プラグイン

FabFilter Pro-Q3 | レビューとセール情報!自由自在のEQプラグイン【Mix・マスタリング・音作りにも高機能】

2021年11月30日までのセール情報

シュンナリタ
FabFilter Pro-Q3はミックス・マスタリングからサウンドデザインまで、自由自在の最強イコライザー!特徴や使い方をレビューします。

FabFilter Pro-Q3をレビュー: 自由自在の高機能EQプラグイン

Pro-Q3の特徴

Pro-Q3はFabFilterがリリースするイコライザープラグイン。

とても多機能かつ自然な音質のEQで、ミキシング・マスタリングなどのさまざまな場面で活躍してくれます。

ていねいなEQで、曲の仕上がりをもっとブラッシュアップしたい!

というDTMerは、ぜひチェックを。

最大24バンドで細かく作り込めるEQカーブ・わかりやすいアナライザーなどで、まさしく"サージカル"なEQ処理をしてくれます。

また柔軟な機能は、音作りにも可能性は無限大です。

EQでガッツリとサウンドデザインをしたい!

というときにもバッチリ。

さまざまなパラメーターを、MIDIコントローラにアサインして遊んでみるのも楽しいです。

ちなみに、もう少しシンプルにミックスやマスタリングで使いたいなら、iZotopeのOzone・NeutronのEQも高品質でおすすめ。あわせてチェックしてみてください。

関連記事
Ozone 9レビュー
Ozone 9 - iZotopeをレビュー!【Elements/Standard/Advancedの違いも比較】

2021年12月12日までのセール情報 現在、iZotopeがブラックフライデーセール開催中! Ozone 9 Advancedが60%オフ Ozone 9 Advanced クロスグレード版(何かi ...

続きを見る

関連記事
Neutron 3レビュー
Neutron 3 - iZotopeレビューとセール情報【Elements/Standard/Advancedの違いも比較】

2021年12月5日までのセール情報 現在、iZotopeがブラックフライデーセール開催中! 【クーポンコード: VocalM】Vocal Mixing Bundle(Nectar 3 Plus・Ne ...

続きを見る

FabFilter Pro-Q3のプリセット

Pro-Q3のプリセット

上記がPro-Q3のプリセットラインナップ。

Bell Surgical・Flat 7 Bands・Low Cut Brickwallなど、汎用性の高い設定をすぐに読み込めるようになっているのでありがたいです。

またDrum・Mix・Vocalなど、場面に応じてサクサク使えるプリセットも用意されています。

FabFilter Pro-Q3の使い方

EQの基本とPro-Qの使い方

さてここからは、Pro-Q3のおもな機能や使い方のポイントを説明していきます。

上記の動画に登場するのは旧バージョンのPro-Q2ですが、EQの基礎から解説されており、とても勉強になります。続編のBeginner's Guide to EQ (part 2)とあわせて、ぜひチェックしてみてください。

最大24バンド・アナライザー・ソロモード

Pro-Q3の使い方

Pro-Q3は最大24バンドまで対応。ディスプレイ上をダブルクリックすることでEQポイントを追加することができます。

表示されるアナライザーはとても見やすく、EQ処理前と処理後のスペクトルをあわせてチェック可能。

ポイントのところに表示されるヘッドホンボタンをクリックすればソロモードとなり、処理される帯域だけのサウンドを、細かく確認することができます。

また、それぞれのポイントは複数選択で同時にコントロールすることも可能。

EQシェイプ・スロープ

Pro-Q3のEQシェイプ

EQシェイプは各バンドでBell・Shelf・Notch・Cutなど、9種類から選択することが可能。

そして、それぞれスロープも6〜96 dB/octから選択可能。さらに、Low Cut・High CutではBrickwall設定もあり、不要な低域・高域をキッチリとカットすることができます。

このあたりの自由度の高さが、ほかのプラグインではなかなかできないEQカーブを細かく作り込めるポイントです。

Spectrum Grab・ピアノロールでノート表示も

Pro-Q3のSpectrumGrab

Spectrum Grabモードでは、ピークの周波数を検出して自動でポイントを表示してくれます。

モード切替は、スペクトルの内側に数秒カーソルを置いておけばok。ポイントをそのままドラッグ&ドロップすればBellフィルターが追加されます。

ピアノロールを出せばノート表示に。

Pro-Q3のピアノロール

また、ディスプレイ下部にはピアノロールを表示することも可能。

そうすると、Spectrum Grabも周波数表示でなくノート表示となるので、とても便利です。

ダイナミックEQ・サイドチェインも

Pro-Q3のダイナミックEQ

ベル・シェルビング系のEQシェイプでは、コンプレッサーのように動作するダイナミックEQ設定をすることも可能。

GAINノブの上のほうをドラッグ&ドロップすればDynamic Rangeをコントロールすることができ、直感的なのがgoodです。

Auto・手動のスレッショルドほか、DAWでルーティングして外部トラックをサイドチェインとすることもできます。

それから、ダイナミックEQと近い動作をするマルチバンドコンプのPro-MBもあわせてチェックしてみてください。こちらもFabFilterのプラグインで、とてもあつかいやすく便利です。

関連記事
Pro-MBセール情報とレビュー
Pro-MB - FabFilter | レビューとセール情報!直感的なマルチバンドコンプレッサー【高品質にグルーヴコントロール】

2021年11月30日までのセール情報 現在、FabFilterがブラックフライデーセール開催中! Pro-MBが25%オフ と、お得に。 さらにPro-MBをふくむバンドル各種も割引中。 FabFi ...

続きを見る

別トラックのスペクトルもあわせて表示・マスキングチェックも

Pro-Q3でマスキングをチェック

Pro-Q3ひとつのGUI内で、別トラックのスペクトルをあわせて表示することも可能。

GUI下部からAnalyzer設定をひらくと、Side Chainトラック・Pro-Q3がインサートされている別トラックがリストアップされています。こちらであわせて表示したいトラックを選べばok。ミキシングで帯域のすみ分けをしっかりしたいときにとても便利です。

さらに右側が赤いラインの[Show Collisions]ボタンをおすと、周波数がぶつかっているゾーンを赤く表示していくれます。もし表示が見づらい場合は、設定でResolution: Maximum・Speed: Very Slowとかにすればわかりやすいです。

サウンドがかさなって聞こえづらくなってしまう、マスキングのチェックもかんたんにすることが可能です。

ちなみに、こういった帯域かぶり解消系のプラグインでは、シンプルに使えるTrackSpacerもかなり優秀。あわせてチェックしてみてください。

関連記事
Trackspacerレビューとセール情報
TrackSpacer - Wavesfactory | レビューとセール情報!ミキシング時の帯域かぶりにスペースを!

2021年12月2日までのセール情報 現在、Wavesfactoryがブラックフライデーセール開催中! TrackSpacerが33%オフ Wavesfactory Effects Bundle(Wa ...

続きを見る

Mid/Side・Left/Right EQも柔軟に

Pro-Q3のMidSideEQ

Mid/Side・Left/Right EQも、各バンドでとても柔軟にコントロールすることができます。

Qノブ右側のボタンのボタンをおすと、デフォルトのStereoのほかLeft・Right・Mid・Sideモードを選択可能。

またその下の[ハサミ]ボタンをおすと、そのポイントにワンタッチでLeft・Rightのバンドが作成できるのも便利なポイント。サウンドデザインをササッと試したいときにもありがたいです。

さらに、Pro-Q3はサラウンドにも対応。サラウンドチャンネルにPro-Q3をインサートすると、自動でサラウンドフォーマットが適用されます。

EQ Match

EQ Matchを使うと、リファレンスとするトラックのトーンに近づけるEQを、自動で設定してくれます。

リファレンスはSide Chainトラックを読み込むほかほか、事前にPro-Q3へInputしたサウンドからリファレンスを作成して保存しておくことも可能。

リファレンスを決めて[Match]ボタンをおすと、何バンドでEQを設定するかをスライダーでコントロール。それから[Finsh]ボタンをおすと、EQ設定が決まります。

Pro-Q3の超柔軟なEQカーブを細かく自動設定してくれるのが、これまた素晴らしく高機能です。

オートゲイン

Pro-Q3のAutoGain

GUI右下のアウトプット設定セクションをひらくと、[A]のボタンでオートゲインを設定可能。

EQのブーストやカットにあわせて、できるだけゲインが変わらないように自動で調整してくれます。

人の耳は周波数の変化よりも、音量感でサウンドを判断してしまいがち。純粋なEQによる音の変化をチェックするのに役立ちます。

ちなみにもちろんですが、こういった便利機能は絶対完璧なわけではありませんし、大切なのは実際に聞こえるサウンドです。自分の耳でしっかりミックスをチェックすることは、いつでもお忘れなく。

Zero Latency・Natural Phase・Linear Phaseモード

Pro-Q3のLinearPhaseEQ

多くの場面で使用するデフォルトのZero Latencyほか、Natural Phase・Linear Phaseモードも選択することが可能。

Natural Phaseは、位相特性をアナログEQのレスポンスに近づけるモード。

Linear Phaseは位相をそのままにサウンドをコントロールするモード。デメリットとして、レイテンシーが発生します。こちらのみさらにLow〜Maximumまで5種類のモードで、レイテンシーと処理のバランスを調整できるようになっています。

マスタリング時など、必要に応じて使い分けてみてください。

FabFilter Pro-Q3のセール情報と購入方法・価格チェック

2021年11月30日までのセール情報

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Pro-Q3は単品のほか、バンドルでの購入が可能。

Pro-Q3を単品購入

現在、Plugin Boutiqueが最安値となっています。

Pro-Q3をアップグレードで購入

旧バージョンのPro-Qを持っている場合は、お得なアップグレード価格で購入できます。

Pro-Q3をバンドルで購入

Pro-Q3は、下記のバンドルにもふくまれています。

Pro-Q3を学割価格で購入

学生や教育関係者は、FabFilterプラグインが50%オフとなる学割アカウントの申請が可能。証明書の提出が必要で、1年更新となります。

なお学割で購入したプラグインは、将来的にほかの人へ譲渡したりすることはできないので注意です。

Pro-Q3の無料体験版【デモ】

Plugin Boutiqueでは無料で使える体験版もあり。[TRIAL VERSION]からダウンロード可能です。

デモ

iPad用のPro-Q3もあり【App】

iPadで使用できるApp版Pro-Q3もあります。バンドルでの購入も可能。

そのほかのFabFilterプラグインをチェック【セール情報まとめ】

その他FabFilterプラグインのセール情報やレビューは、下記の記事にまとめました。

まとめ記事
Fabfilter セール
FabFilter | セール情報【2021】人気のおすすめプラグイン・お得な購入方法まとめ【バンドル・アップグレード】

2021年11月30日までのセール情報 現在、FabFilterがブラックフライデーセール開催中! Pro-Q3が24%オフ Pro-Rが25%オフ Pro-L2が25%オフ Pro-C2が24%オフ ...

続きを見る

-プラグイン
-, ,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2021 All Rights Reserved