ガジェット

Steinberg製インターフェースのUSBを抜くとMacの電源が落ちる問題を解決。

macOS Mojaveで不具合が

MacBook ProをOS Mojaveにアップデートしたところ、オーディオインターフェースのSteinberg UR242のUSBを抜くだけで、電源が落ちてしまう不具合が。。。

oi

どういうことかと思い調べてみたところ、Appleの公式にこんな情報が。

Yamaha Steinberg USB ドライバのバージョン 1.9.9 以前を使うと、macOS Sierra が予期せず再起動する (カーネルパニック) 場合があります。

Yamaha Steinberg USB ドライバ バージョン 1.9.9 以前をお使いの場合、Steinberg デバイスの接続を外したときや、接続した Steinberg デバイスの電源を切ったときに、macOS が反応しなくなったり予期せず再起動したりすることがあります。その場合は、該当のアプリケーションのコンポーネントをゴミ箱に移動することで対処できます。そうすれば、Yamaha Steinberg USB ドライバが無効になり、問題が再発しなくなります。

Yamaha Steinberg USB ドライバ バージョン 1.9.10 以降をダウンロードするか、Steinberg にお問い合わせの上、お使いのバージョンの macOS と互換性のあるアップデートが提供されていないかお確かめください。

引用: macOS Sierra:Yamaha Steinberg USB ドライバ バージョン 1.9.9 以前

なるほど、ドライバをアップデートしないといけないといけないんだな。ということで、こちらから最新のドライバをダウンロードすることができました。

新しいドライバをインストールすると、この問題は無事に解決しました!





問題が発生した状況

この電源が落ちる問題が発生した、ぼくの状況を補足しておきますね。

konomac

MacBook Proは15インチの2012 Midモデルです。

関連記事: 【DTM部屋】Momentの音楽制作環境はこちら。こんな機材で作ってます。

今回の問題はOS Sierraからの問題だったようですね。

古くなってきたモデルなのであまり最新のOSにすると不具合が出てしまうとは思っていたので、最近まではOS El Capitanでとめておいていたんですよ。

ですが、諸事情でEl Capitan→Mojaveへアップデートすることにしたところ、この問題が発生しました。

Steinbergのインターフェースをお使いのかたはご参考に!

追記

新しいMac miniを導入したら新たな問題が。。

関連記事: SteinbergとAbletonよ、macOS Mojave対応早くっ、、、

-ガジェット

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved