Disperser_KiloHeartsのセール情報とプラグインレビュ

プラグイン

Disperser - KiloHearts | レビューとセール情報!厚みのある音がプラグインでかんたんに!【キックやベースなどに】

2020年9月11日までのセール情報

シュンナリタ
Disperserは粘りのある厚いサウンドをかんたんに作れるプラグイン!
特徴や使い方をレビューします。

Disperserは位相の変化で音作りするプラグイン【レビュー】

DisperserはKiloheartsがリリースするオールパスフィルタープラグイン。
ゲインに作用することなく、位相に変化を加えることでサウンド変化させます。

仕組みについて説明するのはちょっとむずかしくなってしまうのですが、

キックやベースを粘りのある厚いサウンドにしたい!

なんていう、ハードコアやテクノ、ドラムンベースなどのベースミュージックを作っているDTMerはぜひチェックを。狙いたかったサウンドがかんたんに作れてしまうかもです。また、

軽すぎるウワモノなどに、粘りのある質感や空気感を加えたい!

なんていう場合のサウンドメイキングにもおすすめ。
ぜひ下記のサウンドデモをチェックしてみてください。

サウンドデモ

Snapinシステムでも使用可能

DisperserはKiloHeartsのSnapinシステム場でも利用可能。

Snap HeapPhase PlantMultipassの中で、1つのモジュールとして組み込んで音作りができます。

Disperser - KiloHeartsの使い方

シンプルなGUI

Disperserプラグイン使い方

さて、ここからはDisperserの使い方をまとめていきます。
コントロールするパラメーターは3つだけと、とてもシンプル。

各パラメーターは右クリックで数値入力をすることも可能になっています。

ANOUNT

左側にあるANOUNTノブではエフェクトの強度を設定。

AMOUNTノブを上げてエフェクトが強くかかっている部分ほど、中央のウィンドウに表示されたフィルターカーブが上にいきます。

FREQUENCY

中央のウィンドウにはサウンドの波形も表示されます。波形の上半分はドライサウンド、下半分はウェットサウンドの波形となっています。

そしてウィンドウ内の赤い縦線のところで波形を見ながらカットオフFREQUENCYをコントロール。設定したポイントのノートも表示されます。

PINCH

右側のPINCHノブでは、通常のフィルターでいうレゾナンスQのような感じでカットオフポイントを中心に、フィルターカーブをコントロールできます。

このノブを上げていくほど、フィルターガーブがとがった形になり、ポイントを絞ってエフェクトをかけることができます。サウンドにちょっと変わった空気感を加えたい時なんかにPINCHを強めに設定して音作りしてみるとおもしろい感じ。

Disperser - KiloHeartsのセール情報と購入方法

2020年9月11日までのセール情報

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Disperserは単品のほか、バンドルでの購入も可能。

Disperserを単品購入

Disperserの販売ページ

Disperserをバンドルで購入

Toolbox ULTIMATEはKiloHeartsプラグインのトータルバンドル。
すべてのSnapinとSnapinホストプラグインが含まれています。

バンドルの販売ページ

Snapinホストを購入

SnapinシステムでDisperserを1つのモジュールとして使うには、下記のSnapinホストプラグインを利用します。

関連記事
Phase Plant レビュー
Phase Plant - kiloHearts | レビューとセール情報!自由度高い高音質セミモジュラーシンセサイザープラグイン!

続きを見る

-プラグイン

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved