Insight2 レビュー

プラグイン

Insight 2 - iZotopeレビューとセール情報 | 音が目で"魅える"高機能アナライザー!

シュンナリタ
高機能アナライザーのInsight 2はビジュアルも圧倒的な美しさ!
特徴、使用感などをレビューします。

Insight 2 - iZotopeをレビュー

Insight 2はiZotopeのアナライザープラグイン。

2018年に発表された、前バージョンであるInsightの新バージョンです。
ちなみにInsightは、Skrillexの新曲Fuji Opener (feat. Alvin Risk)のビデオ全編に登場していましたね。

アナライザーですので、直接音を変化させたりするものではありません。
数値やグラフィックでサウンドを解析し、制作の際にミックスバランスを整えたり、仕上げのマスタリングの指標したりするのに使います。

アナライザープラグインは多々ありますが、Insight 2は非常に高性能!
そしてグラフィックが圧倒的に美しい!

使っているだけでテンション上がるプラグインですw
直接音を変えられるわけじゃないんですがねw

下記にInsight 2の概要をまとめました。

Loudness【ラウドネスメーター】

Insight2 Loudness

Loudnessを選択すると、ラウドネスメーターが表示されます。

ラウドネスとは、聴感上の音量感をあらわします。
この数値が大きければ、聴感上大きなサウンドとして聴こえるという事になります。

Levels【ピーク・RMSメーター】

Insight2 Levels

Levelsを選択すると、ピーク・RMSメーターが表示されます。

ピークは音量信号の最大値をあらわし、
RMSは簡単に言うと、数値上で信号の平均値をあらわしていて、音圧をチェックする時の指標にしたりします。

Sound Field【音の広がりを確認】

Insight2 Sound Field

Sound Fieldを選択すると、音の広がりをイメージとして確認することができます。

Sound Fieldは同じiZotopeのプラグインであるOzoneやImagerで表示されるものと同じだと思いますが、
曲のミックスやアレンジをする際、左右の広がりを確認するのにものすごく重宝します。

History【時間経過とラウドネス】

Insight2 History

Historyを選択すると、ラウドネス値が時間の流れに沿ってグラフ化されます。

Intelligibility【音声などの明瞭度を確認】

Insight2 Intelligibility

Intelligibilityは付属プラグインのRelayと共に使います。

音楽の上に会話の音声などを載せる場合などに、はっきりと音声が聞こえる適切な音量をあらわしてくれます。

Spectrum【周波数で確認】

Insight2 Spectrum

Spectrumは周波数ごとの数値をあらわす一般的なスペクトラムアナライザーですが、オクターブごとの周波数に分けられたりと、高機能です。

Spectrogram【時間経過と周波数】

Insight2 Spectrogram

Spectrogramは3Dおよび2Dイメージで、周波数ごとの数値を時間の流れに沿ってグラフ化されます。

美しい表示で見ていてテンション上がります…。

Insight 2 - iZotopeは音が目で"魅える"高機能アナライザーだけど

上記で機能を説明しましたが、Insight 2はビジュアルも美しく、素晴らしいアナライザー。
と言いつつも、1人のDTMerとして色々思ったこともあるのでまとめてみました。

Insight 2は高機能、ですが

Insight 2は高性能で素晴らしいアナライザーです。
しかし、「普通のDTMerが買うべき?」と問われたら、ちょっとオーバースペックかな、という感じ。

Insight 2と同系統の機能を使いたい場合、人気のフリープラグインが多くある

スペクトラムアナライザーやRMSの確認では「SPAN - Voxengo」、ラウドネスメーターでは「Youlean Loudness Meter」、Sound Fieldの確認には「Ozone Imager - iZotope」が全て無料で使えます。

ピークメーターは当たり前と言ってもいいですが、RMSもDAWの標準機能で確認できたりもしますし。なので、普通のDTMerであればどうしてもInsight 2手に入れる必要はないです。

iZotope Music Production Suite 3バンドルでOzone 9やNeutron 3とセットになっていたので使う!

くらいの感覚でいいと思います。

ちなみに、「ピーク」、「RMS」や「ラウドネス」の意味がよくわからないという人は、下記の動画がわかりやすく説明してくれているのでチェックしてみてください。

けどやっぱり、Insight 2は素晴らしいプラグイン

流石の多機能性

非常に細かく表示設定ができ、プリセットも多数あります。
正直言って、僕にははよくわからない細かい表示設定も多数…。

視認性が素晴らしい
Insight2 レイアウト

それぞれの表示がとてもわかりやすくデザインされているのもそうなのですが、このように必要な表示を複数選択し、並べて確認することができます。

また、プラグイン画面の角をドラッグ&ドロップすると、画面サイズを簡単に変更することができます。
DTMをしているとプラグインでディスプレイがいっぱいになってしまったりするので、これは地味に結構うれしいですよね。

音が"魅える"

上でも書きましたが、グラフィックがとても美しく、まさしく音に魅せられている気分になります。使っているだけで気分上々。

これもいい曲を作るために、実際わりと大切な要素だと思いません??

Insight 2 - iZotopeのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Insight 2は単体購入のほか、バンドルにも含まれています。
人気のプラグイン、Ozone 9やNeutron 3も狙っている場合は、バンドルでの購入が断然お得。

また、前バージョンのInsightを持っている場合はアップグレードも可能です。

Insight 2を単品購入

Insight 2をバンドルで購入

使えるプラグインが揃っているMusic Production Suite 3はおすすめ。

バンドルは各種アプグレやクロスグレードにも対応しているので、リンク先で確認してみてください。

Insight 2にアップグレード

アプグレの販売ページ

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved