AnalogProレビューInitialAudio

ページ内には広告がふくまれます プラグイン

Analog Pro - Initial Audio | レビュー【Lo-Fi系プラグイン】サウンドにテープやレコードの質感を!

シュンナリタ
シュンナリタ
Analog Proはテープやレコードの質感をシミュレートしたLo-Fi系プラグイン!特徴や使い方のポイントをレビューします。

Analog Pro - Initial Audioをレビュー【プリセットとサウンドデモ】

プリセットとサウンドをチェック

Analog ProはInitial AudioがリリースするLo-Fi系エフェクトプラグイン。

上のムービーのサウンドデモのように、サウンドにサチュレーションをくわえ、アナログ感のある"あたたかみ"や"味"のあるサウンドメイキングが可能です。

プリセットにはTape系、Tube系、Vinyl(レコード)系などがあり、さまざまな質感のLo-Fi系サウンドを作り込んでいけます。

Lo-Fi Hip Hopとかを作りたい!

というような、DTMerはこういうプラグインが1つあるとかなり使えます。

Analog Proの販売ページ

こちらもあわせて
関連記事
RC-Retro Colorレビュー
RC-20 Retro Color - XLN Audio | セール情報 & レビュー!自然で味のあるローファイ系プラグイン!

【2024年4月21日までのセール情報あり】RC-20 Retro Color - XLN Audioのレビューです。自然で味のあるローファイ系プラグイン!自然かつアナログ感あふれるユニークな味付けで、音作りにガンガン使えます。

続きを見る

ちなみにこのようなLo-Fi系プラグインだと、RC-20 Retro Color - XLN Audioもおすすめです。

Analog Pro - Initial Audioの使い方

さて、ここからはAnalog Proの使い方と機能のポイントをピックアップします。
上記の動画とあわせてチェックしてみてください。

WOW・FLUTTER・NOISE・IMPULSE

GUI上側のこちらのパラメーター。

WOW・FLUTTERではサウンドの"揺れ"を調整。

NOISEではサウンドにかすれたノイズ感をくわえることができます。

IMPULSEではAnalog・Club・Radio・Tube・VHS・Vinylなどのタイプを選択することができ、どのようなシミュレーションのLo-Fiエフェクトにするかを調整することができます。

LOWCUT・HIGHCUT

LOWCUT・HIGHCUTではサウンドのフィルタリングを調整することができます。

それぞれ5通りずつのフィルタースロープを選択可能。

EMPHASIS・STEREO

EMPHASIS・STEREOでは高域のきらびやかさや、ステレオの広がり感を調整することができます。

AMOUNT

GUI中央の大きなAMOUNTノブで設定したエフェクト全体のかかり具合を調整することが可能です。

Analog Pro - Initial Audioのセール情報と購入方法

Analog Proは単品購入のみ可能。

セールは頻繁に行われており、60%オフほどになっていることが多いです。

セール状況をチェック

Analog Proの販売ページ

そのほかのInitial Audioプラグインをチェック

購入の際は、各ストアの限定キャンペーンもチェックを。

広告

  • この記事を書いた人
ShunNarita_Profile_Square

シュンナリタ

『マタタキベース』でDTM情報を発信中。Moment名義で曲をリリースしつつ、DJしたりしています。長野在住。東京時代は年間200日くらい各所のClubでブースに立ってました。かれこれ15年以上音楽業界の片隅に居ます。プロフィール詳細や経歴はこちら

-プラグイン
-, ,