VPSAvenger2セール情報_シンセレビュー

プラグイン

VPS Avenger 2 | セール情報 & レビュー!シンセサイザー界の超新星 by Vengeance Sound

2024年4月15日までのセール情報

2023年11月: 新バージョンのVPS Avenger 2がリリース。

シュンナリタ
シュンナリタ
VPS Avenger 2はトレンドな高品質サウンドで多機能、そしてわかりやすいシンセサイザープラグイン!

VPS Avenger 2 - Vengeance Sound: シンセ界の要注目超新星【セール中】

VPS Avenger 2はVengeance Soundのシンセサイザープラグイン。

2016年末に発売され、EDMなどにバッチリハマる現代的な高音質サウンドと、自在なサウンドメイキングシステムにより、一気に話題となりました。

クラシックなアナログシンセの仕組みから、トレンドのウェーブテーブルシンセシス・サンプラー・さらにはドラムの打ち込みまで充実した搭載機能。なおかつ、GUIがとてもわかりやすくて作られており、ガッツリとサウンドメイキングを楽しむことができます。

2023年には新バージョンがリリースされ、今後も要注目の音源です。

サウンドデモ【EDMなどにバッチリハマる音質】

ひとまず上記のデモを聞いてみてください!

特にAvengerらしいサウンドをセレクトしてみましたが、このようなEDM・Hardstyle・Dubstepなどなど、トレンドのダンスミュージックにバッチバチにハマるサウンドです。非常に高音質。

同じく高音質で人気トップクラスのシンセであるSerumと比較すると、Avengerの方がよりアナログ感もありつつなサウンド。そこをフィーチャーしてSynthwaveなどの制作に使うと、いい意味でハイファイさがにじみ出るテイストになります。

こちらもあわせて
関連記事
Serumレビュー
Serum - Xfer Records | レビューとセール情報!瞬く間に定番シンセに!初心者にもおすすめ!

【2024年4月30日までのセール情報あり】Serum - Xfer Recordsのレビューです。現代のDTMシーンに必要不可欠と言っても過言ではない最強シンセ。特徴や使い方、使用アーティストなどをまとめました。

続きを見る

VPS Avenger 2の新機能・ファクトリープリセット

VPS Avenger 2の新機能

新たなバージョンアップでは、音源・アルペジエーター・エフェクトモジュールが追加されるなど、よりいっそう多機能になっています。

VPS Avenger 2のファクトリープリセット

また、250種類のファクトリープリセットおよび大量のサンプルやウェーブテーブル・3000種類以上のドラムループが追加され、サウンドコンテンツもさらにボリュームアップ。

トレンドっぽさがありつつクラシカルな色あせない音で、かなりいい感じです。

VPS Avengerのレビュー・使い方

VPSAvengerレビュー_使い方

以下には、VPS Avengerを使用してのレビューや、使い方・機能のポイントをまとめます。ほんとこのシンセ、めちゃいいですよ!

*旧バージョン時のレビューです。

プリセットが豊富【エキスパンションもあり】

Avengerシンセのプリセット

Avengerはファクトリープリセットだけでも930種類以上。そのままガンガン使えるサウンドがかなり多いので、プリセットで遊んでいるだけでも日が暮れそうになります…。

画像のようにブラウジング機能もしっかりしており、キーワードを選んでサウンドを絞り込んでいくことができるので、膨大なプリセットから好みの音色をサッと選ぶことが可能。

幅広いプリセットが高品質

さらに、Avengerはエキスパンション/プリセットパックもいろいろ販売されています。自分でシンセをいじるのが苦手な人でも、どんどんサウンドの幅を拡張していくことができます。

プリセットパックの販売ページ

多機能なのにわかりやすいGUI

AvengerシンセのGUI

とても多機能なAvengerですが、GUIがわかりやすくシンプルに設計されています!

基本的にこの1画面表示からすべての機能にアクセスできるシステムなので、すごく使い心地がいい。個人的にはかなり大きなAvengerの特徴だなと思っています。

シンセによっては画面を切り替えながらサウンドをエディットしていかなければならないものもありますが、割とそれがストレスになったりするんですよね。

これ感動した

Avengerの各モジュール一覧(ルーティング)のところを右クリックすると、そのモジュールの場所をモーションで教えてくれるんですよ!

シンセは複雑になりがちですが、操作したい機能に迷うことなくアクセスできるのはものすごく便利。

最大8つのOSC(オシレーター)

AvengerのOSCはなんと最大8つ!下記のスタイルから選択できるようになっています。

  • VA-Shapes
  • Freeform
  • Wavetable
  • Resample
  • Samples
  • Special Samples
  • Granular

OSCを選択すると、下記のようにそのスタイルに応じたエディターが表示され、波形をガンガンいじっていくことができます。

AvengerシンセのOSC

基本波形、ウェーブテーブル、サンプル音源は自分の持っている音源を取り込むこともできるので自由度抜群。
さらにサンプラーは最大4つのマルチサンプリングが可能です。

ドラムの打ち込みもできる【パラアウト可】

Avengerシンセのドラム

Avengerにはドラムの作成専用機能もあり。
単音だけでなく、ドラムシーケンサーを使ってドラムパターンをAvenger内部で打ち込むことが可能です。

打ち込んだドラムはパラアウトすることもできるので、そのアイディアを元に更にDAWで作り込んでいくことができます。

Avengerシンセのパラアウト

ミキサーセクションのDrumsからひとつひとつDAW側への出力先を設定することもできますし、ルーティングセクションから一括設定することも可能です。

柔軟で自由なモジュレーション

Avengerシンセのモジュレーション

Avengerのモジュレーションは上記の画像のように柔軟に設定することが可能。
DubstepのWobbleような複雑なサウンドも作ることができます。

上記のモジュレーションエンベロープは最大8つまで追加可能、更にピッチモジュレーターも8つ、通常のアンプエンベロープも4つ、加えてLFOも4つと、これでもかというほど音をいじくり回せてしまいます。笑

モジュレーションのルーティングはサクサクとドラッグ&ドロップで可能。
その際、繋がる部分にラインが表示され、視覚的にもわかりやすくgoodです。

わかりやすいルーティング

Avengerシンセのルーティング

各モジュールがどのようなルートで動作しているのかも、Avengerはわかりやすく作られています。
右上の赤枠の部分は基本的なルーティング、左下の赤枠にはモジュレーションマトリックスが表示されます。

AvengerのPC負荷

Avengerはこれだけ高機能なシンセなので、音を作り込んでいくと必然的にPCへの負荷も大きくなりがちです。

作り込んだ音でコードを鳴らしまくったり、何機も重ねて音を出すとPCの動作が不安定になってしまいます。そのあたりはオーディオ化したり、フリーズトラックを使ったりと、臨機応変に対応していきましょう。*新バージョンではCPU効率もアップデートされています。

レビューまとめ【おすすめポイント・他シンセと比較も】

VPSAvenger2比較

VPS Avenger 2のおすすめポイントを、その他人気シンセと比較をしつつまとめました。

使い分けなどのご参考にしてみてください。

EDM・Dubstep・Hardstyle・etc. トレンドなダンスミュージックに

上でも言いましたが、VPS Avenger 2のエレクトリックサウンドは本当に高品質でいい感じ。「何か新しいシンセは…」という人にはまさしくおすすめです。

こちらもあわせて
関連記事
Serumレビュー
Serum - Xfer Records | レビューとセール情報!瞬く間に定番シンセに!初心者にもおすすめ!

【2024年4月30日までのセール情報あり】Serum - Xfer Recordsのレビューです。現代のDTMシーンに必要不可欠と言っても過言ではない最強シンセ。特徴や使い方、使用アーティストなどをまとめました。

続きを見る

関連記事
MassiveNativeInstrumentsセール情報とレビュー
MASSIVE - Native Instruments | セール情報 & レビュー!定番シンセプラグイン【パワフル・音作りも楽しい】

【2024年4月21日までのセール情報あり】MASSIVE - Native Instrumentsのレビューです。人気の定番シンセプラグイン。特徴や使い方をまとめました。音作りしやすく、パワフルサウンド。Serum・Spireと比較も。

続きを見る

ダンスミュージック系でSerumMassiveはやっぱりなんだかんだド定番。

シンセの音作りにがっつりチャレンジも

複雑なシンセサイザーの仕組みに苦手意識を持っている人でも、スッと音作りにのめり込める!そんな素晴らしい設計になっています。

他のシンセで音作りに挫折してしまったという人は、ぜひVPS Avenger 2で再チャレンジしてみては?

こちらもあわせて
関連記事
Pigments5_Arturia_セール情報とレビュー
Pigments 5 - Arturia | セール情報 & レビュー!機能多彩で使いやすいシンセプラグイン 【モダンサウンド】

【2024年3月10日までのセール情報あり】Pigments 5 - Arturiaは多彩な機能と直感的な操作性が素晴らしいシンセサイザープラグイン。レビュー・使い方まとめ。ちょうどよく太くて、クリーンなサウンドの質感。

続きを見る

関連記事
UVI_Falcon3セール情報
UVI Falcon 3 | セール情報【2024】シンセサイザー・サンプリングの多機能ハイブリッド音源!

【2024年4月1日までのセール情報あり】UVI Falcon 3の特徴や使い方まとめ。シンセサイザー・サンプラーの多機能ハイブリッド音源。さまざまな音作りに対応します。UVI Workstationとの違いについても。

続きを見る

Arturia PigmentsUVI Falconも多機能な人気シンセ。

特ににPigmentsは使いやすさとのバランスが良くて僕はかなり好き。GUIもスタイリッシュです。

プリセットで使えるサウンドをどんどん増やすのもアリ

がっつり音作りはあまりするつもりはない、という場合も大丈夫。

VPS Avenger 2はエキスパンションパックが豊富にリリースされています。それをどんどん買い足して幅を広げていくのもアリです。

こちらもあわせて
関連記事
SpectrasonicsOmnisphere2セール情報
Omnisphere 2 | セール情報【2024】大ボリュームのシンセプラグイン by Spectrasonics【音色無限大】

【2024年1月現在のセール情報あり】Omnisphere 2 - Spectrasonicsは大ボリュームのプリセットとパワフルな音作りのシステムで使い込めるシンセプラグイン。特徴や使い方をまとめました。拡張音源もさまざま。

続きを見る

Omnisphere 2といえば、ファクトリープリセットの膨大なボリューム感。とにかく1発ドーンとサウンドを充実させたいなら、チェックしてみてください。

VPS Avenger 2 – Vengeance Soundのセール情報と購入方法

2024年4月15日までのセール情報

最新のDTM関連セール情報はX(@DTM_Checker)でも発信しています。

VPS Avenger 2は本体のほか、プリセットパックも豊富に販売されています。

VPS Avenger 2を購入

Avengerの購入は、Plugin Boutiqueで最安値のことが多いです。

VPS Avenger 2をRent To Ownで購入

Rent To OwnもPlugin Boutiqueにて利用可能。サブスクリプション形式の利用で12か月間払い終わると、それ以降もライセンスが自分のものとなる分割購入的なシステムです。

*現在のところ、中断するとそこからの支払い再開はできないのでご注意を。

RTOの販売ページ

VPS Avenger 2にアップグレード

旧バージョンのVPS Avengerから、アップグレードにも対応しています。

Avengerのエキスパンションパックを購入【Expansion】

エキスパンションパックを購入してサウンドを拡張していくことも可能。

好きなパックを5種類選択できるお得なバンドルも要チェックです。

エキパンバンドルの販売ページ

Vengeance Sound公式がリリースするエキスパンションパックのほか、サードパーティ製のプリセットパックもいろいろ販売されています。

その他プリセットパックの販売ページ

広告

-プラグイン
-