MelodySauceセール情報とレビュー

プラグイン

Melody Sauce - EVAbeat | レビューとセール情報!メロディー自動生成プラグイン【サクサク使えてめっちゃいい】

2021年12月1日までのセール情報

現在、EVAbeatがブラックフライデーセール開催中

と、お得に。

また2022年1月31日まで、Plugin Boutiqueで買い物をするごとに(上記リンク先)『CloudBounce 3-Month』(通常49ドル/自動マスタリング)『Beatgrader - Iceberg Audio』(通常19ドル/Lo-Fi)『Spread - DJ Swivel』(通常39ドル/マルチバンドステレオイメージャー)のどれかを選び無料でもらえるキャンペーンが行われています!3回買えば、通常トータル約1.2万円分がすべて無料になります。

シュンナリタ
Melody Sauceは、シンプルさがとても魅力なメロディ自動生成プラグイン!
特徴や使い方をレビューします。

Melody Sauce - EVAbeatをレビュー【メロディーを自動生成】

Melody SauceはEVAbeatがリリースするメロディ生成系プラグイン。

手持ちのシンセプラグインなどにMIDIを送って、サクサク鳴らしていくことができるので、

曲のインスピレーションとなるメロディがほしい!

なんてときに、とても便利。EDM・Hip Hop・Trapなど、ベースミュージック系のフレーズづくりなんかには特におすすめです。

近い感じのMIDI生成系プラグインはいくつかありますが、中でもMelody Sauceは、

とにかくシンプルに、いろいろなフレーズを試したい!

というときにかなり役立ちます。

ちなみに、もうちょっとこまかくプラグイン内でエディットしたり、作り込みをしたいならRifferも優秀です。あわせてチェックしてみてください。

関連記事
Riffer_Audiomodernセールレビュー
Riffer - Audiomodern | レビューとセール情報!リフやフレーズを自動生成するMIDIシーケンサープラグイン!

2022年1月3日までのセール情報 現在、Audiomodernがホリデーセール開催中! Playbeat 3 + Riffer Bundleが35%オフ と、バンドルがお得に。 また2022年1月3 ...

続きを見る

Melody Sauce - EVAbeatの使い方

さて、ここからはMelody Sauceの基本的な使い方を説明していきます。

とてもシンプルなシステムが魅力。上記のデモンストレーション動画もあわせてチェックしてみてください。

DAWの設定【音源にMIDIを送るルーティング】

MelodySauceのDAWルーティングAbleton

Melody Sauceを使うには、まずDAWで設定が必要です。

上記画像はAbleton Liveでの設定。シンセが立ち上げられているMIDIトラックが、Melody SauceをインサートしたMIDIトラックからMIDIを受けるようにルーティングします。

使っているDAWにあわせて、Melody Sauceと音源を準備してください。

メロディーのキーやリズムなど、基本となるスタイルを設定

MelodySauceのキー設定

MIDIが音源に送られるよう設定したら、まずはGUI右側でメロディの基本的なスタイルを選択していきます。

KEYは基本的な12メジャーおよびマイナーキーから選択可能。

SPEEDはSLOW・FASTボタンから選択。SLOWだと8小節のメロディ、FASTだと倍速で4小節となります。作っている曲のBPMなどにあわせてフィットする方を選びましょう。

OCTAVEは使う音源などにあわせてMIDIのオクターブを変更可能。

SWINGをONにすると、揺れのあるスイングしたリズムのメロディに。

TRIPLETをONにすると、三連符のタイミングをふくんだリズムのメロディに。SWINGとTRIPLETは同時にはONになりません。

SYNCOPATIONをONにすると、オフビートで変則的なリズムをふくんだメロディになります。

なお、これらのパラメーターは、メロディを生成したあとに変更をすることも可能です。

ちなみに、Orb Producer Suite 2だと設定したキーやスケールにあわせてコード進行・メロディ・ベースライン・アルペジオまでサクサク作れたりもします。あわせてチェックしてみてください。

関連記事
OrbProducerSuiteセール情報
Orb Producer Suite | セール情報【2022】AIでコード進行・メロディ・ベース・アルペジオをまるごと by Hexachords

2022年1月現在のセール情報 現在、Hexachordsがセール開催中! Orb Synthが91%オフ シンセ単品が500円ほどに。 また2022年1月31日まで、Plugin Boutiqueで ...

続きを見る

パッドでメロディーの雰囲気を選ぶ【自動生成】

MelodySauceのPad

次はGUI中央のパッドで雰囲気を選び、メロディを自動生成。BPMはDAWと同期します。

横軸はSIMPLE・COMPLEX・BOTHと、メロディの複雑さが。縦軸はLIGHT・DARK・BOTHと、メロディの明るさが表示されています。その組み合わせで鳴らしたい雰囲気のパッドを選んでクリックすれば、ワンタッチでメロディの自動生成ができます。

なお、生成したメロディにあわせてパッドが光ってキャッチーですが、どんなMIDIノートでどのパッドが光るかは関係ないっぽいです。笑

MELODY BANK・ドラッグ&ドロップでMIDI抽出も

MelodySauceのMelodyBank

パッドでメロディを生成するたびに、GUI右上のMELODY BANKに新しいメロディがストックされていきます。

同じパッドをクリックしても、そのたびに新しいメロディが生成されるので、ガンガン試してピンとくるパターンを探していってください。

各パターンの右側にはLS(LIGHT・SIMPLE)など、パッドの組み合わせが表示されます。

また、ドラッグ&ドロップでMIDIファイルをDAWにサクサク貼り付けることも可能。ベロシティは一定で生成されるので動かしてみたり、ノートの長さを微調整したり。仕上げはDAW側でコントロールするのがいいと思います。

NOTE SWAP・HARMONAIZE・LEGATO

MelodySauceのHarmonizeなど

GUI右下のパラメーターでは、生成したメロディをシンプルなボタンでエディットできます。

NOTE SWAPでは、メロディのリズムをキープしつつLIGHTとDARKで雰囲気を変更可能。新しいメロディがバンクに生成されます。

HARMONAIZEでは、メロディにハーモニーを付け足すことができます。HI・Mid・LO・8vbから選択可能。生成したメロディと同じリズムでもう1ノートがくわわり、二和音となります。

ちなみに、メロディにハーモニー付け加えるという形でなくて、コード進行も自動生成したいならMidi Madnessというプラグインもチェックしてみてください。

関連記事
Midi Madness 3 レビュー
Midi Madness 3 | レビューとセール情報!コード進行やメロディーをガンガン生成してくれるプラグイン!

2022年2月1日までのセール情報 現在、Midi Madness Softwareがセール開催中! Midi Madness 3が21%オフ と、お得に。 また2022年1月31日まで、ADSRで買 ...

続きを見る

コードをふくんだメロディーフレーズを作ったり、音源をプラグイン内部に読み込んでパラメーターもコントロールできたり、いろいろ遊べます。

Melody Sauce - EVAbeatのセール情報と購入方法

2021年12月1日までのセール情報

現在、EVAbeatがブラックフライデーセール開催中

と、お得に。

また2022年1月31日まで、Plugin Boutiqueで買い物をするごとに(上記リンク先)『CloudBounce 3-Month』(通常49ドル/自動マスタリング)『Beatgrader - Iceberg Audio』(通常19ドル/Lo-Fi)『Spread - DJ Swivel』(通常39ドル/マルチバンドステレオイメージャー)のどれかを選び無料でもらえるキャンペーンが行われています!3回買えば、通常トータル約1.2万円分がすべて無料になります。

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Melody Sauceは単品販売のみ。バンドルなどはありません。

Melody Sauceの販売ページ

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2022 All Rights Reserved