Cubaseセール情報まとめ

DAW

Cubase 12 | セール情報【2022】購入の種類 & 安く買う方法まとめ。

2022年10月3日までのセール情報

現在、Steinbergがセール開催中!

クロスグレードの対象や申請方法は、各ストアページでご確認を。

▼チェック▼

セール期間中、Cubase 12 シリーズユーザーにプラグインのプレゼントあり。

  • Pro 12: Arturia CS-80 V + 下記
  • Artist 12: Celemony Melodyne Essential + Steinberg Amped Elektra + 下記
  • Elements 12: Softube Dirty Tape + Acoustica Audio Fire The Clip

が無料に。

プラグインプレゼントはアカデミック版も対象となっています。

シュンナリタ
Cubase 12の最新セール情報と各種購入方法・価格チェックまとめ!

2022年3月: 新バージョンの『Cubase 12』がリリース。

各種新機能追加やパワーアップのほか、USB-eLicenserドングルが不要となりました。

Cubaseは世界中で多くの著名アーティストから愛用される、SteinbergのDAWです。

下記には、各種類のお得な価格で購入できる方法と価格チェックをまとめました。

Cubase 12のセール時期を狙って通常版を購入

Cubaseは定期的にセールを開催しています。時期としては年の半ばが多い印象。

その際は通常版もお得になることがたまにあるので、CubaseでDTMをはじめたいと狙っていたひとはチャンスです。

有料版のCubaseはPro・Artist・Elementsと3種類のグレード。

詳しい機能の違いについては、公式サイトのCUBASEシリーズ機能比較をあわせてチェックしてみてください。

Cubase Pro 12 通常版

Cubase Proは最上位グレード。

多彩なCubaseの機能をフル活用でき、プロフェッショナルな作業にも対応します。

Cubase Artist 12 通常版

Cubase Artistは中間のスタンダードグレード。

Proと比較すると、EQ/スペクトラル比較・オーディオアライメントなどの便利な機能がところどころ使えなかったり、オーディオエフェクトの数が少なかったりします。

ですが、MIDIトラックやオーディオトラック数の制限はなく、ピッチ編集ツールのVariAudio 3も使えたりと、ベーシックな機能は比較的充実しています。

Cubase Elements 12 通常版

Cubase Elementsは低価格なエントリーグレード。

こちらはMIDIトラックが64まで、オーディオトラックが48まで。そのほか曲作りに必要な最低限の機能を使うことができます。

ある程度DTMをやっていきたいのであれば、最初からArtist以上を使うのがおすすめ。

Cubase Pro 12をクロスグレードで購入

そのほかのDAWなどをすでに持っている場合は、Cubase Proのクロスグレード版をお得に購入することができます。

対象ソフトは下記。

クログレ対象一覧

Ableton Live・Apple Logic・Avid Pro Tools・Ability・Bitwig Studio・FL Studio・Digital Performer・Reaper・Samplitude Pro X・Sequoia・Studio One・Reason・Sonar

購入の際は、各ショップの案内にしたがってクログレ対象製品ユーザーである証明が必要です。対象となるバージョンなどもご確認を。

学生ならCubase 12のアカデミック版を購入【学割】

学生、もしくは教育関係者であれば、アカデミック版のCubaseを学割価格で購入することができます。

こちらも各ショップの案内にしたがって証明が必要となります。

Cubase Pro 12 アカデミック版

最上位グレード、Cubase Proのアカデミック版

Cubase Artist 12 アカデミック版

スタンダードグレード、Cubase Artistのアカデミック版

Cubase Elements 12 アカデミック版

エントリーグレード、Cubase Elementsのアカデミック版

Cubase 12 AI / LE(無料版)がバンドルする機材を購入

SteinbergのオーディオインターフェースURシリーズや、MiDiPLUSのキーボードシリーズには、体験版であるCubase 12 AIやLEが無料で付属しているものがあります。

機能はElementsよりも制限があるお試しバージョンではありますが、これからDTMをはじめるというひとは、ここから検討してみるのもいいと思います。

バンドル製品については、下記の記事でまとめました。あわせてどうぞ。

関連記事
Cubase無料版バンドル
Cubaseが無料で付属する製品まとめ【オーディオインターフェース・MIDIキーボードなどにバンドル】

シュンナリタCubase AIやLEが無料で付属しているバンドル製品を利用すれば、 手軽にDTMをスタートする事ができます! DTM機材の中には、Cubase - Steinbergの無料版であるAI ...

続きを見る

Cubase 12をアップグレードで購入

旧バージョンや下位グレードのCubaseを持っている場合は、アップグレードで最新・上位グレードを手に入れることができます。

アプグレの購入は公式サイトでの対応。リンク先にある[BUY CUBASE 12]から、手持ちの製品に対応するアプグレを選択できるようになっています。

Cubase 12をアップデートで購入

同じグレードの旧バージョンを持っている場合は、アップデートとして最新バージョンのCubaseを手に入れることができます。

こちらも、公式サイトの[BUY CUBASE 12]から、手持ちの製品に対応するアプデを選択できるようになっています。

Cubase 12 - Steinbergシリーズの最新セール情報と価格チェック

2022年10月3日までのセール情報

現在、Steinbergがセール開催中!

クロスグレードの対象や申請方法は、各ストアページでご確認を。

▼チェック▼

セール期間中、Cubase 12 シリーズユーザーにプラグインのプレゼントあり。

  • Pro 12: Arturia CS-80 V + 下記
  • Artist 12: Celemony Melodyne Essential + Steinberg Amped Elektra + 下記
  • Elements 12: Softube Dirty Tape + Acoustica Audio Fire The Clip

が無料に。

プラグインプレゼントはアカデミック版も対象となっています。

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

またSteinbergからは、Cubaseの上位版的なポジションである、Nuendoシリーズもリリースされています。こちらはポストプロダクション向けの機能などが充実。

関連記事
Nuendo12セール情報と価格チェック
Nuendo 12 | セール情報【2022】価格チェック・お得な購入方法まとめ【Cubaseの違い比較も】

2022年5月18日までのセール情報 現在、Steinbergがセール開催中! 【5/18まで】Nuendo 12 Update from 11 が20%オフ Steinberg Best Servi ...

続きを見る

-DAW
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2022 All Rights Reserved