Pulsar1178レビュー_セール情報

プラグイン

Pulsar 1178 | レビューとセール情報!FETコンプレッサーの名機をプラグイン化!幅広くいい音に【UREI】

シュンナリタ
Pulsar 1178は使いやすさもバッチリのビンテージコンプレッサープラグイン!特徴や使い方をレビューします。

Pulsar 1178をレビュー: UREI 1178モデルのFETコンプレッサー

Pulsar 1178はPulsar Audioがリリースするコンプレッサープラグイン。

超定番のクラシカルなスタジオコンプレッサーUREI 1176のステレオバージョン、UREI 1178がモデル。

幅広く使える、ビンテージモデルのコンプレッサープラグインがほしい!

というDTMerは、ぜひチェックを。

FETコンプレッサー独特のキレがあるレスポンスは、ドラムやアコギのトランジェントをしっかりおさえてくれます。また、クリアかつウォームなサウンドは、ボーカルやベースなどさまざまなトラックに、豊かな色付けをしてくれます。

さらに、こんな場合もバッチリ。

アナログ感もほしいけど、しっかりコンプレッションをコントロールしたい…。

サイドチェインEQやメーター表示など、プラグインならではの高機能なシステムで、イメージするサウンドにグッと近づけていくことができます。

Pulsar 1178のプリセット【サウンドデモ】

Pulsar1178のプリセット

プリセットは上記画像のようにカテゴリーわけされており、幅広いサウンドやミックスバスに対応。

アコースティックなトラックだけでなく、EDMカテゴリもあるのがまたいいですよね。バキバキのエレクトロニックチューンにこそ、Pulsar 1178のようなアナログ系プラグインを使うと、全体の質感がびっくりするくらいレベルアップしたりします。

公式のサウンドデモは下記公式ページの中央あたりにアップされています。ドライサウンド・オリジナルハードウェアのサウンド・Pulsar 1178のサウンドを比較しつつチェック可能。

サウンドデモ

ちなみに、同じくPulsar AudioからリリースのMuは、よりソフトな質感でマスタリングなどに最適です。

こちらもいいコンプ・リミッタープラグインなので、あわせてチェックしてみてください。

関連記事
PulsarAudioMuセール情報とレビュー
Pulsar Audio Mu | レビューとセール情報!定番マスタリングコンプレッサーをプラグインに【Manley Variable Mu】

2021年10月31日までのセール情報 現在、Pulsar Audioがフラッシュセール開催中! Pulsar Audio Muが60%オフ と、大幅割引に。 そのほかすべてのPulsar Audio ...

続きを見る

Pulsar 1178の使い方

さて、ここからはPulsar 1178の各機能や使い方について説明していきます。

上記のチュートリアル動画もあわせてチェックしてみてください。

INPUT/OUTPUTノブ & L/R・M/Sスイッチ

Pulsar1178のInput

Pulsar 1178にはスレッショルドコントロールがなく、固定されています。

したがって、コンプレッションのレベルはGUI右下のINPUTノブをどれだけつっこむかによって決定します。

上下のノブは、中央のスイッチでL/Rチャンネル・M/Sチャンネルモードを切り替えることが可能。左側のヘッドホンボタンで、それぞれのチャンネルオンリーの音を聞いて確認もできます。

なお左側の[LINK CONTROLS]をオンにしておけば、上下のノブは連動します。シフトキーを押しながらコントロールすることで、INPUT/OUTPUTを連動させることも可能。

ATTACK・RELEASE・RATIO・SCスイッチ

Pulsar1178のAttackReleaseRatio

上下のATTACK・RELEASEノブのチャンネルも、上で説明したL/R・M/Sスイッチによって切り替わり、[LINK CONTROLS]ボタンででリンクします。

そしてここにあるSCスイッチでLINKに設定すると、コンプレッサーをチャンネルごとに反応。UNLINKにすると、ミックスされて反応し、各チャンネルのゲインリダクションは同じになります。
またINVERTでは、それぞれのチャンネルが逆チャンネルをサイドチェイントリガーとして反応。左右に2本のギターがパンされたミックスバスに使ったりすると、ダイナミックに反応しておもしろいです。

ここでひとつ注意。Pulsar 1178のATTACK・RELEASEノブは多くのコンプレッサーとちがって、右にまわすほど数値が短く、左にまわすほど数値が長くなります。間違えないようにしてください。

RATIOはボタンで4・8・12・20、そしてALLが選択可能。

ALLは実機で4・8・12・20すべてのボタンを押す、裏技ながら超有名なモードを再現。『All Buttons Mode』や『British Mode』として知られており、よりサチュレーションの効いた味のあるサウンドになります。

Sidechain EQ

Pulsar1178のSidechainEQ

GUI左上にあるSidechain EQセクションでは、最大4バンドでコンプレッサーが反応するサウンドを調整することが可能。

たとえば、ドラムバスのキックだけコンプレッションしたくなければローカットを。逆に強くコンプレッションしたければブースト、といった使い方。直接サウンドを変化させるEQではありません。
表示されるスペアナでの確認のほか、左側のヘッドホンボタンをおすと、Sidechain EQを通ってどんなサウンドにコンプレッサーが反応しているか聞くことができます。

またSourceを[Ext]にすれば、ほかのトラックをトリガーとする一般的なサイドチェインも設定可能。

さらにLookahead latencyでは、コンプレッサーが反応するタイミングを前後に調整することもできます。

SATURATION・MIXノブ

Pulsar1178のSaturationとMix

CLIP・WARM・TRIODE・TAPEの4モードでサチュレーションをくわえることも可能。DRYでオフにもできます。

めっちゃわかりにくいんですが、下のマイナスねじのようなところをまわすと、サチュレーションのかかり具合をコントロールすることができます。

また最終段にはMIXノブもついているので、パラレルコンプレッションにも対応しています。

メーター

Pulsar1178のメーター

GUI右上のインプット・アウトプット・ゲインリダクションメーター、下側のVUメーターにくわえて、グラフィック表示もバッチリ。

グラフィックはM・L・R・LR-1・LR-2とモードを切り替えることが可能。インプットサウンドの波形とコンプレッション具合をしっかりイメージすることができます。

Pulsar 1178 - Pulsar Audioのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

現在、Pulsar 1178は単品での販売のみになっています。

Pulsar 1178の販売ページ

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2021 All Rights Reserved