Output Movement レビュー

プラグイン

Output - MOVEMENTレビューとセール情報 | "動き"のあるエフェクトが簡単に!

シュンナリタ
Output - MOVEMENTはリズム感のあるエフェクトで簡単にサウンドメイキングができます!特徴、使い方のポイントなどをレビューします。

Output - MOVEMENTをレビュー

MOVEMENTはOutputのマルチエフェクトプラグイン。

さまざまなエフェクトやモジュレーションを組み合わせて、動き、リズム感のあるエフェクトをかけることができ、サウンドメイキングのアイディアが広がります。

エフェクトを組み合わせての音作りはむずかしいな…

と思っている人にもおすすめ。豊富なプリセットが、即戦力になってくれます。

Movementのプリセット【サウンドデモ】

プリセットは300種類以上。

ディレイ、フィルタ、リバーブなどのエフェクトやモジュレーションを組み合わせて丁寧に作り込まれています。プリセットごとにXYパッドのパラメーターも設定されているので、好みのサウンドに色々変化させることも可能。

さらに、プリセットは下記のエキスパンションで追加もできます。

全てあわせると、600を超えるプリセット数。

Output - MOVEMENTの使い方

さて、ここからはMOVEMENTの仕組みや、使い方のポイントについて書いていきます。

Rhythm Engines

MOVEMENTの基本的な仕組みは、2つの「エンジン」と呼ばれるセクションから構成されています。

それぞれのエンジンには2つずつの[rhythm(モジュレーター)]が組み込まれており、ボリュームやパン、各種エフェクトにドラッグ&ドロップでアサインして、サウンドを変化させます。

3つのRhythmモード: Lfo・Step・Sidechain

rhythmのモードは3つ。
ステップシーケンサー・LFO・サイドチェインでモジュレーションを加えることができます。

ステップシーケンサーは1〜32ステップ、8 barsから1/64 tripletまでの範囲で設定することができます。
[swing]ノブを回すと、人間的なグルーヴ感を足すこともできます。

LFO波形は12種類から選択可能。

サイドチェインはDAWの他のトラックをトリガーとして、エフェクトを加えることができます。
ダッキングだけでなく、ブーストすることも可能。

Fluxモードでさらに強烈な変化を

FluxモードをOnにすると、rhythmで他のrhythmをもジュレートすることができ、さらに強烈でランダム感のある変化を加えることができます。

Output - MOVEMENTのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Movement本体の他、追加プリセットのエキスパンションパックの購入が可能。

Plugin Boutiqueでの購入が安くなっており、お得です。

Output - Movement本体を購入

Output - Movementのエキスパンションを購入

エキスパンションパックは3種類。
Beyond 4/4とCurrentには100ずつ、Spacetimeには125の追加プリセットが含まれています。

エキスパンションの販売ページ

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved