Bass Engine 1 2 レビュー

プラグイン

Bass Engine 1 & 2 - DopeSONIX | レビューとセール情報!Hip Hopベースならなんでも来いのシンセサイザープラグイン!

シュンナリタ
Bass EngineはHip Hopのベースサウンドに幅広く対応するシンセプラグイン!それぞれの特徴レビューと購入方法まとめです。

Bass Engineシリーズは1と2がリリースされています。
下記にそれぞれの特徴をまとめました。

Bass Engine 1をレビュー

Bass Engine 1はDopeSONIXがリリースするベースシンセサイザープラグイン。

幅広いHip Hop系ベースサウンドを鳴らすことができ、Jazzyで埃っぽいサウンドから近年再び流行している808ベース系の重低音まで対応。

30年間分のHip Hopベースサウンドの歴史が詰め込まれたプラグインです。

Mono・Poly・Legatoモード対応に対応、内蔵のADSRエンベロープやフィルターで、気に入ったサウンドにブラッシュアップできます。

Bass Engine 1のプリセット【サウンドデモ】

プリセットは合計300種類。
1990’s・2000’s・2010’sの3つにカテゴライズされています。

1990’sの100種類は、MPC 60 MKIIやSP-1200のサンプラーでファンクやソウルのレコードからサンプリングされたベースサウンド。味のあるLo-Fi系ビートに最適です。

2000’sの100種類やASR-10やMPC 3000のサンプラーでサンプリングされたサウンドや、Tritonなどのハードウェアシンセサウンド。古き良きスムーズで太いサウンドです。

2010’sの100種類はTrap系Hip HopやDubstep系などで使われる808ベースなど、サブベースがブリブリに効いたサウンドです。

さらに、50種類のMIDIベースラインも含まれているので、即戦力で使えるようになっています。

Bass Engine 2をレビュー

Bass Engine 2はBass Engine 1のコンセプトをベースに、より現代的な楽曲制作のニーズに応えたベースシンセプラグインとなっています。

Drawmer 1961 Dual Vacuum Tube Equalizerを使って処理された、あたたかみとパンチを兼ね備えたサウンド。

Bass Engine 2のプリセット【サウンドデモ】

こちらもプリセットは合計300種類。
808・Sci-Fi・Live・Subの4つにカテゴライズされています。

808の150種類はモダンな808ベースサウンド。近年流行のTrapサウンドなど、深く奥行きのあるローエンドがしっかり鳴るようにサウンドデザインされています。

Sci-Fiの75種類は1970年代のハードシンセをイメージした、深く、空気感のあるベースサウンド。いい味出してます。

Liveの50種類では、エレキベースやアップライトベースの生音系ベースサウンドに対応。Chillout方向のグルーヴィーなHip Hopサウンドにもバッチリです。

Subの25種類はローエンドでサウンドの心臓となるサブベースサウンド。近年のダンスミュージック系楽曲では、そのクオリティを左右するとも言える、欠かすことのできないこのサウンドもしっかり備えています。

Bass Engine 1 & 2のセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Bass Engineシリーズの購入方法は下記の通り。
単品のほか、アップグレード、バンドルでの購入が可能です。

Bass Engine 1 & 2を単品購入

Bass Engineの販売ページ

Bass Engine 2をアップグレードで購入

Bass Engine 1を持っている場合は、Bass Engine 2をアプグレ価格で手に入れることができます。

アプグレの販売ページ

Bass Engine 1をバンドルで購入

Bass Engine 1は、下記のHip HopやBass Music特化のバンドルにも含まれています。

詳しい内容はそれぞれのリンク先でチェックしてみてください。

バンドルの販売ページ

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved