PhoenixVerbレビュー

プラグイン

PhoenixVerb | レビューとセール情報!ナチュラルな響きの使いやすいリバーブ!

2022年10月: PhoenixVerbは販売終了となりました。

その他プラグインのセールはこちらをチェック

また2024年6月1日まで、Plugin Boutiqueで買い物をすると(上記リンク先)マスタリングプラグイン『Ozone 11 Elements - iZotope』(通常53.90ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

PhoenixVerbの代わりにおすすめのリバーブプラグイン
おすすめ
Neoverbレビューとセール情報
Neoverb - iZotope | セール情報 & レビュー!AI搭載でリバーブの音作りがサクサク直感的に決まる!

【2024年4月30日までのセール情報あり】Neoverb - iZotopeのレビューです。AI搭載のReverb Assistant・Auto Cut・Unmask機能など、使い方まとめ。自動設定でリバーブがだれでもかんたんに。

続きを見る

シュンナリタ
シュンナリタ
PhoenixVerbはクリーンで自然な使いやすいリバーブ!
特徴、使用感などをレビューします。

PhoenixVerbをレビュー【自然で使いやすいリバーブ】

PhoenixVerb

PhoenixVerbはExponential Audio(iZotope)のリバーブプラグイン。
PhoenixVerbには音楽制作用のStereoと映像作品用のSurroundの2つがありますが、この記事ではDTMer向けにStereoの紹介をします。

Exponential Audioはもともと、リバーブで有名なLexicon社に在籍していた開発者が独立して立ち上げた会社でしたが、2019年よりiZotopeの傘下に。現在はiZotopeの取扱商品としてリリースされています。

多くのアーティストに使用されるPhoenixVerbですがその特徴は、

ナチュラルで使いやすいサウンド。

とても自然な響きは汎用性が高く、色々な場面でフィットするサウンド。
スタンダードでクラシックなプラグインリバーブが欲しいDTMerにはとてもおすすめです。

PhoenixVerbのプリセットとサウンド【音質】

プリセットを鳴らしてみました。

インサートで鳴らし、MIX値は調整してあります。

こんな感じで、自然に空間を感じることのできるとても心地のいい響きです。(ヘッドホンやきちんとしたモニタースピーカーでのリスニング推奨。)

プリセットはなんと900種類以上もあり、Room、Plates、Hall、Chamberなど、様々なリバーブタイプが選択できます。

DTM初心者にとっては、リバーブのパラメーターや設定ってなかなかとっつきにくい部分だと思いますので、プリセットだけでこれだけ選択肢が持てるのはかなり嬉しいですよね。

なお、プリセットの選択は[Keyword]で大まかな選択をし、[Preset]で細かい選択をするシステムとなっており、膨大なプリセットながらとても選びやすいです。
さらに[Favorite]ボタンをワンタッチでお気に入りリストが作れるので、作業効率的にも素晴らしい設計です。

PhoenixVerbの使い方

ナチュラルで使いやすいPhoenixVerbですが、機能も比較的シンプルで使いやすいのがさらにgoodです。PCへの負荷も軽め。下記にポイントをまとめます。

なお、PhoenixVerbのサウンドをベースにより機能を充実させたNIMBUSというリバーブプラグインもあります。よければこちらもチェックを。

関連記事
NIMBUSリバーブのレビュー
NIMBUS | 作り込めるリバーブプラグイン!なおかつ自然な自然な響き【レビュー&セール情報】

目次 NIMBUSは自然なサウンドで作り込めるリバーブプラグイン! NIMBUSの特徴【プリセットとサウンド】 NIMBUSのリバーブ設定・使い方 Warp Early EQ TEMPO NIMBUS ...

続きを見る

Rvb Attack

PhoenixVerbのRvb Attack

プラグイン画面右下のRvb Attackを選択すると、右側がこの画面になります。

こちらで、リバーブタイプの設定や、リバーブのエンベロープを設定することができます。

Rvb Tail

PhoenixVerbのRvb Tail

こちらはRvb Tailを選択した画面。
リバーブのサイズ感や伸びを設定する、重要なパートです。

[Width]のスライダーは5段階で設定できるようになっているのですが、これがまた目に見えてリバーブのステレオ感をコントロールできるのでとても気持ちがいいです。

Early

PhoenixVerbのEarly

Earlyの画面では、リバーブのアーリーリフレクション(初期反射)を設定します。

グラフィックが視覚的にもわかりやすく、嬉しいです。

ベーシックコントロールとEQ

PhoenixVerbのメーター

画面中央にはDry/Wetを設定する[Mix]ノブ、[Predelay]ノブ、リバーブの長さを調整する[Reverb Time]ノブがあります。

そして画面左には、リバーブ音を調整するEQなどがあります。

PhoenixVerb - Exponential Audio(iZotope)のセール情報と購入方法

2022年10月: PhoenixVerbは販売終了となりました。

その他プラグインのセールはこちらをチェック

また2024年6月1日まで、Plugin Boutiqueで買い物をすると(上記リンク先)マスタリングプラグイン『Ozone 11 Elements - iZotope』(通常53.90ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

最新のDTM関連セール情報はX(@DTM_Checker)でも発信しています。

PhoenixVerbは単品購入の他、バンドルでの購入、クロスグレードでの購入が可能。

注意ポイント

この記事で紹介しているのはPhoenixVerb Stereoです。この他に、PhoenixVerb Surroundという映像作品向けのプラグインもありますので、購入の際は間違えないように注意してください。

PhoenixVerbを単品購入

PhoenixVerbのバンドルを購入

PhoenixVerbが含まれるバンドルは下記です。
その他狙っているプラグインが含まれていれば、バンドルでの購入がお得。

Exponential Audio: Stereo Reverb Bundle

Exponential Audioのステレオリバーブシリーズのバンドル。

Exponential Audio: Exponential Audio Everything Bundle

こちらはサラウンドリバーブも含まれたバンドル。
一般的なDTMerであれば、こちらではなく上記のStereo Reverb BundleでOKです。

広告

  • この記事を書いた人
ShunNarita_Profile_Square

シュンナリタ

『マタタキベース』でDTM情報を発信中。Moment名義で曲をリリースしつつ、DJしたりしています。長野在住。東京時代は年間200日くらい各所のClubでブースに立ってました。かれこれ15年以上音楽業界の片隅に居ます。プロフィール詳細や経歴はこちら

-プラグイン
-,