GrossBeatセール情報と使い方

プラグイン

Gross Beat - Image Line | レビューとセール情報!グリッチなエフェクトをデザインするプラグイン!

2021年9月23日までのセール情報

現在、Image Lineがセール開催中

と、PluginFoxでお得に。※Windows用

シュンナリタ
Gross Beatはグリッチ系サウンドをデザインするクリエイティブなプラグイン!特徴や使い方をレビューします。

Gross Beatで、ゲート・グリッチ・スクラッチなどさまざま効果を

サウンドデモ

Gross BeatはImage Lineがリリースする、サウンドデザイン系エフェクトプラグイン。Windows用です。

タイム・ボリュームのコントロールで、ゲート・グリッチ・リピート・スクラッチ・スタッターと、さまざまな効果を生み出します。

グリッチ感のある、おもしろいサウンドを作りたい!

というDTMerは、ぜひチェックを。

ドラムループに使ったり、メロディ使ってみたり、タイムエンベロープとボリュームエンベロープを組み合わせれば、サウンドデザインの可能性は無限大です。またこれを、

ライブ感のあるサウンドメイキングや、ライブパフォーマンスに使いたい!

という場合もバッチリ。リアルタイムで、MIDIコントローラーやオートメーションを使った操作もしやすくなっています。

ちなみにGross Beatに近い機能のプラグインとしては、MRhythmizerもおすすめ。こちらはMacでも使用することが可能。

関連記事
MRhythmizerセール情報とレビュー
MRhythmizer - MeldaProduction | レビューとセール情報!グリッチ・スクラッチ・リピートなど自由にエフェクトを!

2021年10月31日までのセール情報 現在、MeldaProductionがセール開催中! MCompleteBundle(すべてのプラグインバンドル)が50%オフ と、MRhythmizerをふく ...

続きを見る

フィルターコントロールができたり、Gross Beatにはない奥深さもあります。

Gross Beat - Image Lineの使い方

さて、ここからはGross Beatの機能や使い方について説明していきます。

time・volumeの2レイヤーでサウンドをコントロールするシステムになっており、その基本的なところをまとめています。読んだだけではちょっとわかりにくいかもしれませんので、実際に操作しながら感覚をつかんでいくのがいいと思います。

より詳しくは、Youtubeプレイリスト: Image-Line | Gross Beat - Manipulate pitch, time & volume.にまとめられています。あわせてチェックしてみてください。

time・volumeのパターンスロット【プリセット】

Gross Beatはtime・volumeの2つをコントロールすることによってさまざまなサウンドエフェクトを作り出すことが可能。

GUI右側には、それぞれ4×9のパターンスロットが備えられています。

スロットのセットはプリセットで切り替えが可能。Patterns・Pitch Shifter・Repeater・Stutter・Turntablist・Flanging・Momentaryと用意されており、これだけでもかなり遊べます。

GrossBeatのスロット

スロット上下にある、time・volumeそれぞれのノブではDry/Wetをコントロール可能。volumeはアタック・リリース・テンションノブでエンベロープの微調整ができるようになっています。

また[HOLD]ボタンを押して、1ループのサウンドをキープして鳴らすこともできます。

MIDIコントローラーやオートメーションでライブパフォーマンスも

各スロットはMIDIコントローラーやオートメーションで選択していくことができ、DAWのシーケンスにあわせて切り替わるので、ライブパフォーマンスにも対応します。

timeのエンベロープパネル【横1小節×縦2小節】

GUI右側はエンベロープパネルとなっており、timeエンベロープは緑色のラインで表示されます。

パネルは横が1小節で右から左に流れます。そして縦は2小節分のグリッドで、上から下にどれだけ戻るかを表しています。

したがってビートリピート系のエフェクトを作るのであれば、基本的に4×4を走っている太い斜め線のセーフティーラインより上に、エンベロープが描かれることになります。(エンベロープがセーフティーラインの下に入ると、無音が生まれます。)

ちなみにこのようなリピート系エフェクトだと、Stutter Edit 2 - iZotopeなんかが代わり使える定番プラグインです。とても高機能でクリエイティブなプラグインなので、あわせてチェックしてみてください。

関連記事
Stutter_Edit2レビュー
Stutter Edit 2 - iZotope | レビューとセール情報!エフェクトを楽器のように演奏できる!

2021年9月9日までのセール情報 現在、iZotopeがセール開催中! iZotope Everything Bundle Crossgrade(MPS4かRX8 Advを持っている場合)が80%オ ...

続きを見る

ピッチコントロール・Time Scratching Clock

エンベロープが階段状ではなくななめに入ると、ピッチを早くしたり遅くしたりを表現することができます。

このとき、エンベロープがセーフティーライン上ではサウンドがストップ、下にいくとリバースとなります。これを利用してDJのスクラッチサウンドを作成することも可能になっています。

Time Scratching Clock

スクラッチのようなサウンドを作りたいときは、Time Scratching Clockを使ってより直感的にコントロールすることが可能。コントローラーをアサインして使うのがおもしろいと思います。

volumeのエンベロープパネル【サイドチェインにも】

エンベロープをオレンジ色に切り替えると、サウンドのボリュームをオートメーションを描くことが可能。

横軸は同じく1小節、縦軸はボリュームとなります。

Gross Beatでサイドチェインダッキング

サイドチェインダッキング的な効果を、Gross Beatを使ってより自由に作るのもアリです。

ちなみにダッキング系で代わりになるプラグインだと、Gatekeeper - PolyverseVolumeShaper 6 - Cableguysもかなりおすすめ。クリエイティブにサクサク使えて、サウンドにパンチを出せる人気プラグインです。

関連記事
Cableguysプラグインセール情報
Cableguys | セール情報【2021】人気のShaperBoxプラグインシリーズなど、音作りをクリエイティブに!

2021年11月9日までのセール情報 現在、Cableguysがセール開催中! NoiseShaperが51%オフ と、Lo-Fiサウンドをコントロールする新しいShaperBox 2シリーズプラグイ ...

続きを見る

Gross Beat - Image Lineのセール情報と購入方法・価格チェック

2021年9月23日までのセール情報

現在、Image Lineがセール開催中

と、PluginFoxでお得に。※Windows用

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

※Windows用プラグインです。Macには対応していません。

またPlugin Boutique限定で、Image Line Bundle(Harmor・Gross Beat・Vocodexのセット)バンドルもあり。こちらもチェックを。

FL Studio 20の購入もあわせてチェック

FL Studio 20のSignature・All Plugins EditionにはGross Beatがふくまれており、FL Studio内であればMac版でもGross Beatが使用可能です。

セールをしている場合もあるので、あわせてチェックを。

関連記事
flstudioセール安く買う値段買い方まとめ
FL Studio 20 | セール情報【2020】価格と安く買う方法まとめ&エディション比較【Image Line】

2021年1月6日までのセール情報 現在、Image Lineが年末セール開催中! FL Studio All Plugins Editionが55%オフ(アップグレードは最大82%オフ) と、ブラッ ...

続きを見る

-プラグイン
-, ,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2021 All Rights Reserved