Manipulatorプラグインセール情報

プラグイン

Manipulator - Polyverse | レビューとセール情報!ボイチェンプラグイン by Infected Mushroom

シュンナリタ
Manipulatorはボーカルトラックの可能性が広がるボイチェンプラグイン!
特徴や使い方をレビューします。

Manipulatorをレビュー【ボイチェンプラグイン by Infected Mushroom】

Manipulatorの紹介とサウンドデモ

ManipulatorはPolyverseがリリースする、ボイスチェンジャープラグイン。
イスラエルのエレクトロニックミュージックユニット、Infected Mushroomがプロデュースしています。

ピッチ・フォルマント・ハーモニクス・モジュレーションなど、さまざまな角度からエフェクトがかけられ、

特徴的・印象的なボーカルトラックを作りたい!

なんていう時にバッチリ。ガンガンとボーカルサウンドをおもしろい音にしていくことができます。さらに、

歌えないけど、楽曲にボーカル要素がほしい!

というDTMerはぜひチェックを。

手持ちの音程感のないボイスサンプルからでも、MIDI入力でメロディーやハーモニーのあるボーカルトラックを作り上げることができます。

Manipulatorのプリセット

Manipulatorプラグインのプリセット

Manipulatorはプリセットも豊富なのでかなり即戦力です。
Subtle・Morphs・Rhythmic・FX・MIDIの4カテゴリに分かれた150種類ほどのプリセット。

下で説明しますが、各パラメーターの仕組みを理解するのは最初は難しいかもしれないです。なのでまずはお気に入りのプリセットを探しつつ、パラメーターをいじってみて、どんな音の変化があるのか遊んでみるのがいいかと思います。

Manipulator - Polyverseの使い方

さて、ここからはManipulatorの使い方のポイントを説明していきます。

機能を大きく分けると、PITCH・HARMONICS・ALTERNATORのメインコントロール、エフェクト、モジュレーションといったシステムになっています。

DAWで設定

Ableton Liveでの例

パラメーターの説明の前に、まずは設定チェックを。

そのままトラックにインサートして使用することもできますが、上記動画のようにルーティングを組むことで、MIDIでピッチをコントロールすることが可能。

さまざまなボイス音源からメロディーやハーモニーを作り出すことができます。(ソースとなる音源はモノフォニックなものが推奨。)

FL StudioやLogic Proなど、その他DAWでのセットアップ方法は下記リンク先でチェックできます。

PITCH・HARMONICS・ALTERNATOR【メインコントロール】

Manipulatorプラグインのメインコントロール

こちらがManipulatorのメインコントロールです。

ボイスサウンドをさまざまな方向からピッチシフトすることで、おもしろいサウンドを作り込んでいくことが可能。

PITCH

右側のピッチシフターセクションでは、音程を高くしたり、低くしたりすることができます。

PITCHノブではフォルマントに影響をあたえないシフト、FORMANTではピッチに影響をあたえずにフォルマントをシフト可能。かんたんに言うと音程変更の質感が違います。

またノブの間もスライダーをコントロールでき、自然でなめらかなサウンドから金属的なロボットサウンドまで調整が可能です。

HARMONICS

中央はハーモニックシフターセクション。HARMONICSノブでハーモニクスをコントロールし、サウンドにテクスチャーをくわえることができます。

RATIOノブではハーモニックシフトの比率をコントロール。サウンドが細かく波打つようなテクスチャーが得られるので、少しずつ動かしてお気に入りのポイントを探ってみるといいと思います。

FMノブを使うと、サウンドを変調することでさらに強く音を変化させることができます。RATIO設定との組み合わせで、音の変化を楽しんでみてください。

ALTERNATOR

左側のセクションでは、サウンドのグレインをピッチシフトすることにより、変化をくわえます。

ALTERNATORノブではピッチシフトの範囲を決定。

OCTAVEノブではグレインの長さをコントロールできます。-3.00くらいまでは音程が立体的に重なったようなサウンドとなり、それ以上にするとどんどんヘンテコなサウンドになっていく感じです。

エフェクト

Manipulatorプラグインのエフェクト

GUI中段では、そのほかのエフェクトをコントロール可能。

Smearは、サウンドを細かくループさせていくようなエフェクト。

Stereoを使うと、サウンドに広がりをくわえることが可能。

Detuneはコーラスエフェクトのように使えます。

5種類のモジュレーション

Manipulatorプラグインのモジュレーション

GUI下段は4スロットのモジュレーションセクションとなっており、これがまたサウンドメイキングをかなりおもしろくしてくれます。

それぞれのスロットには、META KNOB・ADSR・MIDI・FOLLOWER・SEQUENCERの5種類からモジュレーションを選択することが可能。それぞれオンにすると各メインコントロールのパラメーターに割り当てができるようになります。

META KNOBはシンセで言うところのマクロノブ。

ADSRとMIDIではMIDIの入力をコントロール。

FOLLOWERではソース音源の入力をコントロール。

そして、SEQUENCERはかなり柔軟にLFOのような感じで波形を描くことができます。うにょうにょいじれて操作感もGoodです。

Manipulator - Polyverseのセール情報と購入方法・価格チェック

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Manipulatorは単品のほか、バンドルでの購入が可能。
Plugin Boutiqueが安くなっていてお得です。

Manipulatorを単品購入

Manipulatorをバンドルで購入

バンドルはInfected Mushroomプラグインのセット、Plugin Boutique限定のユニークなボーカルプロダクション向けセットがあり。

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved