SonnoxOxfordInflatorセール情報とレビュー

ページ内には広告リンクがふくまれます プラグイン

Sonnox Oxford Inflator | 2024/6/20までセール【レビューあり】音圧アップを最高なアナログ感で【しかもシンプル】

セール情報更新: 2024年6月20日まで

シュンナリタ
シュンナリタ
Sonnox Oxford Inflatorは音圧アップとアナログな質感が魅力のプラグイン!
特徴や使い方をレビューします。

Sonnox Oxford Inflatorをレビュー!何でもブワッと音圧アップ【セール中】

Oxford InflatorはSonnoxのサチュレーター・リミッター系プラグイン。

ブワッと音圧をアップしつつ、真空管のようなあたたかい雰囲気をサウンドにくわえてくれます。

かんたんに曲の音圧をアップしたい!

というDTMerは、ぜひチェックするべきプラグイン。

ベース・シンセ・ドラムバスなどなど各トラックのミックスに、マスタリングの味付けに、いろいろな場面でガッツリ活躍してくれます。GUIもシンプルで使いやすいです。

EDM系だと、とりあえず何にでもOTTをかけるというDTMerはけっこういますよね。Inflatorは、そんなノリで何でも"ファットでいい音"にしてくれるプラグイン。派手さはないかもしれませんが、かなり幅広く使えます。

Oxford Limiterは、マスタリングの最終段で使ったり、よりクリーンに音圧アップしたい場面におすすめ。Inflatorとの比較も上に貼った記事でまとめています。

Sonnox Oxford Inflatorのサウンドデモ【アナログな質感も最高】

サウンドデモ

サウンドの雰囲気は、上記のデモ動画がとてもわかりやすいと思います。ぜひチェックを。

"すごく音楽的"というか、アナログコンソールを通したような質感で音圧を上げてくれるんですよね…。めっちゃいい音。プロにも愛用者が多いというのにも納得です。

アナログなあたたかみのある質感で、自然にラウドネスをかせぎたい!

そんな贅沢なサウンドを作ってくれます。

なお、コンプレッサーのシステムとは違うので、ポンピングでサウンドが崩れないのもgoodです。

Sonnox Oxford Inflatorの使い方

Sonnox Oxford Inflatorの使用例

SonnoxOxfordInflatorの使い方

さて、ここからはInflatorの各パラメーターや使い方について説明していきます。

シンプルなGUIで、なんとなくスライダーをいじっているだけでもいい音になってしまうプラグインですが、各パラメータの機能をしっかりと理解するのがおすすめ。

しっかりと狙ったサウンドを作り込めるようになればなるほど、よりディープに音作りを楽しめると思います。上記の動画も参考にしながら、チェックしてみてください。

INPUT

GUI左のINPUTフェーダーでは、Inflatorにゲインをどのくらいつっこむかを設定。インプットレベルを上げればエフェクトがより強くかかります。

このとき、メーターが0dBを超えるとチューブサチュレーターのようなディストーションがくわわり、+6dBでハードクリップします。サウンドにパンチのある色づけをしたい場合は、0dBから+6dBのあいだにメーターが収まるようにフェーダーを上げてみるといいです。

CLIP 0 dB

中央にある赤色の[CLIP 0dB]ボタンをオンにすると、通常のデジタルオーディオと同じように0dBが最大値となります。

オンの状態だとINPUTは0dBでクリップし、EFFECTをかけるとOUTPUTがオーバーロードしなくなります。

Inflatorで、かんたんになるべく色づけなく自然にラウドネスを上げたければ、

クリーンに音圧アップ

  • INPUT: ピークで時々赤がつくくらい
  • CLIP 0dB: オン
  • EFFECT: 100%
  • CURVE: 0
  • BAND SPLIT: オフ

というように設定すると、ピュアな音圧アップの感じがわかりやすいです。ここから好みでいろいろ調整してみるのもいいでしょう。

EFFECT

EFFECTフェーダーでは、サウンドにくわえられるエフェクトの量を0%〜100%でコントロールすることができます。

100%のとき、[CLIP 0dB]ボタンがオフでもサウンドはInflator内部で完全にリミッティングされ、アウトプットはオーバーロードしなくなります。

CURVE

CURVEフェーダーでは、エフェクトのキャラクターを変えることができます。

CURVEフェーダー

  • 上に振るほど、明るくファットに
  • 下に振るほど、ダークでタイトに
  • 中間はオールマイティーで、真空管アンプのようにやわらかく

といったイメージで調整できます。

BAND SPLIT

[BAND SPLIT]ボタンはデフォルトではオフになっており、Inflatorはサウンド全体を同時に処理して、トータルでパワフルなサウンドに仕上げてくれます。

これが[BAND SPLIT]ボタンをオンにすると、InflatorはサウンドをLow・Mid・Highと3バンドにわけて処理。周波数帯にかたよりがあるトラックをあつかうときに有効です。

ただし[BAND SPLIT]ボタンがオンだと、クリッピングが発生する場合があるので注意。INPUTやOUTPUTを調整してください。

EFFECT IN

[EFFECT IN]ボタンではEFFECTのスイッチを切ってサウンドの変化をチェックが可能。

INPUT・OUTPUT・CLIP 0dBのコントロールはされたままになります。

OUTPUT

クリップをなくしたり、ボリューム感を調整したい場合は最終的にOUTPUTフェーダーでコントロールできます。

Sonnox Oxford Inflatorのセール情報と購入方法・価格チェック

セール情報更新: 2024年6月20日まで

最新の #DTMセール 情報はX(@DTM_Checker)でも発信しています。お得に #DTM を楽しもう。

Inflatorは単品およびバンドルでの購入が可能。

Sonnox Oxford Inflatorを単品購入

InflatorはNative環境で動作する通常版のほか、Avid HDXシステムで使用するHD/HDX版があります。

よくわからないというDTMerは、通常版を購入すれば問題ありません。

また、UAD版のInflatorもあります。

Sonnox Oxford Inflatorをバンドルで購入

Inflatorがふくまれるバンドルは以下のラインナップ。

こちらもそれぞれ、通常版のほかHD/HDX版があります。

また、Plugin Boutique限定バンドルもあり。

その他 Sonnoxプラグイン【セール情報・レビューまとめ】

長年信頼される定番エフェクトから、イノベーティブなツールまでいろいろ。要チェックです。

広告

  • この記事を書いた人
ShunNarita_Profile_Square

シュンナリタ

『マタタキベース』でDTM情報を発信中。Moment名義で曲をリリースしつつ、DJしたりしています。長野在住。東京時代は年間200日くらい各所のClubでブースに立ってました。かれこれ15年以上音楽業界の片隅に居ます。プロフィール詳細や経歴はこちら

-プラグイン
-, ,