ガジェット

Mac miniのWi-Fiが繋がらないor不安定な時にチェックするべきこと。

Mac MiniのWi-Fi接続

Mac mini 2018をWi-Fi (無線LAN)接続で使っているんですが、時々なぜかネット接続が不安定で繋がりづらくなる。。。

そんな時にいろいろ調べてみて、改善した方法をまとめておくので、お困りの方はチェックしてみてください。

まずはWi-Fiの接続設定を確認

ひとまずは基本的に正しく接続設定ができているか確認してくださいね。

以下、正しく接続しているのになぜか繋がりづらいという時にチェックすることです。

ほかのWi-Fi接続しているデバイスを近くに置かない

やはり同じ無線周波数帯の信号が混み合ってしまうと、接続が遅くなったり、不安定になるようです。Mac miniから離して置くか、使わないWi-Fiはオフにしておきましょう。

僕の場合はiPhoneをMac miniの近くに置いていると、接続が遅くなる感じでした。

Bluetooth接続しているデバイスを近くに置かない

Wi-FiもBluetoothも同じ2.4GHz帯の信号を使っているので、Bluetooth接続しているデバイスもMac miniから離して置くか、オフにしておいた方がいいです。

僕の場合これまたiPhoneをBluetoothでミニコンポに接続していました。

5GHz接続を試す

2.4GHz帯の信号が混み合ってしまわないように、5GHz帯での接続ができる場合はこちらを試してみましょう。

5GHzは端末が対応していない場合もあります。また、2.4GHz帯の信号に比べて、壁などの障害物に弱く、通信距離が長くなると繋がりづらくなるので注意。

リンク: ELECOM 【Wi-Fiルーター】2.4GHzと5GHzの違いについて

Mac miniの後ろに物を置かない

Mac miniのすぐ後ろにオーディオインターフェースを置いていたんですが、ちょっと離して置いてやると、Wi-Fiの接続が改善する感じがありました。

以上、このようなことをチェックしてみると、だいぶWi-Fi接続が安定するのではないかと思います。気にしてみると意外と無駄にほかのWi-FiやBluetoothが繋がっていたりしたんではないでしょうか?

まぁMac miniはデスクトップ機なので、本当は普通に有線接続できればいいのですが。。。僕のように配線の都合で無線接続している方は参考にしてみてください!

こちらのAppleの記事もご参考に。

関連記事: Apple - ワイヤレス通信の干渉による Wi-Fi や Bluetooth の問題を解決する

関連記事

-ガジェット
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved