BreakTweaker レビュー

プラグイン

BreakTweaker - iZotope | レビューとセール情報!無限のグリッチサウンドを生み出すビートマシン!

2020年10月1日までのセール情報

現在、iZotopeがセール開催中

と、BreakTweakerと4種類のエキスパンションがセットでなんと1,000円ほどに。

また2020年9月30日まで、Plugin Boutiqueでの購入(上記リンク先)で、クリエイティブディストーションプラグイン『Trash 2 - iZotope』(通常99ドル)と、歪み系ギター音源『UJAM - CARBON』(通常129ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

シュンナリタ
BreakTweakerを使うとComplextroやGlitch Hopっぽいグリッチサウンドをガンガン生み出すことができます!
特徴、使って感じたことなどをレビューしていきます。

BreakTweaker - iZotopeの使い方&レビュー

BreakTweakerとは、iZotope社のプラグイン。
ジャンルでいうとステップシーケンサー、ビートマシン、ドラムマシン、サンプラーであり、シンセサイザーといった感じです。笑

上記の動画を見てもらえばわかる通り、ビートパターンを打ち込みつつ、シンセなどのエグいグリッチサウンドもサクサクと生み出すことができます。

ComplextroやGlitch Hopなどのエレクトロニックミュージックを作りたい、というDTMerはアイディアの幅がかなり広がると思いますし、
そういうサウンドを曲の中にちょっと取り入れてみたい、という人にもかなりおすすめできるプラグインです。

下記にBreakTweakerの概要と、できることをまとめます。

BreakTweakerのステップシーケンサー

BreakTweaker ステップシーケンサー

BreakTweakerのステップシーケンサー

BreakTweakerの画面中央に大きく表示されるのが、ステップシーケンサー。
ここにビートやシンセサイザーを打ち込んでパターンを組み上げていきます。

6トラックまで作成可能で、それぞれのトラックはDAWにパラアウトさせるようにも設定できます。

BreakTweaker MIDI

BreakTweaker起動時の説明表示

パターンは最大で24個まで作成でき、画面左下の1〜24で選択できます。

そしてそのパターンとそれぞれのトラックの単音は、上記の表示で説明のある通りMIDIにアサインされ、コントロールできます。

BreakTweakerのサンプラーとシンセサイザー

BreakTweaker サンプラー

BreakTweakerのサンプラー

各トラックを選択すると、その中身をエディットすることができます。
サンプラーとシンセサイザーを選ぶことができ、各トラック3つまで音を重ねることもできます。

サンプラーの音源はプリセットされている中から選ぶことができるのはもちろんのこと、自分が持っているサンプル音源をドラッグ&ドロップで挿入して使うことも可能。

サンプラー、シンセ共にディストーションとフィルターがついており、ADSRエンベロープとLFOでモジュレーションもできるので、内部でサウンドを作り込むこともできます。

MicroEdit【BreakTweaker最大の特徴】

BreakTweaker Microedit

BreakTweakerのMicroeditエンジン

こちらがBreakTweakerの最大の特徴であるMicroedit。
打ち込んだステップを選択すると、画面下にこのようなエディタが出てきます。

ここでグリッチサウンドをガンガン作っていくことができます。

青と赤の四角になっている部分をドラッグすると、グリグリと直感的にエディットすることができ、
「ギューン!」、「ブーン」、「ババババ」、「グイ〜ン!」
みたいな音を無限に生み出すことができますw

適当にMicroeditをいじってみました


プリセットのパターンを読み込み、その中のステップをMicroeditでいじっています。

ステップを選択すると、そのステップの音だけプレビューすることができ、ランダム機能もあるので、動画のようにテンポ良く適当に操作しただけでいい感じにおもしろくなります。

真ん中あたりの[TYPE]でグリッチのタイプを選び、その他のパラメーターでかかり具合を設定していく感じですね。

BreakTweaker - iZotopeはグリッチビートをサクサク生み出せる

さて、ここからはBreakTweakerを使ってみて感じたことや、使いどころなどをまとめていきます。

ComplextroやGlitch Hopの製作に

上でも書きましたが、ComplextroやGlitch Hopのようなエレクトロニックミュージックを作りたいという人にはもってこいのプラグインですね。

ぼくの場合ですが、BreakTweakerのようなツールを使わずにグリッチサウンドを作ろうとすると、ひたすら手を動かして(切り刻んだりピッチを変えたりエフェクトかけたり)いい感じの音にたどり着くまで頑張ることになるので、けっこう疲れるんですよね。笑

BreakTweakerを使うと、より直感的にサクサクと作業ができます。

オリジナルのグリッチサンプルの作成に

既製品のサンプルパックに飽きた…

という時に、オリジナルのおもしろいサウンドがガンガン作れますよ。
持っている音源をサンプラーに入れて新しい音にしてしまうのもおもしろいですね。

ComplextroやGlitch Hopではないけど、グリッチの要素を取り入れたい!

もちろんこういう人にもおすすめ。

なお、正直言ってBreakTweakerオンリーで1曲になるくらい作りこみをするのはキツいかな、と思います。

パラアウトもできるので、BreakTweakerでサクサクとアイディアやサンプルを作り貯めていって、それを使ってDAWでしっかり曲を完成させるイメージで使っていったほうがいいと思います。

プリセットで遊ぶだけでも楽しい件

まずはプリセットを読み込んで、持っているMIDIキーボードをつないで適当にパターンを組み合わせて遊んでみるだけでもかなり楽しいです!

別売りで拡張のプリセットパックもあり、プリセットだけで幅広く遊ぶこともできます

BreakTweaker - iZotopeのセール情報と購入方法

2020年10月1日までのセール情報

現在、iZotopeがセール開催中

と、BreakTweakerと4種類のエキスパンションがセットでなんと1,000円ほどに。

また2020年9月30日まで、Plugin Boutiqueでの購入(上記リンク先)で、クリエイティブディストーションプラグイン『Trash 2 - iZotope』(通常99ドル)と、歪み系ギター音源『UJAM - CARBON』(通常129ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

BreakTweakerは単体購入のほか、バンドルでの購入が可能。

BreakTweaker - iZotopeを単品購入

BreakTweaker - iZotopeをバンドルで購入

バンドルはエキスパンションとのセットもあり。

人気のエフェクト、Trash 2やIris 2も狙っている場合は、iZotope Creative Suite 2バンドルでの購入が断然お得です。

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved