Tips

【DTM】Torro Torroが教える3つのミキシング、マスタリングTips【OWSLA】【Mad Decent】

OwslaやMad DecentからリリースしているTorro Torro。Make A Move (Skrillex Remix)は、みんな大好きですよね。

 

View this post on Instagram

 

TORRO TORROさん(@torrotorrograms)がシェアした投稿 -

そんな彼らが、Instagramで公開していたミキシング、マスタリングのポイントをまとめます。

キックとベースのサイドチェイン設定

 

View this post on Instagram

 

TORRO TORROさん(@torrotorrograms)がシェアした投稿 -

サイドチェインに使うAbleton Live付属のコンプレッサーを、このような設定をしています。

ポイントまとめるとこんな感じですね。

  • レシオをマックスに設定。
  • スレッショルドを-14からスタート
  • RMSモードに設定
  • Linモードに設定
  • リリースを10ms〜60msで調整
  • アタックを0.01msか2ms、もしくは10msに設定

リリースの調整は、ハウスミュージックの場合33ms、ヒップホップのトラックなどの場合は15msをめやすに、キックの長さによって調整していくようです。

アタックは基本を0.01msとして、プチッとクリック音などがでてしまうときは、2ms、もしくは10msに設定しています。

それでもクリック音が消えないとき、ぼくはこれに加えてサイドチェインのEQをオンにし、フィルタータイプをローパスに設定していますよ。

アナライザーでみる、ミックスバランス

 

View this post on Instagram

 

TORRO TORROさん(@torrotorrograms)がシェアした投稿 -

EDMなどのドロップのミックスバランスは、アナライザーがこのような形になるのを理想としています。アナライザーは、フリープラグインのVoxengo Spanを使っていますね。

関連記事
Voxengoプラグインセール購入まとめ
Voxengo | セール情報【2021】超定番のスペアナ『SPAN』などフリープラグインも充実!

2021年3月31日までのセール情報 現在、Voxengoがセール開催中! Curve EQが30%オフ GlissEQが30%オフ HarmoniEQが30%オフ PrimeEQが30%オフ と、E ...

続きを見る

ポイントは、サブベースが鳴る、ローエンドの部分と、高域のハイエンドの部分のボリュームのピークが-30くらいになるようにミックスすること。

そして、そのほかの部分のボリュームは、画像のように、弧をえがくような形にミックスし、中域の部分にリードサウンドなどが、とび出てくるようにします。

Waves Centerを使った、マスタリングでのMS処理

 

View this post on Instagram

 

TORRO TORROさん(@torrotorrograms)がシェアした投稿 -

マスターチャンネルには、プラグインのWaves Centerを使って、MS処理をし、左右の広がりを出しています。

設定のポイントは、

  • LOWのノブを、CNTRに振りきる
  • HIGHのノブを、SIDESに振りきる
  • PUNCHのノブは、少し右に振るか、そのままにする
  • CENTERのフェーダーは、そのまま
  • SIDESのフェーダーは+1.5〜3を目安に調整

といった具合です。

Wavesのプラグインは最近ずっと大安売りをしているので、Centerも、だいたい3000円くらいで買えますね〜!

関連記事
Wavesバンドルセール情報とおすすめ内容比較
Waves | バンドルセール情報【2021】内容比較・おすすめまとめ。

2020年2月28日までのセール情報 現在、Wavesがセール開催中! 【2/28まで】Waves Mercury Upgrade from Horizonが75%オフ Amazonで探す 楽天で探す ...

続きを見る

使える情報をありがとう!Torro Torro!

初心者でミックスに悩んでいるひとは、上記のように、アナライザーで波形を確認していますか?

音を、見える化してレファレンス曲を研究したり、ミキシングするのはとても有効なので、ぜひ試してみてください!

-Tips
-, , , , ,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2021 All Rights Reserved