Ableton Liveでサンプル管理

DAW

【DTM】Ableton Liveで使うサンプル管理のポイント。

DTMで使うサンプルをダウンロードしたら、しっかりと管理しておくことが大切です。

関連記事: 【DTM】サンプルの管理をしよう。オリジナリティとスピードアップ。

この記事ではAbleton Liveでサンプルを管理する方法やポイントをまとめますので、ご参考にどうぞ。

スポンサードリンク


Ableton Liveにサンプルを取り込み

まずは、ダウンロードしたサンプル音源をAbleton Liveのブラウザに表示させましょう。

フォルダを追加

画像左のチェックのところの「フォルダを追加」をクリックして、サンプルが入っているフォルダを選択しましょう。選択したフォルダが、Ableton Liveのブラウザに追加されます。

この作業はドラッグ&ドロップでもOKです。

逆に、Ableton Liveのブラウザから削除したい場合は、右クリックから「サイドバーから削除」を選択してください。

プロジェクトファイルも

追加するフォルダの中には、サンプルだけでなく、Ableton Liveのプロジェクトファイルも入れておけます。テンプレートなど、よく使うプロジェクトファイルをここに準備しておくと、いちいちPCのファイルブラウザで探さなくていいので便利。

サンプルを整理する

Ableton Liveに取り込むサンプルフォルダ内を、しっかり整理しましょう。

サンプルフォルダ内を整理

Finder(Mac)で整理してもいいですし、Ableton Liveに取り込んだ後でも、そこから簡単に新規フォルダ作成、消去、ドラック&ドロップで移動ができます。

右クリックから「Finderに表示」を選択すると、そのFinder上でそのサンプルが表示されるので、場面で整理の仕方を使い分けると効率がいいです。

どのように整理するかのヒントはこちらの記事に書きましたので、よろしければどうぞ。

関連記事: 【DTM】サンプルの管理をしよう。オリジナリティとスピードアップ。

サンプルオフラインになった場合

Ableton Liveで使っているサンプルファイルの場所を移動したりしていると、「サンプルオフライン」と表示され、音が出なくなる場合があります。

サンプルオフラインになった場合

そんな時は、①の箇所がオレンジ色になり「メディアファイルが不明です。詳しくはここをクリックしてください。」となるのでクリック。

そうすると右側に開く画面がありますので、②の「開始」をクリック。元のファイルが残っていれば、これでほぼ自動的に修復してくれます。

もしこれで修復できない場合は、手動でファイル検索して修復することもできます。

サンプルをバックアップしておこう

せっかくそろえたサンプルライブラリがPCの不具合で消えてしまったり、消去したサンプルを後から使いたくなった場合などに備え、定期的にサンプルのバックアップをとっておきましょう。(サンプルに限った話ではありませんが!)

最近は大容量でコンパクトなHDDやSSDがとても安くなってきているので、ケチらず準備しておいたほうがいいです。これとかぼくも使っていますが1TBでコンパクト、格安。おすすめです。

後で後悔しないように、バックアップはしっかりしておきましょう!

Ableton Liveについてのまとめ記事

Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで

まとめ記事: Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで【DTM初心者に向けたワークガイド】

-DAW
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved