CenterOneレビュー

プラグイン

CenterOne - Leapwing Audio | ボーカルなど中央のサウンドを自然に操作するプラグイン【レビュー&セール情報】

シュンナリタ
CenterOneはステレオのバランス感を損なうことなく中央のサウンド調整ができる便利なプラグイン! その機能と使用感をレビューします。

CenterOne - Leapwing Audioをレビュー

CenterOneはLeapwing Audioのステレオイメージャー系プラグイン。

左右の広がりを損なうことなく、中央の音の聞こえ方を操作し、サウンドのミッド(M)成分とサイド(S)成分の調整をすることができます。

例えば、ステレオの中央に位置するボーカルが少し大きいと感じたときに、全体的なステレオ感を損なうことなく、ボーカルの聞こえ方を調整することができます。

一般的なM/S処理との違い

一般的なM/S処理の場合、単純にミッドに位置している音量を操作しようとするので、そこにサイド成分として処理したいサウンドが入ってしまいます。

しかし、CenterOneはそのあたりの識別が、よりインテリジェントにできるようになっているため、全体のバランス感を損なわず、自然なコントロールができるようになっています。

CenterOneの使い方【プラグインの機能】

CenterOneの機能

ここからは、CenterOneの主なパラメーターと使い方を1~4の順に見ていきます。

なお、上に貼り付けたプロモ動画もあわせて見てもらうと、よりイメージが湧きやすいかと思います。

CENTER PROMINENCE

こちらがCenterOneの中核となるパラメーターです。

ここを上下することで、ボーカルなど中央のサウンドを目立たせたり、控えめにしたりできます。

なお隣の[LEVEL TRIM]はプラグインへのインプットレベルを調整できます。

LCRレベルフェーダー

レフト(L)、センター(C)、ライト(R)のボリュームをそれぞれ操作することができます。

また、ここで切り分けられたサウンドは、DAWへパラアウトすることも可能。
センター成分のみ、左右の成分のみにエフェクトをかけるなどして、ミックスし直すことができます。

CENTER CHANNEL WIDTH

こちらもCenterOneの特徴的な機能。

センターのサウンドだけのステレオ幅をコントロールすることができます。

CENTER BANDPASS EQ

センターのサウンドのみに適用されるバンドパスEQ(フィルター)です。

スライダーでカットする幅を調整でき、フィルターカーブも選択することができます。

CenterOneプリセット【サウンドデモ】

CenterOneは8種類のプリセットから効果を選択することもできます。

ボーカルの入っている曲に、プリセットを順にアサインしていってみましたので、音の変化を確認してみてください。
自然なサウンドコントロールがわかってもらえると思います。(スマホやPCのスピーカーではなく、バランスが聞き取れるモニター環境で聞くことを推奨します。)

CenterOne - Leapwing Audioのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

CenterOneは単品購入のみになります。バンドルなどでの販売はされていません。

Plugin Boutiqueでの販売が安くなっていてお得です。

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved