Iris2レビュー

プラグイン

iZotope - Iris 2 | レビューとセール情報!絵を描くように音作りするシンセサイザー!

シュンナリタ
Iris 2はユニークなサウンドを生み出すことができる、ちょっと変わったシンセサイザー!特徴や使い所などをレビューしていきます。

iZotope - Iris 2のレビューと使い方

Iris 2はiZotopeのシンセサイザープラグイン。

サンプラーのようにサンプルを読み込んでシンセサイズしていくのですが、これが特徴的!
読み込んだサンプルのスペクトログラムを表示し、お絵描きをするような感覚でサウンドデザインができます。
思いもよらないサウンドを直感的な操作で生み出せるのが素晴らしい。

さらに、11GBにも及ぶ膨大な即戦力プリセットとサウンドライブラリーも付属。
普通にガンガン使えるサウンドです。

そんな魅力あるシンセサイザー、Iris 2の特徴や機能を下記に整理しました。

Spectral Filtering

上記の動画で説明されているのが、Iris 2最大の特徴である『Spectral Filtering(スペクトラルフィルタリング)』です。

動画を見てもらえばお分かりの通り、読み込んだサンプルがスペクトログラム表示され、そこにお絵描きをするように発音する部分を選択していきます。

この表示されているスペクトログラムとは、横方向が時間軸、縦が周波数帯、色の濃淡でボリュームを表しています。

Iris 2では、このスペクトログラムを見ながらブラシツールやハーモニクス選択ツール、消しゴムツールなどを使って、音を出す部分を選んでいきます。

最大4つのサンプルをレイヤーに

Iris2のレイヤー

4つのサンプルが重なっている

Iris 2は読み込んだサンプルを最大4つまで重ねて音を出すことができます。

4つのサンプルをそれぞれスペクトラルフィルタリングで、発音させる箇所や発音させ方を選択できます。

この組み合わせで、摩訶不思議なサウンドも作り込んでいくことができるというわけです。

サウンドライブラリー

Iris 2のサウンドライブラリー

こちらがIris 2のサウンドライブラリー画面。
(フルサイズのライブラリーはプラグインとは別にAdd-onとしてインストールできます。11GBもあるのでね。)

Patches

Patchesではあらかじめプリセットとして作り込まれたサウンドパッチを選択できます。

300種類以上のベース、リード、パッドなど。
普通に使える音源が揃っているといった感じですね。

Samples

Samplesの中からは、Iris 2に付属する膨大なサンプルの中からサウンドを選ぶことができます。

シンセのサンプリング音源は、ARPやMoogシリーズやユーロラックモジュラーなど、アナログシンセの名機サウンドが収録されており、眺めているだけでもヨダレ物…。

さらに声や環境音、おもちゃの音など、特徴的なサウンドも大量に含まれていて、このサウンドの膨大な組み合わせとスペクトラルフィルタリングで、まさしくサウンドメイクに無限の可能性が広がります。

僕が特に気に入ったのは、コーラス系のボイスサウンドがかなり使えると思います。
曲の雰囲気作りに、かなり役立ちます。

OSC

OSCではシンセの基本波形を選ぶことができます。

こちらもARPやMoogなどの名機から収録されています。

インポートも可能

ここまでIris 2付属のサウンドについて説明しましたが、さらに凄いのは自分が持っているサンプルをいくらでも取り込むことができます!

本当にIris 2のサウンドメイクは無限です…。

モジュレーション【LFO/ADSR】

Iris2のモジュレーション

Iris 2には5つずつのLFOとADSRエンベロープジェネレーターが搭載されており、柔軟にアサインすることができます。ドラッグ&ドロップでサクサクと。

こちらは比較的シンプルで、わかりやすいデザインになっています。

エフェクト

Iris2のエフェクト

Iris 2のエフェクトは大きく分けてMaster Filter/Master Effects/Send Effectsの3セクションになっています。

もちろんどれもLFOやADSRでモジュレーション可能。

Master Filter

17種類のフィルターから選択して音作りができます。

アナログシュミレートされたものなど、スムースな感じが◎
上のウィンドウにフィルターを通った後の波形が表示されるので視認性もgoodです。

Master Effects

さらにエフェクトはDistortion/Chorus/Stereo Delay/Reverbの4つがあります。

Master Effectsでは、サウンド全体にエフェクトの効果が及ぶ設定となります。

Send Effects

エフェクトはセンド&リターンで設定することも可能。
こちらもDistortion/Chorus/Stereo Delay/Reverbの4つがあります。

センド&リターンでは、最大4つの各サンプルごと別々にエフェクトのかけ具合を設定することができるのも嬉しいポイント。

iZotope - Iris 2の使い方や使い所

曲に深みを出す音作りができる。

Iris 2をトータル的に見ると、深みのあるサウンドメイキングがしやすいのが特徴だと思います。

いまいち曲に深みがでない…

このような悩みがあるDTMerはIris 2をつかってPadサウンドやバックグラウンドサウンドなんかを取り入れてみると、グッと曲に深みが出せるかもしれません。

不思議な音作り、飛び道具的に使う。

上で説明したとおり、Iris 2はとてもユニークなプロセスでサウンドメイキングをすることができます。

スペクトラルフィルターを自分の感覚にまかせてめちゃくちゃにいじってみれば、浮遊感だったりグリッチ感のある思いも寄らないサウンドが生まれるかもしれません。笑
それをオーディオ化して新しいサンプルとして使うなんてのもいいですね。

ちなみに、Kanye WestやBjörkともコラボするアーティストであるArcaもIris 2を愛用しているようで、下記のようなコメントを出しています。

Arca: By design the prominent spectral filter naturally lures one toward engineering unique and textured sounds, all the while feeling familiar and intuitive.Harnessing Iris's musicality is like learning a language you didn't know you already speak.

筆者訳: スペクトラルフィルターでサウンドデザインをすると、自然にユニークで質感あるサウンドを生み出すことができる。Iris 2を音楽に取り入れるのは、まだ知らない言葉を学ぶようなものだ。

出典: Iris 2 Testimonials

彼のまさしく"ヤバい"サウンドはIris 2からも生み出されているようですね~!
(フジロック17'で生で体感しましたが、本当に狂ってた。いい意味で。)

プリセットは今っぽいトレンドな出音ではない。

なお、全体的な出音は、「デジタル感ある、軽さも感じられるサウンド」といった印象です。
現行の人気シンセであるSerumやSpireと比較すると、そのような太っといサウンドという感じではありません。逆に言うと、そこが使い所でもあるのですがね。

なので、EDMやトレンドのベースミュージックを作りたい初心者DTMerの1つめのシンセとかにはちょっと向かないかな、と思います。仕組みもクセがありますし。

下記にIris 2のBassとPadのデモを貼っておくので、チェックしてみてください。

iZotope - Iris 2のセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Iris 2は単品購入のほか、バンドル購入、旧バージョンからのアプグレが可能。

現在、Plugin Boutiqueでの購入が安くなっています。

iZotope - Iris 2を単品購入

iZotope - Iris 2をバンドルで購入

人気のエフェクト、Trash 2やStutter Edit 2も狙っている場合は、iZotope Creative Suite 2バンドルでの購入が断然お得です。

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved