Sie-Qのセール情報と使い方レビュー

プラグイン

Sie-Q - Soundtoys | レビューとセール情報!シンプルなEQだけど確かな存在感【アナログなあたたかみ】

2022年6月26日までのセール情報

現在、Soundtoysがフラッシュセール開催中

と、お得に。

そのほか、人気のSoundtoysプラグイン各種も大幅割引となっています。

また2022年7月31日まで、Plugin Boutiqueで買い物をすると(上記リンク先)アナログEQ『Neural Q - Tone Empire』か、ステレオイメージャー『Spread Light - Yum Audio』を選び、無料でもらえるキャンペーンが行われています!2回買えば、通常49ドルのプラグインがどちらも無料になります。

シュンナリタ
Sie-Qはシンプルな3バンドイコライザーですが、抜群にちょうどいいアナログ感!特徴や使い方をレビューします。

Sie-Q - Soundtoysをレビュー【シンプルなEQだけど存在感あり】

Sie-QはSoundtoysがリリースするイコライザープラグイン。

1960年代のドイツ製ビンテージコンソールSiemens Sitralに搭載の、Siemens w295bというハードウェアEQを再現しています。

通せばサクッと、アナログ感のあるちょうどいい音にしてくれる!

といった感じの、シンプルで便利なプラグイン。

ミキシングの隠し味に使うもよし、Lo-Fiサウンドの作り込みにつかうもよし。サウンドの主張は大きくなくとも、確実に存在感を出してくれます。

オリジナルの動画もYouTubeにアップされていたので、興味のあるかたはチェックしてみてください。

Sie-Qのプリセットとサウンドデモ

サウンドデモ

プリセットはBus Magic・Clarity・More・Scooped・Smile Curve・Telephone・Thickener・Vocal Hard Mid Pushの8種類が用意されています。

上記の動画では、それぞれのプリセットを鳴らしてみました。

ラストにはおまけとして、ほかのSoundtoysプラグインやArturiaプラグインと組み合わせてぼくが作成したエフェクトチェインを鳴らしています。

Arturiaのエフェクトプラグインも、Soundtoysとならんでアナログ感が抜群で大好きなんですよね。ぜひあわせてチェックを。

関連記事
Arturia_FXCollection3セール情報
Arturia FX Collection 3 | セール情報【2022】26種類のエフェクトプラグインバンドル!名機のサウンドをまとめて!

2022年7月6日までのセール情報 現在、Arturiaがセール開催中! FX Collection 3が25%オフ と、新バージョンのイントロ価格でお得に。 また2022年7月31日まで、Plugi ...

続きを見る

Sie-Q - Soundtoysの使い方

Sie-Qの使い方

さて、ここからはSie-Qの使い方や各パラメーターの特徴について説明していきます。

とは言っても、システムはいたってシンプル。LOW・MID・HIGHの3バンド+DRIVEと、4セクションで音作りをしていきます。

オリジナルのノブは段階的にスイッチされるスタイルですが、Sie-Qの各ゲインコントロールはスムーズに回転。フルレンジで細かく調整が可能です。

LOW

LOWノブは-15〜+15dbでゲインコントロールが可能。

マニュアルによると、カット方向ではシェルフ、ブースト方向ではベル型のEQカーブを描く特性となっています。

カットは、不要なローエンドをやわらかくおさえたいときにいい感じ。ブーストでは、キックやベースの存在感をしっかり持ち上げてくれます。

MID

MIDセクションは2つノブがあり、右側ではセンター周波数を700Hz〜5.6kHzのあいだで段階的に設定できます。

左側のゲインコントロールは-8db〜+8dbでコントロール可能。上下とも、大きくコントロールするほどにピークが強調されるベル型カーブを描きます。

HIGH

HIGHノブも-15〜+15dbでゲインコントロールが可能。Sie-Qの主役とも言えるセクションです。

カット方向では、ゆるやかなローパスフィルターに。ブースト方向では、ゆるやかなベル型カーブを描きます。

高域をアナログっぽい丸みのあるサウンドにしたり、空気感を自然かつ美しく目立たせてくれます。

DRIVE

DRIVEはアウトプット前のゲインコントロールとなっており、全体のサチュレーションをコントロールします。オリジナルのハードウェアにはないセクションです。

プラス方向に動かすと、表面がザラついたようなオーバードライブ感をトラック全体にくわえてくれます。ほかのEQセクションにくらべ、このDRIVEはしっかりと効いてサウンドに色が付きます。

ぼくがよく使うエフェクトチェイン

Sie-QのHighとDrive

ちなみに、ぼくはこんな感じのエフェクトチェインを保存して使っています。

これがまた抜群に"ちょうどいい"感じにしてくれるんですよ…。あたたかみがありつつ、アナログっぽい存在感をしっかり持たせたい、なんてときはお試しあれ。

そのままDRIVEを強めると、ちょっと高域に角が立つ感じがして好きではないのですが、【HIGHを少し下げてDRIVEを突っ込む→AbletonのEQでさらに高域を整える】の流れで優勝できます。

Sie-Q - Soundtoysのセール情報と購入方法・価格チェック

2022年6月26日までのセール情報

現在、Soundtoysがフラッシュセール開催中

と、お得に。

そのほか、人気のSoundtoysプラグイン各種も大幅割引となっています。

また2022年7月31日まで、Plugin Boutiqueで買い物をすると(上記リンク先)アナログEQ『Neural Q - Tone Empire』か、ステレオイメージャー『Spread Light - Yum Audio』を選び、無料でもらえるキャンペーンが行われています!2回買えば、通常49ドルのプラグインがどちらも無料になります。

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Sie-Qは単品のほか、バンドルでの購入が可能。

Sie-Q - Soundtoysを単品購入

Sie-Qの販売ページ

Sie-Q - Soundtoysをバンドルで購入

Soundtoys 5は、すべてのSoundtoysプラグインがふくまれるコンプリートバンドル。それぞれのプラグインを、Effect Rackおよび単体で使用することができます。

こちらは各ストアで販売されていますが、Plugin Boutiqueでの購入が安いことが多いのでおすすめです。

また、Soundtoys Effect Rackバンドルでは、14種類のプラグインをEffect Rackで使用することができます。

Effect Rackの販売ページ

なお、Effect Rack単品では販売されておらず、バンドル限定となっています。

そのほかのSoundtoysプラグインをチェック【セール情報まとめ】

関連記事
Soundtoysセール情報
Soundtoys | セール情報【2022】おすすめプラグインと購入方法まとめ!素晴らしいアナログ感です!

2022年6月26日までのセール情報 現在、Soundtoysがフラッシュセール開催中! Decapitatorが75%オフ EchoBoyが75%オフ Little Plateが70%オフ Micr ...

続きを見る

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2022 All Rights Reserved