Ozone 9レビュー

プラグイン

Ozone 9 - iZotopeをレビュー!【Elements/Standard/Advancedの違いも比較】

シュンナリタ
マスタリングプラグインの決定版!
最新のOzone 9の特徴や使用感などをレビューします。

マスタリングに悩んでいるDTMerは、マストでチェックすべきプラグインです!

Ozone 9をレビュー【Elements/Standard/Advancedの違いを比較しながら】

Ozone 9はiZotopeのマスタリングプラグイン。
マスタリング用プラグインとしては既に決定版的なポジションとなっているシリーズです。

『Master Assistant』による自動マスタリング機能、EQやマキシマイザーの各エフェクトも超高品質。ぼくはマスタリング以外の場面でもガンガン使っています!

さらに、新しいバージョン9で追加された『Master Rebalance』や『Low End Focus』などの機能もかなりすごい。笑
またDTMシーンの新しい流れを作ってしまうような、そんな印象です。

なお、Ozone 9にはElements/Standard/Advancedの3つのエディションがあり、下位エディションは制限されている機能があり。

その3つのエディションの違いを比較しつつ、下記にOzone 9の主な機能をまとめました。

なお、セール情報と購入方法まとめは下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてください。

Ozone 9 セール情報と購入方法
Ozone 9 - iZotope | セール情報とお得な購入方法、価格まとめ【アップグレードやバンドルもチェック】

Master Rebalance【9の新機能】【Advancedのみ】

Ozone 9のMaster Rebalance

Ozone 9で新しく追加されたモジュール『Master Rebalance』を使うと、すでに2 mixになっているオーディオデータでも、ミックスのバランス感を調整することができます。

Vocals・Bass・Drumsの3つから調整するパートを選択し、[Gain]を操作することで、目立たせたり抑えたりすることが可能。

EQでそのあたりの帯域を持ち上げたりするのとは明確に違った質感で、とても自然かつ的確にそのパートをスライダー1つで操作できます。
とてもインテリジェントに解析している感じ…すごいですこれ。

こちらのMaster Rebalanceのデモ動画もチェックしてみてください。

Low End Focus【9の新機能】【Advancedのみ】

Ozone 9のLow End Focus

こちらもOzone 9で新しく追加されたモジュール。『Low End Focus』はPunchy・Smoothの2つのモードで低域を見事なまでにブラッシュアップしてくれます。

Punchyモードはキック(バスドラム)のパンチ感にフォーカスしている感じ、Smoothはベース全体を引き立てることができる感じです。

こちらのLow End Focusのデモ動画もチェックしてみてください。

ちなみに、Ozone 9でもっとも衝撃をうけたのがこのPunchyモードです。

ぼく、Skrillexが大好きで、その理由の1つに「ドラムの唯一無二のパンチ感」があるんです。

ミキシングやマスタリングでどうやってもなかなか出せないこのパンチ感だったんですが、Low End FocusのPucnyモードでフェーダーをスッと上げたら、サクッとこのパンチ感に近いサウンドが出てしまった。笑

シーンの流れを変えてしまえるほどの機能だと、本気で思っていますこれ。

Master Assistant: 自動マスタリング

Ozone 9のMaster Assistant

『Master Assistant』を使うと曲を読み込んでマスタリングの設定を自動で行ってくれます。
サクサクと簡単に音圧や音のバランスを整えてくれるのでかなり便利!

なお、Master Assistantには下記のモードがあります。

Vintageモード【9の新機能】【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9の新機能としてVintageモードが追加されました。(通常モードはModernモードに。)

Vintageモードを選択すると、Vintage EQやVintage CompなどのVintageシリーズのモジュールを使って自動マスタリングの設定がおこなわれます。

通常のModernモードはとてもクリアで自然に音圧を稼いでくれるのに対し、
Vintageモードはカドの取れたあたたかいサウンドに仕上げてくれます。

リファレンスモード【Standard/Advancedのみ】

Standard/Advancedエディションのみの違いとして、自分がリファレンスとしたい曲を読み込んでそのサウンドに近づける[Referece]モードがあります。

「自分が理想とする、好きなアーティストのサウンドに近づけるためにはどうしたらいいのか?」を、簡単に自動で設定してくれるので、かなりうれしい!

なお、[Referece]モードを使用するには、事前にリファレンストラックを読み込んでおく必要がありまして、下でもう少し説明します。

Streaming/CD用モード

Streaming/CDモードでは、完成した曲が聴かれるフォーマットに合わせたマスタリングを自動でしてくれます。

SpotifyやSoundCloudにアップすると音質が劣化するため、それを見越したマスタリングが大切です。

トラックリファレンス【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9のトラックリファレンス

作業中の曲とリファレンスの波形が重なって表示される。

Track Referenceでは10曲まで自分がリファレンスとしたい曲を読み込んでおくことができ、マスタリング中の曲とリファレンス曲の波形を重ねて確認することができます。

ここで読み込んだリファレンスを、上で説明したMaster Assistantのリファレンスとして使うことができます。

マキシマイザー

Ozone 9のマキシマイザー

最終段で音圧を調整するマキシマイザー。
マスタリングに悩んでいる初心者DTMerにとっては1番気になるのがこのマキシマイザーではないでしょうか?笑

マスタリングやマキシマイザーだけで音圧が決まると考えるのは間違いです。
しかし率直な感想として、Ozoneのマキシマイザーを使うとめちゃくちゃサクっと今っぽい音圧になります。笑

Ozone 8のからマキシマイザーのアプデは無いようですが、Standard/Advancedで使える[IRC Ⅳ]モードがやはりいい!!
他のモードと比べて、より低域をクリアに持ち上げてくれる感じです。

Equalizer (EQ)

Ozone 9のEQ

iZotopeのEQは本当に高品質で、ぼくは「ここぞ!」という時にはよく挿しています。
(CPU負荷が許すのであれば全てに使いたいくらい。)

ちなみにtofubeatsもセルフマスタリングの際はOzoneのEQを使用すると、参考リンク先のインタビューにありました。

参考2014年10月7日取材: tofubeats

MS処理

OzoneのEQはMS処理(Mid成分とSide成分を分けて処理)も可能です。

ダンスミュージックなどで、キックやサブベースなどのローエンドをMidにくっきり目立たせるために、サイドのローをバッサリカット、なんて処理をしてもナチュラルに効いてくれます。

Match EQ【9の新機能】【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9のMatch EQ

Match EQ機能は細かく言うとOzone 8でもEQの機能の1つとして使えたのですが、9では1つのモジュールとして使えるようになっています。

まずリファレンスとして、上で説明したトラックリファレンスで取り込んだ曲や、DAW上の曲の波形をキャプチャーします。

次にマスタリング中の曲をキャプチャーすると、リファレンスの波形に近づくようにEQカーブを設定してくれます。

このEQは厳密に言うと8,000バンドものEQになっていて、それを[Smoothing][Amount]の2つのスライダーだけでどのくらいリファレンスに近づけるかを操作できます。
また、Match EQを適用する帯域を設定することも可能。

やりすぎ厳禁な感じですが、これもまたすごい機能です。

Dynamic EQ【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9のDynamic EQ

こちらはEQ×コンプレッサー的な動きをしてくれる、Dynamic EQです。

Dynamic EQもMSモードでの処理が可能です。

Spectral Shaper【Advancedのみ】

Ozone 9のSpectral Shaper

このSpectral Shaperというエフェクト、細かい仕組みはちょっとよくわからなかったのですが、ブラッシュアップしたい周波数帯を選択し、かけ具合を調整するだけで簡単に"いい感じ"にしてくれます。

なんというか、サウンドが滑らかになる感じ。

iZotopeの説明を読むと、ディエッサー的な動作をしているようです。よくわからんけど、凄い。

Imager

Ozone 9のImager

こちらは曲の広がりを調整できるステレオイメージャー。

Ozone 9からはモードが2つになりました。
[Ⅰ]は鮮やかにサウンドの広がりに変化を加えるクラシカルなモード。
[Ⅱ]は、よりクリアで自然な変化を加えるモードです。

個人的にお気に入りのエフェクトなのですが、きっかけはSkrillexがお気に入りだと言っていたから。笑
下記の参考記事にて説明されていますが、Skrillexは7kHzあたりをワイドにして、曲にグッと広がりを出しているそうです。

参考Stories from a Pro: Skrillex

Exciter【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9のExciter

エキサイターを使うとマルチバンドでサチュレーションを加えることができます。

曲に"味"や"煌びやかさ"を加える感じ。
ANALOG/WARM/RETRO/TAPE/TUBE/TRIODE/DUAL TRIODEの7つのモードがあります。

使い方のポイントとしては、隠し味的にうっすらとかけるのが◎です。かけすぎはNG。

Dynamics【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9のDynamics

Dynamicsは最大4バンドのマルチバンドコンプレッサーです。

マスタリング時に、帯域ごとに軽く頭を叩いて整えるイメージでぼくはOzoneのコンプをいつも必ず使っています。

Vintageシリーズ【Standard/Advancedのみ】

Ozone 9のVintage EQ

Vintage EQ

Standard/Advancedには、アナログエフェクターをエミュレートしたVintageシリーズのエフェクトも付属しています。

  • Vintage Compressor
  • Vintage Tape
  • Vintage Limitter
  • Vintage EQ

があり、確かにとてもあたたかみのあるアナログ感を感じます。

基本は通常のエフェクトを使って、味付けとしてポイントでVintageシリーズを使っていくのがいいんじゃないかな、と思います。

Tonal Balance Control 2【Advancedのみ】

Tonal Balance Control 2

Advancedのみ、付属プラグインのTonal Balance Control 2を使って、レファレンスにより精度高く近づけていけます。
Ozone 9では前バージョンのTonal Balance Controlから2へと進化し、[Targetの]のプリセットが増えたり、帯域ごとのソロ再生が可能になっています。

[Target]で理想とする曲調を選択すると、それにあったメーターが表示され、DAWで作っている曲を鳴らすと、作っている曲のサウンドがTargetに近いものかどうか確認できます。
それを確認しながら、Tonal Balance Controlで各トラックに挿してあるOzone 9のEQもしくはNeutron 3のEQなどを操作することも可能。

[Target]はプリセットの他、持っている好きなアーティストの曲などもインポートして解析することができます!

レビュー記事
Tonal_Balance_Controlセール情報とレビュー
Tonal Balance Control 2 - iZotope | レビューとセール情報!リファレンス表示でミキシングの効率アップ!

続きを見る

Codec Preview【Advancedのみ】

Ozone 9のCodec Preview

特筆しておくべきAdvancedのみの機能として、Codec Previewをご紹介。

この機能を使うと、MP3やAACに曲のファイルを圧縮したときのサウンドを聞いて確認することができます。

Wavで書き出してSoundCloudにアップしたら「なんか違う…」なったりするのを事前に確認しつつ、最終的な仕上げを調整することができるわけです。(SoundCloudに曲をアップするとmp3に変換されます。)

NKS(Native Control Standard)対応【9の新機能】

Ozone 9はNKSに対応しました。

『NKS』はNative Instruments製のハードウェアコントローラーであるMaschineやKomplete Kontrolキーボードでシームレスに様々なプラグインなどをコントロールできる規格のことです。

できるだけハードウェアを使って直感的に作業をしたいという人には嬉しい対応ですね。

Ozone 9 Elements/Standard/Advancedの比較【結局どれがおすすめ?】

やっぱりAdvancedがおすすめ。

やはり、最大限にOzone 9の良さを発揮することができるAdvancedをおすすめしたいです。
それくらいOzoneはいい。現代のスタンダードプラグインと言ってもいいでしょう。

100歩譲ったとしてもStandardで!笑

マスタリングに悩むDTM初心者が1番気になるであろうマキシマイザーのモードは、Standard/Advancedで使えるIRC Ⅳ/Ⅲモードをぜひ使ってみて欲しい!ほんとに高品質です。

自分のミキシングの採点的な使い方も。

StandardやAdvancedで使えるリファレンス機能やMix Assistantの自動マスタリングを使って、自分がマスタリング以前のミキシングなどで、どこまでリファレンストラックに近づけられたかOzone 9に採点してもらう的な使い方をするのも、DTM初心者にはいいんじゃないかと思います。

Low End FocusはAdvancedのみ

もう一度このLow End Focus機能をゴリ推しておきます!これを使えるのはAdvancedのみです!

Advancedは各エフェクトが独立したプラグインとして使用可能

これ、ここまで来ての解説ですが、めっちゃ重要なポイントだと思います。

上記でも説明しましたが、Ozoneの各エフェクトは本当に高品質。EQ単体やDynamics単体で重要な箇所にはガンガン使っていきたいところです。

そんな時にAdvancedであれば、各エフェクトを1つずつのプラグインとして、PCの負荷がかかりすぎずサクサクと使うことができます。

Ozone 9のレビューまとめ

なかなか理想とする音圧にならない…

こう感じている人には、ぜひOzone 9を手に入れてもらいたいです。

あくまでもマスタリングや最終段のマキシマイザーで解決しようとするのは間違いなのですが、なんだかんだでOzoneの機能を使えば簡単に今っぽいサウンド、今っぽい音圧に曲を仕上げることができます。

これは、ある程度ミキシングなどのマスタリング以前のプロセスがしっかりできるようになっているDTMerほど、Ozoneを手に入れると強く感じることができることだと思います。
実際、僕は割とDTMを始めてしばらくしてからOzoneを導入したので、こういう感動を覚えました。笑

そんなOzoneの最新バージョン9を今回レビューしてみましたが、やはり強い。
上で書いた新機能以外にも、GUIの画面サイズが自由に変更できるようになっているなど、どんどん進化しています。

間違いなくOzoneはマスタリングプラグインのワールドスタンダードですね。

セール情報と購入方法まとめは下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてください。

Ozone 9 セール情報と購入方法
Ozone 9 - iZotope | セール情報とお得な購入方法、価格まとめ【アップグレードやバンドルもチェック】

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved