EXPOSEレビュー

プラグイン

EXPOSE | マスタリング時の音圧チェックに!各フォーマットでの音質変化をかんたんに確認できるソフト by Mastering The Mix

シュンナリタ
EXPOSEはYoutubeやSoundCloudなど、様々なフォーマットでの音質変化を確認できるソフト!使い方などをレビューします。

EXPOSEはマスタリングの音圧チェックに便利!【レビュー】

EXPOSEはMastering The Mixのアプリーケーションソフト。スタンドアロンで動作します。(当ブログではプラグインカテゴリに入れていますが。)

曲を作ってYotubeやSoundCloudにアップしたものを聞いてみると、「なんか音が違う…」という経験はありませんか?

このような各フォーマットで曲を再生する際の音質変化を未然に防ぐため、プロのマスタリングエンジニアは各マスタートラックの仕上げ方を少しずつ調整しています。

そんな調整をする際、どの部分をどのように調整したらいいのかをわかりやすく簡単にチェックできるのがEXPOSEです。

EXPOSEの使い方

EXPOSEの画面

曲を読み込ませると、Loudness・Peak・Stereo Filed・Dynamic Rangeと4つの項目でチェックが入り、問題が見つかると赤く表示してくれます。

これを修正のヒントとし、曲の最終仕上げをすることが可能です。

Loudness

曲の音圧感である、ラウドネスのチェックです。

ここで赤く表示されている場合は、ボリュームを下げたり、コンプやリミッターをもっと弱く設定してOK。

そうすることでストリーミングサービスなどでラウドネスノーマライゼーションが入っても、曲のパンチが活きるようになります。

なお、このラウドネスにフォーカスした同系統のプラグインとして、プレビューしながらマスタリングをすることができるLoudness Penalty - MeterPlugsもあり。

あわせてチェックしてみてください。

関連記事
Loudness_Penaltyの使い方とセール情報
Loudness Penalty | ラウドネスノーマライゼーション後のサウンドをチェックできるプラグイン by MeterPlugs

続きを見る

Peak

ピークが赤く表示されていると、実際に音が振動としてスピーカーから鳴るときに、音割れをおこしてしまう可能性があります。

これを調整するため、ミキシングの際はヘッドルームに余裕を持っておくことが大切です。

Stereo Filed

ここが赤く表示されるのは、ミックスが左右どちらかに偏っていたり、コムフィルター効果によって音が痩せてしまっている場合です。

曲のパンニングを調整したり、サウンドの被りを調整して修正します。

Dynamic Range

ダイナミックレンジに問題がある場合は、コンプやリミッターのかけすぎで音が詰まりすぎている状態です。

コンプやリミッターを弱めて、ダイナミックレンジを確保しましょう。

EXPOSEのプリセット

EXPOSEのプリセット

EXPOSEは最終的にリリースするフォーマットをプリセットで選ぶことができ、それに合わせて基準を自動的に設定してくれます。

MASTERINGの項目では、CD / CLUB / COMPOSER / MFiT / APPLE MUSIC / SPOTIFY / YOUTUBE / SOUNDCLOUD / CRAZY LOUDと選択することができます。

そのほかMIXINGの指標として、BALANCED / PUNCHY / DYNAMIC / LOUDが選択が可能。

さらに、放送用としてEBU R 128 / NETFLIXのプリセットもあります。

EXPOSE - Mastering The Mixのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

EXPOSEは単品購入のほか、バンドルでの購入が可能です。

EXPOSEを単品購入

EXPOSEの販売ページ

EXPOSEをバンドルで購入

Plugin Boutique限定で、iZotope Ozone 8 Elementsなどとのバンドルもあり。お得です。

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved