StrumGS2セール情報とレビュー

プラグイン

Strum GS-2 - AAS | レビューとセール情報!サクサク使いやすいギター音源【アコギ&エレキで即戦力】

シュンナリタ
Strum GS-2はアコースティック・エレキのフィジカルモデリングギター音源!特徴や使い方をレビューします。

Strum GS-2 - AASをレビュー

Strum GS-2はAAS(Applied Acoustics Systems)がリリースするギター音源。

1つのプラグインでアコースティックギター・エレキギターの両方のサウンドを鳴らすことができます。

ギター音源のなかでもわりと手軽にサクサク使えるプラグインだと思うので、

オールマイティーでいい音なギター音源がほしい!

というDTMerは、ぜひチェックしてみてください。

Strum GS-2のプリセット【サウンドデモ】

Strum GS-2はフィジカル・モデリング方式の音源。サンプリングベースではなく、ギター演奏の挙動をシミュレーションしたそのサウンドは、リアルで表現力豊かです。

プリセットはAcoustic・Acoustic Experimental・Electric Clean・Electric ・Electric Crunch・Electric Distortion・Electric DIのカテゴリに別れており、トータルで約250種類。

さらに700種類以上のMIDIループも備えられており、ギターに詳しくないDTMerにも即戦力となってくれます。

サウンドバンクでプリセットの追加も可能

Tropical JamPower Chordsなど、使いたいサウンドに応じて、8種類用意されているサウンドバンクからプリセットをさらに最大約700種類追加することも可能です。

一覧は記事下の方にまとめましたので、チェックを。バンドルもありです。

Strum GS-2 - AASの使い方

さて、ここからは機能や使い方をざっくりまとめていきます。上記の動画や、Strum GS-2 Tutorialsの再生リストもあわせてチェックしてみてください。

Strum GS-2のシステムは主に、Play・Edit・Effectsの3つのビューからなっています。

Play【Keyboard・Guitar・Loopの3モード】

StrumGS2のPlayビュー

Playビューでは、Keyboard・Guitar・Loopの3つからPlay Modeを選択して鳴らすことができます。

Keyboardモードは一般的なシンセなどと同じように、MIDIでトリガーしたノートのがそのまま鳴らされるモードです。コードをおさえると中央のウィンドウにそのコードネームが表示されるのがとてもありがたいです。コードの勉強にもなりますね。

Guitarモードはギターのボイシングや奏法を表現するモード。コードを決定するMIDI(Chord Keys)と、鳴らし方を決定するMIDI(Strumming Keys)の組み合わせで、打ち込みをします。

Loopモードではかんたんにかっこいいギターフレーズを鳴らすことができます。使い方はGuitarモードと似ていますが、Strumming Keysの代わりにLoop KeysでMIDIループを決定する仕組み。

またエレキギターのプリセットでは、Playビューにてアンプのコントロールも可能です。

Edit

Strum GS-2のEditビュー

Editビューではサウンドのエディットが可能となっています。

ピック、弦、ボディ、ピックアップの設定や、ハンマリング、パームミュートの設定をコントロールして、好みのサウンドを作っていきます。

Effects

StrumGS2のEffectsビュー

Effectsビューではサウンドにエフェクトをかけてさらに作り込んでいくことが可能。

EQ・コンプレッサー・リバーブ、そして上記画像3・4段目のチェーンではDelay・Distortion・Phaser・Vintage Chorus・Chorus・Flanger・Tremolo・Auto Wah・Wah Wah・Notch・EQ・Compressorの中から好きなエフェクトを選んで使うことができます。

Strum GS-2とSession版の違い

Strum_Session

AASのStrumシリーズは、低価格版のStrum Sessionもあり。こちらはMIDIキーボードなどを購入して、無料でライセンスがバンドルされているものを手に入れることもできます。

フルバージョンのGS-2と、Sessionの違いとしては、

  • プリセットが少ない
  • Editビューが使えない
  • Effectsビューが使えない

といった感じ。

とりあえずギターサウンドを鳴らしてみたいという場合はSession版でも十分かもしれませんが、色々サウンドを作り込んだりプリセットをサクサク鳴らせるフルバージョンは当然ながら便利です。

なお、Session版はStrum GS-2へのアップグレードにも対応しています。

Strum GS-2 - AASのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Strum GS-2は単品のほか、バンドルやアップグレードでの購入、サウンドバンクの追加購入が可能です。

Strum GS-2/Sessionを単品購入

AASプラグインの価格はPlugin Boutiqueでの購入が安くなっています。

エントリー版のStrum Sessionもあり。

Strum GS-2をアップグレードで購入

Session版、もしくは旧バージョンのStrum GS-2を持っている場合は、アップグレードにも対応しています。

Strum GS-2/Sessionをバンドルで購入

Strum GS-2 + Packsはサウンドバンクがすべてセットになっているバンドルです。

また、Plugin Boutique限定のダブレゲエ制作に特化したDigital Dub BundleにはStrum Sessionが含まれています。

Strum GS-2のサウンドバンクを購入

サウンドバンクは個別で追加購入することも可能です。ラインナップは下記のとおり。

Strum Sessionが無料で付属する機材を購入

KORGのMIDIコントローラーにはSession版各種が無料で付属しているものがあります。

下記のあたりがおすすめの定番コントローラーです。
Sessionシリーズ以外にもiZotope - Ozone Elementsなどなど色々とソフトウェアが付属しており、これから色々とそろえていくDTM初心者には特におすすめ。

microKEYはKORGの定番MIDIキーボードシリーズ。

25鍵、37鍵、49鍵、61鍵とラインナップ。モジュレーションコントロールも可能です。

nanoKEY2はよりコンパクトなMIDIキーボードシリーズ。持ち運びにも便利です。ホワイトカラーもあり。

AASプラグインのラインナップとセール情報まとめ

関連記事
AASセール情報
AAS | セール情報【2020】エレピ・シンセ・ギター音源など、シンプルで使えるプラグイン!

続きを見る

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved