サンプル音源

【DTM】サンプルの管理をしよう。オリジナリティとスピードアップ。

DTMのサンプル管理

DTMでもっとも重要なポイントはサンプル選びです。

なのですが、じぶんのお気に入りのサンプルを探して、いろいろ集めていると、サンプルフォルダがぐちゃぐちゃになってしまいがち。

こちらの記事で書いたように、無料のサンプルを集めるだけでも、膨大なサンプルを手に入れることができますからねぇ。。。

関連記事: DTMでちょこっと遊ぶなら、無料音源だけでかなり幅がひろがります!

たくさんサンプルをそろえても、管理されていないと、使いたい時に見つけられなかったり、ダウンロードしたことさえ忘れてしまいます。時間効率も最悪。

そんなことにならないように、日ごろからダウンロードしたサンプルはしっかり管理しておきましょう!

効率的に、サンプルを管理するポイントをまとめますので、ご参考に。

お気に入りのサンプルをまとめて管理

当然ですが、いちばん重要なポイントですね。

作る曲のジャンルが固定されているならば、これをしっかりやるだけでも十分。

ただ、作りたいジャンルに対して、使いにくいものを入れるのは避けましょう。

サンプルの種類ごとに分けて管理

FX、パーカッションなどの、ジャンルやBPMにかかわらず、使いどころの多いサンプルは種類ごとに分けて管理すると便利です。

逆に、ジャンルごとに音色が大きく変わる、ドラム系やベース系などを一緒すべてまとめておくことは、おすすめしません。作りたい曲に使いやすいサンプルを探すのに、時間がかかってしまいます。

BPMで管理

ループ素材など、BPMのはっきりしている素材は、BPMごとにまとめておくといいですよ。

素直に、そのサンプルの素材感そのままに使いたい時は、制作中の曲のBPMに近いサンプルを使います。

逆に、BPMが大きく違うサンプルを選んで、タイムストレッチをしたり、変則的に使いたい時にもアイディアをひねり出しやすいです。

サンプル管理で自分のスタイルをつくる

オリジナリティあふれる曲を作りたいと思ったら、サンプルの管理からアプローチしてみるのもアリです。

いろいろなサンプルの中から、じぶんが思い描く空気感にフィットするサンプルだけを集めて、サンプルパックを作ってみましょう。そして、そのサンプルパックで何曲か作ってみましょう。

サンプル管理で、制作スピードアップ&オリジナリティある曲づくり

こんなふうにサンプルを管理しておくと、いいことがたくさん。

制作に行き詰まってしまったら、ひとまずサンプルを整理して、一息置いてみましょう。

制作の効率化や、サンプル選びについてはこんな記事も書いていますので、ぜひチェックを。

関連記事:

DTM初心者向き、定番サンプル音源の選び方。無料もアリ。


作曲スピードアップの最重要ポイント!「どんな曲を作るか」をブレさせない。


DTM初心者が情報収集するとき、これだけは最初に必ず注意すべし!

Instagramも更新中

@djshunnarita

Twitterはこちら

-サンプル音源

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved