fiマルチエフェクト】

ThentanがリリースするVybzは、Lo-Fiな音作りのためにデザインされたマルチエフェクトです。

「RC-20は定番だけど、ほかにこういうのないかな?」と思っているならぜひチェックを。サウンドはより大味な感じ。これはこれでおもしろさがあります。

セール時は格安になっていることもあるので、ねらってとりあえず買ってみるのもアリです。

Analog Pro - Initial Audio【自然なあたたかみと味】

Initial AudioがリリースするAnalog Proは、テープ・レコードエミュレーションをベースとしたLo-Fi用エフェクト。

シンプルにいろいろ使えて、パッとアナログなあたたかみや味をくわえてくれます。なんだかんだ、気取らない質感がけっこうハマるんですよね。

こちらもセールで比較的安く買えることが多いプラグイン。持っていると便利です。

関連記事
AnalogProレビューInitialAudio
Analog Pro - Initial Audio | レビューとセール情報!Lo-Fi系プラグイン!サウンドにテープやレコードの質感を。

【2024年3月31日までのセール情報あり】Analog Pro - Initial Audioのレビューです。特徴や使い方をまとめました。Lo-Fi系DTMerは持っておくと便利。あたたかみのあるTape・Tube・Vinyl(レコード)サウンドをシミュレート。

続きを見る

Sie-Q - Soundtoys【推せる裏方仕事人】

Sie-Qは、シンプルなEQエフェクトです。

Soundtoysプラグインといえば、全般に上質なアナログエミュレートが特徴。その中で、注目されることがあまり多くないこちらを僕は推したい!

下のレビュー記事でいろいろ説明していますが、本当にちょうどよくLo-Fiな雰囲気を作ってくれます。元のサウンドが持つキャラクターを大切にしながら、しっかりと存在感をくわえられるのが最高。

関連記事
Sie-Qのセール情報と使い方レビュー
Sie-Q - Soundtoys | セール情報 & レビュー!シンプルなEQだけど確かな存在感【アナログなあたたかみ】

【2024年2月23日までのセール情報あり】Sie-Q - Soundtoysのレビューです。特徴や使い方まとめ。シンプルな3バンドイコライザーですが、抜群のアナログ感。通せばサクッとちょうどいい音に。Lo-Fiサウンド作りやミキシングの隠し味に。

続きを見る

Mellotron V - Arturia【元祖サンプラー音源】

音源系もお気に入りをご紹介。1つはArturiaがリリースするMellotron Vです。

メロトロンはデジタルサンプラーの前身とも言われる、アナログテープに収録されたサウンドをキーボードで弾く楽器。こちらのプラグインでは、実機からサンプリングされたプリセットを使用するほかに、手持ちのオーディオファイルを読み込んで鳴らすことも可能です。

独特なヴィンテージ感をまとわせ、一気に気持ちのいいローファイな空気にもっていってくれますよ。

関連記事
ArturiaVCollectionXセール情報
Arturia V Collection X | セール情報【2024】名機のソフトシンセをまとめて【39種類の音源プラグインバンドル】

【2024年3月7日までのセール情報あり】Arturia V Collection Xにふくまれる音源プラグインまとめ。伝説的シンセサイザーやキーボードのサウンドをまとめて手に入れることができる、お得な大満足バンドル。

続きを見る

Rhodes V8 Pro - Rhodes【やっぱエレピはチルアウト】

Lo-Fi系トラックを作る上で外せないのがエレピ。Rhodesが公式リリースする音源プラグイン、Rhodes V8 Proはもはや問答無用で至高ですよ。

Rock・Hip Hop・R&B・Jazz・Pop・Houseなど、幅広いジャンルの楽曲から聞こえてくる信頼のサウンド。使われ方はいろいろですが、僕の中でやっぱりメローでエモくてチルアウトなイメージ作りにはまず弾きたくなります。

関連記事
RhodesV8Proプラグイン_レビューとセール情報価格チェック
Rhodes V8 Pro | レビューとセール情報!公式プラグイン!本物のエレピ音源。最高にリアルでグッとくる。

【2024年3月27日までのセール情報あり】Rhodes V8 Pro Virtual Instrumentのレビューです。公式リリースのエレクトリックピアノ音源プラグイン。低価格版もあり。特徴や使い方まとめ。本物のリアルサウンド。

続きを見る

【まとめ】Lo-Fiプラグインの種類・選び方【音作りいろいろ】

トレンドの中で各メーカーから新しいリリースがあったり、再評価されたりと、何がいいのか迷ってしまうDTMerはかなり多いと思います。

ひと口にローファイ系プラグインと言ってもいろいろ。初心者向けに、ここで種類をざっくり整理してみます。

Lo-Fiプラグイン

  • Lo-Fi専用マルチエフェクト
  • テープエミュレーション
  • レコードエミュレーション
  • サチュレーター
  • ビットクラッシャー
  • EQ / フィルター
  • 音源

このあたりをカテゴリーとしてメインで頭に入れておくと、今手元に無く優先して必要なツールが決まりやすいです。

もちろん、各プラグインは複合的な要素を備えていますので、あくまでガイドラインとして。また、空間系やモジュレーション系などにも、それっぽいキャラクターが強いエフェクトは幅広くあります。

「ちょっとよくわからない…」という場合は、まとめとして、これぞ!という選び方を書いておきますので参考にどうぞ。

やっぱりRC-20はいろいろできて音がいい。さすがの定番。

これでもっとガッツリとしたサウンドデザインをしたいようなら、ほかのプラグインもチェックしてみるといいです。

とりあえず必要そうなツールの無料 / セールで安いプラグインを使ってみよう。

手の届きにくい部分を感じることはありますが、充分にヘビロテ可能。とはいえ、価格設定が高めのツールを使ってみると、その素晴らしさが感動するレベルだったりします。余裕があるときは、ぜひ本当にほしいエフェクトや音源もねらってみてください。

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

広告

-プラグイン
-, ,