Mobius Filter レビュー

プラグイン

【Mobius Filter - iZotope | レビューとセール情報】簡単に動きあるサウンドを作るフィルタープラグイン!

シュンナリタ
Mobius Filterは、サウンドに昇っていったり下がっていくような効果を付けられる、おもしろいフィルター!
特徴、使って感じたことなどをレビューしていきます。

Mobius Filter - iZotopeとは

Mobius FilterはiZotopeのフィルタープラグイン。

Mobiusという名の通り、メビウスの輪のように無限に上昇していったり、下降していくような効果をサウンドに付加することができます。

一般的に使われるフィルターエフェクトとは、ちょっと別物と考えてもらった方がいいかと思います。
どちらかというと、フェイザーやフランジャーに近い感じです。

Mobius Filterの主な使い方

Mobius Filter パラメーター

Mobius Filterの主なパラメーター、使い方を#1〜#5で解説していきます。

#1 XY PAD (center frequencyとresonance)

中央に大きく設置されたXY PAD。黄色の輪っこをグリグリと操作して遊べます。

フィルターが効く中央の周波数(横軸)とレゾナンス(縦軸)を設定します。
レゾナンスを高く設定すると、横軸で決めた周波数付近の音が強調されます。

#2 movementとdirection

[movement]を選択すると、上昇や下降の動きが止まります。

[direction]で上昇か下降か切り替えることができます。

#3 speed

上昇や下降サウンドのスピードを設定できます。

[host sync]を選択すると、DAWで設定してあるテンポとシンクして[speed]のスライダーを設定可能。
8分音符〜8小節でスピードが設定できます。

#4 mixとstereo

[mix]のスライダーでフィルター音の効き具合を設定できます。

[stereo]のスライダーは音の広がりを操作できます。

#5 filter type

2つのキャラクターからフィルタータイプを選択できます。

Mobius Filter - iZotopeのレビュー

さて、ここからはMobius Filterの使用感や使い所をピックアップしてみます。

シンプルな音に動きを出したい時に使う

DTMをしていて、「この音いいんだけど、なんとなくつまらないな」って時ありますよね?
そんな時にMobius Filterを使うと、簡単に動きのある音を作ることができます。

↓はギターサウンドにMobius Filterを使った例です。

シンプルなのでとりあえずで使ってみてもおもしろい

見た目やパラメーターがシンプルなので、サクッと使うことができます。
「わからないけどとりあえず挿してみてどうかな?」、って感じでテンポ良く作業できます。

DJ Mixやライブショーケースでも使えそう

DAWでDJをするときや、ライブをする時にもうまく使えそうです。
主張しすぎない効果なので、使いやすいと思います。

iZotopeのデモにも、そんな使い方をしているものがありました。

ふつうのフィルターとしては使えません

フィルターの開閉でガッツリと展開を作る!みたいな、一般的なフィルターとしては使えません。
あくまでサウンドデザインができるプラグインと思った方がいいです。

Mobius Filterはこんな人におすすめ

なんだか自分の作るがつまらない…と思った時


DTMをしていてこんな風に感じてしまう時ありませんか?

ぼくの場合は大体こういう時って、
サウンドが単調過ぎたり、動きがなさ過ぎたりするんですよね。

全体的な曲の感じは気に入ってるんだけど、もうひと押し欲しい!って時にいいと思います。

サクッとサウンドに動きを出したい人


上でも説明しましたが、サクッと気軽に使えて、音に動きを出せます。

いつもとちょっと気分を変えたい時なんかに使ってもいいかも。

Mobius Filter - iZotopeのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Mobius Filterは単品購入のほか、バンドルでの購入も可能。
Iris 2やTrash 2なども狙っている方はCreative Suitebバンドルでの購入がお得です!

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved