EventideBlackholeセール情報とレビュー使い方

プラグイン

Eventide Blackhole | レビューとセール情報!異空間を創り出すリバーブプラグイン【しかも溶け込む】

2022年8月31日までのセール情報

現在、Eventideがセール開催中

と、大幅割引に。

さらに、Blackholeをふくむバンドルもお得。

そのほか、多くのEventideプラグインやバンドルが大幅割引となっています。

また2022年9月30日まで、Plugin Boutiqueで買い物をすると(上記リンク先)エスニック系音源『Huracan - MNTRA Instruments』(通常107ドル)か、リバーブエフェクト『Space - Karanyi Sounds』(通常33ドル)がもらえるキャンペーンが行われています!2回買えば、どちらのプラグインも無料に。

シュンナリタ
Blackholeは不思議な響きをいろいろ作れるリバーブプラグイン!なじみやすさもヨシ!特徴や使い方をレビューします。

Eventide Blackholeをレビュー【異空間リバーブプラグイン】

BlackholeはEventideがリリースするリバーブプラグイン。

リアルな空間をシミュレートするのではなく、異空間に入り込んでしまったかのような響きをクリエイティブにデザインできるのが特徴です。

おもしろい音作りができるリバーブがほしい!

というDTMerは、ぜひチェックを。

SFチックな雰囲気をつくったりするのにも、バッチリです。

さらに、くわえて素晴らしいのが、壮大な響きでもすごくトラックになじんでくれるところ。

ビッグルームなEDMサウンドを作りたい!

アリーナに鳴り響くようなロックサウンドがほしい!

などという場合にも、おすすめです。

下記のデモがわかりやすいと思うので、聴いてみてください。

こんな感じで、ギターやシンセなどに、とても華やかな空気感をくわえることができます。

また、スタブ・ベース・キックとかに使って、インパクト系のSEを作成したりするのにも便利。

Eventide Blackholeのプリセット

Eventide_Blackholeのプリセット

Blackholeのプリセットは80種類ほど。ファクトリープリセットをのほか、さまざまなアーティストが作成したプリセットがラインナップされています。

サウンドはルーム・ホール・プレートっぽい感じから、ディレイ系やスウィープするサウンドなどなど、バリエーション豊富。

Blackholeの可能性がいろいろと発見できるので、まずはプリセットをザッとチェックしてみるといいですよ。

ちなみにですが、こういった飛び道具系リバーブ/ディレイには、無料のValhalla Super Massiveを使っているひとも多いんじゃないかと思います。

これと比較をするならば、ぼくはBlackholeのほうがだいぶ好き。サウンドの質感も最高ですし、音作りもワクワク楽しいです。

さすが、90年代のハードウェアエフェクター『DSP4000』のプリセットからはじまり、長い間支持されているエフェクトというだけはあります。

Eventide Blackholeの使い方

Eventide_Blackholeの使い方

さて、ここからはBlackholeの各パラメーターや使い方について説明していきます。

下記のデモ動画もあわせて参考にしてみてください。

IN/OUT・MIX

IN/OUTのボリュームは左右のスライダーでコントロール。

Dry/WetのMIXノブは、上部にある[MIXLOCK]を有効にしておくと、プリセットを変更しても固定されます。リターントラックでプリセットをいろいろ試したいときは、100でロックしておくと便利です。

GRAVITY・SIZE・PREDELAY【リバース設定などおもしろい】

Eventide_BlackholeのGravity

GRAVITY・SIZE・PREDELAYの3ノブで、ベースとなる空間や響きの長さを決めていきます。

GRAVITYは、一般的なリバーブでいうディケイタイム。ところがおもしろいのは、数値をマイナスにもできるんです。響きがリバースされて、迫りくるようなサウンドになります。

SIZEは、空間の大きさをコントロール。極小スペースから、先の見えないおそろしさすらあるような状況まで、幅広くデザインすることができます。

PREDELAYの特徴は、1/4などの拍単位でも設定ができるところ。BPMは[SYNC]でDAWと同期したり、[MANUAL]の場合はプラグインに打ち込みます。[OFF]にした場合はNone(ゼロ)〜2000ms(2秒)まで設定が可能。長く設定すれば、時間差でこだまが返ってくるようなサウンドに。

こんな感じで、まさしく"異空間"を創り出すことができます。

LOW・HIGH・RESONANCE【EQ】

EventideBlackholeのEQ

EQセクションでは、LOW・HIGHの2バンドでリバーブテールをコントロール。

RESONANCEを上げていくと、よりカドの立ったサウンドにすることができます。

DEPTH・RATE【MOD】

EventideBlackholeのMod_Feedback

MODセクションでは、響きにかすかな動きをくわえることが可能。

「なんとなくもの足りないかな?」という場合はいじってみてください。

ちなみに、高域の耳障りな感じをとりのぞきたいときには、DEPTHを少し上げておくといい感じだったりします。

FEEDBACK【ディレイのようなエフェクトも】

FEEDBACKは、響きをどのくらいリバーブに再入力するかのコントロールです。上げていくと、密度が濃く厚みのあるサウンドに。

SIZEやPREDELAYノブと組み合わせることで、ディレイのような効果を作るのも可能です。

また、このノブを右に振っていくとINFINITEモードとなります。DepthかModが0の場合には、リバーブテールを無限に鳴り続けさせることができます。

さらにノブを振り切ると、FREEZEモードに。リバーブにインプットがされなくなり、残響のみが鳴り続けます。

リボンコントローラー【H9 Plug-in Seriesの特徴】

青白く光っているスライダーは、各パラメータのマクロコントロールとして動作。

リボンコントローラーと呼ばれ、EventideがリリースするH9 Plug-in Series共通の特徴です。

上記動画のように、SIZEノブは動かすとスウィープするサウンドが作れてとくにおもしろいです。もちろん、ほかのノブと同時にアサインすることができるので、いろいろ遊んでみてください。

MIDIコントローラーのモジュレーションホイールを使ってもいいですし、オートメーションを書くこともできます。外部からモジュレーションしてみるのもいいですね。

なお、両側にあるボタンを使えば、最小・最大値にワンタッチでジャンプすることもできます。

KILL・HOTSWITCH・FREEZE【遊び方いろいろ】

EventideBlackholeのHotswitch

GUI下部には、使い方によっていろいろ遊べるボタンが搭載されています。

[KILL]ボタンは、ワンタッチでインプットをカットすることが可能。リバーブの調整に使ったり、オートメーションを書いてエッジーなサウンドデザインをしてみるのもありです。

[HOTSWITCH]では、好きな2種類のパラメーター設定ををワンタッチで切り替えることができます。

[FREEZE]ボタンを使えば、ワンタッチでFREEZEモードに。リバーブを鳴らし続けながらいろいろなノブを動かしてみるのもまた、ユニークなサウンドが作れます。

Eventide Blackholeのセール情報と購入方法・価格チェック

2022年8月31日までのセール情報

現在、Eventideがセール開催中

と、大幅割引に。

さらに、Blackholeをふくむバンドルもお得。

そのほか、多くのEventideプラグインやバンドルが大幅割引となっています。

また2022年9月30日まで、Plugin Boutiqueで買い物をすると(上記リンク先)エスニック系音源『Huracan - MNTRA Instruments』(通常107ドル)か、リバーブエフェクト『Space - Karanyi Sounds』(通常33ドル)がもらえるキャンペーンが行われています!2回買えば、どちらのプラグインも無料に。

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Blackholeは単品のほか、バンドルでの購入が可能。

そのほかに、App版や実機ペダルもあり。

Eventide Blackholeを単品購入

Eventide Blackholeをバンドルで購入

下記のバンドルにも、Blackholeがふくまれています。

H9 Plug-In Seriesバンドルは、H9 Harmonizerに搭載されるエフェクトシリーズ。ShimmerVerb・UltraTap・MicroPitchなど、11種類のプラグインがセットになっています。

Anthology XIは、Eventideの主力23プラグインのセット。

Eventide Blackhole App版を購入

iPhoneやiPadでもBlackholeが使えます。バンドルでの購入も可能。

Eventide Blackhole Pedalを購入【実機】

実機のペダルエフェクターもあり。

また、下記の機種にもBlackholeのアルゴリズムがふくまれています。

そのほかEventideプラグインをチェック【セール情報まとめ】

そのほかEventideのおすすめプラグインやセール情報については、下記の記事でまとめています。

関連記事
Eventide セール情報
Eventide | セール情報【2022】歴史あるサウンド、進化するクリエイティビティが創るプラグイン!

2022年10月31日までのセール情報 現在、Eventideがセール開催中! Physion Mk IIが44%オフ 【クーポンコード: PBEven】Physion Mk II クロスグレード版( ...

続きを見る

-プラグイン
-, ,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2022 All Rights Reserved