Ableton Liveのエフェクト

DAW

Ableton Liveのエフェクト使い方いろいろ。使い込むほどおもしろい。

Ableton Liveの基本操作を理解したら、エフェクトをガンガン使いこなしていきたいですよね。

ということで、初心者向けにエフェクトの基本や使い方、いろいろな場面での使い所などをご紹介します。

 

エフェクトの種類

まず基本的に、エフェクトには2つの種類があります。

オーディオエフェクト

オーディオエフェクトはオーディオの信号に対して作用します。オーディオトラック、MIDIトラックの両方で使うことができます。

MIDIエフェクト

MIDIエフェクトはMIDIの信号に対して作用します。こちらはMIDIトラックのみで使うことができ、インストゥルメントの前に挿入されます。

スポンサード


 

【基本】Ableton Liveのエフェクト使い方

まずはエフェクトを使うときの基本から。

エフェクトを挿入

オーディオ/MIDIエフェクトは画面左のブラウザパネルのこのあたりにあります。各フォルダの中には、いろいろなプリセットが保存されています。

エフェクトを挿入

使いたいエフェクトを見つけたら、それを適用したいトラックにドラック&ドロップで挿入します。

そうすると、画面下にこのようにエフェクトが表示され、各パラメータをいじることができます。この画面が表示されていない場合は、チェックのところをクリックすると、画面が切り替わります。

エフェクトの並び

基本的にAbleton Liveでは、音は左から右に流れます。この画像の場合だと、EQ Eightを通った音が、Reverbを通るという流れになります。

エフェクトの並び順は、挿入した後もドラック&ドロップで変更することができます。

インサートとセンドリターン

エフェクトの掛け方には2種類あります。

それぞれのオーディオトラックやMIDIトラックに直接挿入することを、インサートといいます。

もう一つの方法が、リターントラックに挿入し、センドから送る方法です。

センドリターン

センドの数値でエフェクトのかかり具合を調整するのですが、この時リターントラックのエフェクトのDry/Wetは必ず100%Wetに設定します。

センドリターンは、リバーブやディレイなどのエフェクトで使うことが多いです。

エフェクトラックを使う

挿入したエフェクトを[右クリック]→[グループ]を選択すると、エフェクトラックでグルーピングすることができます。

エフェクトラックとマッピング

エフェクトラックを作ったら、8つのマクロが表示できます。ここに各エフェクトのパラメーターを割り当てる(マッピングをする)ことで、好きなパラメーターの操作を一括で行うことができます。

マッピングは、[Map]を押して、[割り当てたいパラメータ]→[割り当てたいマクロコントロール]の順にクリックすればOKです。

さらに、表示されるマッピングブラウザで、マクロコントロールの最小の値と最大の値が設定できます。

プリセットを保存

お気に入りのエフェクトが設定できたら、こちらの保存ボタンで保存可能です。各エフェクトの設定を保存することもできますし、ラックまるごと保存することもできます。

エフェクトを保存

 

以上がAbleton Liveのエフェクトの基本です。
ここからは、よくあるエフェクトの使い方の例を説明していきます。

 

EQ (イコライザー)

こちら、EQ Eight(Live Standard/Suiteで使用可)はふつうにめちゃくちゃ使いますね。音質を変えたり、ミックスダウン時の調整などで使うオーディオエフェクトです。

EQ Eight

矢印のところのボタンをオンにすると、出力される波形が表示されるので便利。ModeでL/RとM/S EQにも変更できます。

プラグインEQだとFabFilter Pro-Q 3 EQが人気ですが、ぼくはこれで十分ですね。

DJプレイでEQを使う

Ableton LiveでのDJプレイでEQを使いたいならEQ Threeが便利ですね。こちらはLive Lite/Introでも使用可能。

スクリーンショット 2019-02-13 7.33.15

DJミキサーに付いているような低・中・高音の3バンドのEQです。

これをAPC 40 MKIIようなDJ用のMIDIコントローラーにアサインして操作すればOKです。

APC 40 MKII 価格チェック

Utility (ユーティリティー)

これ、地味ですがめちゃめちゃ使えるオーディオエフェクトです。

Utility

Widthはステレオの広がりを調節でき、Monoを選択すれば、モノラルに変換することができます。また、Bass Monoを選択すると、ふくらみがちな低域だけをモノラル化することもできちゃいます。

オートメーションを書く

ボリュームオートメーションを書きたい時は、UtilityのGainでオートメーションを書きます。

ボリュームオートメーション

ミキサーセクションのトラックレベルでもオートメーションは書けるのですが、後からトラック全体のレベルを調節すると、オートメーションが無効になってしまいますからね。

Compressor (コンプレッサー)

コンプレッサー、通称コンプは音を圧縮して整えるオーディオエフェクトです。

コンプレッサー

DTM初心者は、コンプって理解しずらいなぁ、と感じるひとが多いのではないでしょうか?大丈夫。ぼくも最初はそうでした。

曲の音圧が気になりだしたりすると、コンプの使い方に色々悩む人も多いと思います。しかし、なんでもかんでもコンプをかければいいってもんじゃありません。
コンプの使い方については色々な本や記事がありますが、まず一番重要なのは、コンプレッサーというエフェクトの仕組みを正しく理解することです。

コンプの使い方について悩んだら、こちらの本をサラッと読んでみるといいですよ。DVD-ROMが付属しているので、実際の音も聞きながら学べます。こんな設定の例があるんだなぁ、くらいに勉強していってもらえば十分グッドです。

 

かけ録りをしたい場合

コンプなど、Ableton Liveのエフェクトがかかった状態で録音したいときは、このようにルーティングすればOKです。

かけ録り

オーディオトラックを2つ作り、この場合だとGuitarのトラックに入力し、エフェクトをかける。

Recトラックの入力タイプを、先ほどのGuitarに選択し、入力チャンネルをPost FXに設定。(レベルやパンも入力したい場合はPost Mixerを設定。)ここに録音します。

関連記事: Ableton Liveで録音!シンセ/ギター/レコードなどの音を取り込み!

Saturator (サチュレーター)

サチュレーターは音に汚れた感じや、パンチ、暖かみを加えることができるオーディオエフェクトです。

サチュレーター

これを使うだけで一気に音が前に出てきたり、曲の中で音が映えるようになったりするので、めちゃくちゃ使いますね。

こちらの記事でもサチュレーターについて触れているのでよろしければどうぞ。

関連記事: 【DTM】Trapプロデューサー、NGHTMREのAbleton Liveを使用した制作のキモ!

ボーカルに使う

リードシンセなんかに、がっつりサチュレーターかける使い方もありますが、ボーカルなどにうっすらかけたりする使い方もとても便利なので覚えておくといいです。

いまいちボーカルが2mixの中で前に出てこないな〜、なんて時は、サチュレータをぜひ試してみてください。

Arpeggiator (アルペジエイター)

アルペジエイターは、入力したMIDIノートをアルペジオで再生してくれるMIDIエフェクトです。

アルペジエイター

MIDIトラックに適当にシンセとアルペジエイターを入れてコード入力するだけで、いい感じのアルペジオになるのでアイデア作りにも大活躍です。

Pitch (ピッチ)

MIDIエフェクトのピッチを使えば、簡単にノートのピッチを転調させることができます。

ピッチエフェクト

+/-128半音の範囲で設定可能です。

 

さて!挙げだすとキリがないので、今回はこんなところで。
ちょくちょく追記していこうと思います!

ブログの更新情報はTwitterでアップしていますのでよろしければチェックを。

 

また、Ableton Liveにはプラグインでエフェクトを追加することも可能です。
詳しくは下記の記事からチェックしてみてください。

Ableton Liveについてのまとめ記事

Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで

まとめ記事: Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで【DTM初心者に向けたワークガイド】

-DAW
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved