Ableton Liveでプラグインを使う

DAW

Ableton LiveでVST/AUプラグインを使おう!音源やエフェクトを追加!

Ableton LiveでのDTMに慣れてくると、
「あんな音もを入れたい!」とか「こんなエフェクトがあれば…」とか思うようになりますよね。

そんなときはVST/AUプラグインを使って音源やエフェクトを追加することができます(お試し版のLive LiteでもOK)。

初心者向けに、やり方などを説明しますのでチェックしてみてください。

 

VST/AUプラグインとは?

VSTとAUはAbleton Liveで使用可能なプラグインのファイル形式です。

この形式のプラグイン使うことで、Ableton Liveで外部のソフトシンセサイザーなどの音源や、オーディオエフェクトなどを使うことができます。

64bitと32bit

Ableton Live 10は64bit形式のみリリースとなっています。

VSTやAUには64bit形式と32bit形式がありますが、Ableton Live 10で使用できるのは、64bit形式のプラグインのみです。

Ableton Live 9までは32bit形式でもリリースされていたので、その場合は32bit形式のプラグインが使用可能です。

VST3には未対応

VSTの中には、VST3という形式のものがあります。しかし、こちらは残念ながら現状Ableton Liveには対応をしていません。

なのですが、間も無くリリースと発表されたLive 10.1バージョンでは対応するとのこと!うれしいですね!

関連記事: Ableton Live 10.1アップデート発表!この新機能はアツいぞ!

スポンサードリンク


 

インストールして使ってみましょう

VST/AUプラグインのインストーラーをダウンロードしてインストールすれば、大体の場合インストーラーが自動的にVST/AUファイルを専用のフォルダに入れてくれます。

インストーラーの手順にしたがって操作してみてください。

フォルダの場所

(Macでの場合の説明です。)

VSTは

/ライブラリ/Audio/Plug-Ins/VST

AUは、

/ライブラリ/Audio/Plug-Ins/Components

こちらにファイルが入っているので、確認してみてください。

Ableton Liveで読み込んで開く

正しくインストールできたら、Ableton Liveで開いてみましょう。

VSTとAUを読み込む

まず、環境設定で[Audio Unitを使用する]と[VSTシステムフォルダを使用する]がオンになっていることを確認してください。

オンになっていれば、画面左のブラウザ部分の[プラグイン]内に[Audio Units]と[VST]のフォルダが見つかるはずです。

出てきたプラグインをトラックに挿入すれば、プラグインを使用することができますよ。有料のプラグインの場合は、ここでオーソライズが必要だったりします。

読み込まない場合は

VST/AUプラグインを認識していない場合は、こちらの[プラグインを再スキャン]をクリックしてみてください。

再スキャン

それでも認識しない場合は、上で説明したVST/AUの形式を確認してたり、プラグインの最新バージョンをインストールし直したりしてみてください。

 

おすすめのプラグイン

さて、VST/AUプラグインの読み込み方がわかったところで、DTM初心者におすすめの定番プラグインを紹介しますね。

フリープラグイン

まずは、無料で使うことができるプラグインから。

フリープラグインでも、第一線で使えるものがかなりあります。

Synth1

Synth1

超定番のフリーソフトシンセサイザー。Clavia NORD LEAD2というシンセサイザーを手本に作られています。

ダウンロードはこちら: Synth1

Dexed

Dexed

こちらもフリーのソフトシンセ。FM音源の名機、Yamaha DX7をモデリングしています。

ダウンロードはこちら: Dexed

Camel Crusher

Camel Crusher

こちらは定番のフリーのディストーションプラグイン。めちゃくちゃ使えますよ。

製造元のCamel Audioは現在運営をしていないようですが、下記からダウンロードできます。

ダウンロードはこちら: Camel Crusher

Voxengo SPAN

 

View this post on Instagram

 

TORRO TORROさん(@torrotorrograms)がシェアした投稿 -

こちらはフリーの超定番スペクトラム・アナライザープラグイン。使っているひと、めちゃくちゃ多いです。

画像はTorro TorroがインスタグラムにProduction Tipをアップしたときのもの。

関連記事: 【DTM】Torro Torroが教える3つのミキシング、マスタリングTips【OWSLA】【Mad Decent】

ダウンロードはこちら: Voxengo SPAN

Ozon Imager

Ozone Imager

マスタリングプラグインOzoneが有名な、iZotopeがリリースする、フリーのステレオイメージャープラグイン。ステレオの広がりを調整するのに使います。
波形が表示されるので、ステレオの広がりを見るアナライザーとしても活用できます。

ダウンロードはこちら: Ozon Imager

このフリープラグインは多分、Ozoneに内蔵されているものと同じものだと思います。
Ozoneはとても優秀なマスタリングプラグインですので、併せてチェックを。

Ozone 9レビュー
Ozone 9 - iZotopeをレビュー!【Elements/Standard/Advancedの違いも比較】

続きを見る

有償プラグイン

次は有償の定番プラグインを紹介します。これらが現代のサウンドを作っていると言っても過言ではないくらい、超定番です。

Serum

「Serum」は2016年に発売され、高音質と直感的な操作性でいまや多くのプロデューサーに愛されるスタンダードシンセとなっています。

Serumについて、詳しくは下記の記事からチェックしてみてください。

Serumレビュー
Serum - Xfer Recordsレビューとセール情報 | 瞬く間に定番シンセに!初心者にもおすすめ!

続きを見る

KOMPLETE 12 SELECT

太っとい音を得意とする名シンセ「Massive」を含む、14製品、7,000以上のサウンド、45 GB以上のインストゥルメント&エフェクトを含むNative Instrumentsの定番バンドルです。

価格チェック

Sylenth 1

こちらの動画でMartin Garrixが使っているのがSylenth 1というソフトシンセです。

動画のようなEDM系の美しいサウンドから、ちょっと変わったサウンドまで何でもこなす万能シンセ。

購入はこちら: Lennar Digital - Sylenth 1

Waves Gold

業界標準のメーカー「Waves」の定番プラグインバンドルです。

エフェクトを充実させたいと思ったら、まずこれを買っておけば間違いないです。

価格チェック

Ableton Liveについてのまとめ記事

Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで

まとめ記事: Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで【DTM初心者に向けたワークガイド】

-DAW
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved