ガジェット

MacBook Pro Mid 2012をMojaveにしたらモタつくので買換えを決意。

mojave

現在、メインで使っているMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)を最新のmacOS Mojaveにアップグレードしてみました。レポートします。

今回、OSはEl Capitanからアップグレードしました。

体感速度は遅くなってしまいました

うーん、予想はしていましたが、やはり古くなってきたモデルのMacBookなので最新のOSにすると動きがついていけていない感じがありますね。。

ベンチマークはとっていませんが、具体的な動作の変化はこんな感じ。

アプリケーションの起動が遅い

とくにAbleton Liveの起動がとても遅くなってしまって困りました。。

「Ableton Live 9」から「Ableton Live 10」にアップグレードした時に、すでに起動が遅くなってしまっていたのですが、今回のmacOS Mojaveへのアップグレードでさらに遅くなりました。。

マルチタスクに弱くなった

ぼくは普段からアプリケーションを同時にいくつか立ち上げて作業をしたり、Chromeのタブをたくさん開きがちなんですよねぇ。

OS El Capitanで気にならなかった状況でも、動きの重さが気になるようになってしまいました。。

Chromeがモッサリした気が

上記の、マルチタスクに弱くなったことも影響していると思いますが、Chrome自体も少しモッサリした気がします。。

MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)のスペック

今回アップグレードしたMacBook Proのスペックはこちらです。

MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)のスペック

メモリは16Gに増設してあります。

MacBook Pro Mid 2012モデルは、自分でメモリを16Gまで(公式では8Gまでとなっていますが)増設することができます。気になるかたはこちらのAppleの情報を参考にどうぞ。

ちなみにぼくの普段の作業環境はこんな感じ。

関連記事: 【DTM部屋】Momentの音楽制作環境はこちら。こんな機材で作ってます。

買い換えることを決意しました!

今回アップグレードしたきっかけは、OSはEl CapitanでEvernoteの最新バージョンが使えなくなってしまったからなんですよね。

まぁEvernoteは最新バージョンにしなくても不自由はなかったので、そのままにしておいて、OSもアップグレードしないという手もぜんぜんアリでした。

しかし!

ここで最新のものにキャッチアップしていけなくなるのはいやだ!ここで立ち止まってはいけない!自己投資しなければ!

性能が古くなったMacとは、どこかで決別しなければならないのです!

関連記事: 【あるある】動作の遅いパソコンは今すぐ捨てたほうがいい理由【無】

ということでぼくは、2018年最新モデルのMac miniを新しくメイン機として購入することを決意いたしましたよ。

まあ2012年モデルですし、そろそろ買い替え時かなぁと思っていたので、いいきっかけになりました。

関連記事: Mac mini CTOの納期は?ビックカメラでPayPayしてきた!

-ガジェット
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved