Wavesefactory_Spectreのセール情報とレビュー

プラグイン

Wavesfactory Spectre | レビューとセール情報!サチュレーションをEQのように繊細にコントロール!

シュンナリタ
Spectreは5バンドEQのようにサチュレーションがかけられる、便利なプラグイン!特徴や使い方をレビューします。

Wavesfactory Spectreをレビュー

SpectreはWavesfactoryがリリースするマルチバンドエンハンサープラグイン。

5バンドのパラメトリックEQをあつかうのと同じワークフローで、直感的かつ繊細にサウンドにサチュレーションをくわえることができます。

ピンポイントなサチュレーションで、狙ったサウンドをサクサク作れる!

そんなプラグイン。

シングルバンドやそのほかのマルチバンドエンハンサーではなかなかできない処理ができるのでとても便利です。ぜひチェックしてみてください。

Wavesfactory Spectreのプリセット: 音作りからマスタリングまで

Wavesfactory_Spectreのプリセット

プリセットのカテゴリはDrums・Vocals・Masteringなどとあり、音作りからミキシングやマスタリングまで、さまざまなシチュエーションに対応できるように備えられています。

これがまたなかなかよく作られていて、プリセットを選択するだけでかなり音がよくなるのを実感できます。

まずはサクサクと狙ったサウンドに近そうなプリセットを選ぶところから使い始めてみるといいかもです。

Wavesfactory Spectreの使い方

さて、ここからはSpectreの機能や使い方について、ポイントを説明していきます。

上記のイントロダクション動画で、その効果やサウンドをあわせてチェックしてみてください。

5バンドのパラメトリックEQでコントロール

Wavesfactory_Spectreの5バンドEQ

こちらの5バンドパラメトリックEQのGUIでサチュレーションをコントロールします。

3バンドはピークフィルター、両サイドはハイシェルフとローシェルフになっています。
EQではなくサチュレーションなので、当然ながらブースト方向のみの動作。カット方向には動きません。

ふだん使っているEQのように扱えるので、とても直感的です。

サチュレーションアルゴリズム

Wavesfactory_Spectreのサチュレーションアルゴリズム

各EQバンドで、11種類からサチュレーションのアルゴリズムを選択することができます。

Solid・Warm・Tube・Tape・Class B・Diode・Digital・Bit・Rectify・Half Rectify・Cleanと、バリエーション豊富。

Solid・Warm・Tubeあたりは汎用性高く、いい質感。Tapeはローファイな味を出したいときに。Digital・Bitはデジタルっぽいザラつきを出したい時にgoodです。

なお、Cleanを選択すると通常のEQとして動作させることも可能となります。

Mid・Side・Left/Rightの処理にも対応

Wavesfactory_SpectreのMSやLR

各EQバンドはM/Sごと、L/Rごとの処理にも対応しています。

上記イントロダクション動画の7:12〜のように、左右で周波数を少しずらしてサチュレーションをかけ、モノ化してまた違った感じの太いサウンドを作ったりと、幅が広がります。

Dry/Wet、オーバーサンプリング、モード設定など

Wavesfactory_Spectreのマスターとボトムセクション

GUI下部では、さらに色々と設定が可能です。

[Mix]ノブでDry/Wetの設定。

QualityではStandard・Good・Bestを選択できるようになっており、オーバーサンプリング処理によってエイリアシングノイズを回避することができます。

ModeではSubtle・Medium・Aggressiveから、サチュレーションの強度を選択可能。

De-EmphasisをEnabledにすると、サチュレーションによるボリュームのブースト感を自動で取り除くことができ、自然なサチュレーション効果のみを残すことができます。

Wavesfactory Spectreのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Spectreは単品購入のみで、バンドルなどは無いようです。

Spectreの販売ページ

-プラグイン

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved