DDLY レビュー

プラグイン

【DDLY Dynamic Delay - iZotope | レビューとセール情報】サクッと音作りに使えるディレイプラグイン!

シュンナリタ
DDLY Dynamic Delayはサクッと音作りできて楽しいディレイ!
特徴、使って感じたことなどをレビューしていきます。

DDLY Dynamic DelayはiZotopeのディレイプラグイン

DDLY Dynamic DelayはiZotope社のディレイプラグイン。

2つのディレイと、その音を色付けするパラメーターから構成されていて、
シンプルな音にも、豊かな広がりや味付けをすることができます。

見た目もシンプルかつキャッチーで、サクッと気軽に使うことができます。

ちなみにこのプラグインは、iZotopeスタッフが様々なテストの中で副産物的に生まれたものを利用するようになり、それを製品化したものだということです。

DDLYの主な使い方

DDLY 説明

DDLYの主なパラメーターを#1〜#4で解説していきます。

#1: 「アナログディレイ」モード

[A]と[G]のボタンが左側にあり、[A]を選択すると「アナログディレイ」モードとなります。

右側のノブは基本的なディレイのパラメーターですね。
Trashは汚し系の質感を加えることができます。

#2: 「グレインディレイ」モード

下段のディレイでは[G]を選択してあります。こちらは「グレインディレイ」モード。

ディレイ成分をピッチアップ/ダウンさせるなど、こちらのモードはどちらかと言うと飛び道具的な使い方ができます。

#3: 2つのディレイへの振り分けとその強度

右側のノブで、しきい値を上下させることができ、
しきい値を超えた音は上段のディレイへ、しきい値を下回る音は下段のディレイへと送られます。

[Intensity]ノブで、この振り分けの強度を決めることができます。

#4: 音の広がりとフィルター

[Width]を押すと音により広がりを持たせることができます。

[Filter]を選択すると、中央の画面で、フィルターを操作することができます。

DDLY Dynamic Delay - iZotopeをレビュー

さて、ここからはDDLYを使ってみて感じたことや、使い所を書いていきます。

音作りに使う

DDLYはミキシングで全体を整えるために使うディレイというよりかは、積極的な音作りの時に使いたいプラグインだと思いました。

下記はiZotopeによるデモですが、こんな感じでグイッと音色を変化させることができます。

キャッチーな見た目で使いやすい

これ、大事ですよね。

中央の画面のビジュアルもわかりやすいですし、操作するところもシンプル。
使いたくなる、使っていて楽しい、そんなディレイです。

インサートで使う

ディレイエフェクトはセンド&リターンで使うことも多いですが、DDLYは、使いたいトラックに直接インサートする方が使いやすそうです。

DDLY Dynamic Delayはこんな人におすすめ

サクッと空気感のあるサウンドデザインをしたい

上で説明した通り、グイッとサウンドデザインできるタイプのディレイです。

空気感や広がりを持たせつつの音作りをしたい時に出番です。

ちょっと気分を変えて音作りしてみたい人

キャッチーな見た目で、サクッと気軽に使えます。
ディレイってぼくは細かい数値とか気にしてしまいがちなのですが、DDLYは適当にいじっているだけでも楽しいです。

「ちょっといつもと違った音作りをしてみようかな」って時に使うと、いいアイディアが生まれるかも。

DDLY Dynamic Delay - iZotopeのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

DDLYは単品購入のほか、バンドルでの購入も可能。
Iris 2やTrash 2なども狙っている方はCreative Suitebバンドルでの購入がお得です!

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved