PulsarAudioMuセール情報とレビュー

プラグイン

Pulsar Audio Mu | レビューとセール情報!定番マスタリングコンプレッサーをプラグインに【Manley Variable Mu】

シュンナリタ
Pulsar Audio Muは定番マスタリングコンプ・リミッターをモデルにしたプラグイン!特徴や使い方をレビューします。

Pulsar Audio Muをレビュー【コンプレッサー・リミッター】

MuはPulsar Audioがリリースするコンプレッサー・リミッタープラグイン。

「バリミュー」とも呼ばれる、マスタリングスタジオにおけるベストセラー真空管コンプ、Manley Stereo Variable Muをエミュレートしています。

アナログ風味のある、マスタリングコンプ・リミッターがほしい!

というDTMerは、ぜひチェックを。

ソフトな質感でトランジェントをおさえ、トラック全体にグッとまとまりをだしてくれます。もちろん、ドラムバスなどの仕上げに使うのもgoodです。

Pulsar Audio Muのプリセット・サウンドデモ

PulsarAudioMuのプリセット

Muには、Drum Buss・Guitar・Leveling・Maor Appelbaum Mastering・Master・Vocalでカテゴリー分けされた21種類のプリセットが用意されています。

ゆるやかに全体に統一感を出すプリセットから、がっつりとパンチを出すプリセットまでさまざま。

下記の動画で、使用例とサウンドをチェックできます。

ちなみに、もっとキレのある質感のコンプレッサーをさがしていたら、Pulsar Audioの1178もチェックしてみてください。幅広いサウンドに対応する、ビンテージ風味のコンプレッションが魅力です。

関連記事
Pulsar1178レビュー_セール情報
Pulsar 1178 | レビューとセール情報!FETコンプレッサーの名機をプラグイン化!幅広くいい音に【UREI】

2021年8月22日までのセール情報 現在、Pulsar Audioがセール開催中! Pulsar 1178が33%オフ と、お得に。 そのほかすべてのPulsar Audioプラグインが割引中です。 ...

続きを見る

Pulsar Audio Muの使い方

PulsarAudioMuの使い方

さて、ここからはMuの主な機能や使い方について説明していきます。

シンプルなコンプレッサーパラメーターにサイドチェインEQなどを組み合わせて使うことで、ねらったサウンドにより近づけていくことができます。

なお、モデリングされる真空管コンプの仕組みについてはVariable-bias Compression Explainedでくわしく書かれています。興味のある方はチェックしてみてください。

2種類のゲインリダクションメーター

PulsarAudioMuのClassicメーター

GUI上部はメーターラックとなっており、2種類のメーターでGR(ゲインリダクション)をチェックすることができます。

上記画像のクラシックメーターでは、シンプルなアナログスタイルのメーターで各チャンネルのGRに反応します。

PulsarAudioMuのModernメーター

メーターラックをクリックすると、メーターの切り替えられます。

上記画像のモダンメーターでは、わかりやすいグラフィックとあわせて各チャンネルのGR・インプットレベルが確認可能。右側のメーターには、アウトプットレベルも表示されます。

さらに、表示のスタイルはM・L・R・LR-1・LR-2・S・MS-1・MS-2と場面にあわせて変更が可能。

なお、Muのコンプレッションでは2〜6db、リミッティングでは2〜4dbのGRが推奨されています。また、プリセットにも目安とするべきGRが書いてありますので、チェックしながらコントロールしていってみてください。

パラメーターノブ

PulsarAudioMuのパラメーターノブ

GUI中段は、コンプレッションのパラメーターノブが表示されています。

左右の各チャンネルにTHRESHOLD・ATTACK・RELEASE・OUTPUTノブが搭載。L-Rモードのときは左/右がL/R、M-Sモードのときは左/右がM/Sのチャンネルとなります。

中央には両チャンネル共通のINPUTノブ。こちらをコントローラーしていくことでコンプレッションレベルとチューブサウンドの色付け調整していきます。Ratioノブはありませんが、THRESHOLDを下げたりするとより高いレシオが設定される仕様となっています。

また、MIXノブでDRY/WETも調整可能。パラレルコンプレッションもすぐにできます。

モード切替スイッチ【MS/LR・LIMIT/COMP・LINK】

PulsarAudioMuのモードスイッチ

パラメーターノブの中にあるスイッチでは、モード切替が可能です。

まず、中央のノブで左右のチャンネルをMSとするか、LRとするかを決定。

となりのLINK SIDECHAINをオンにすると、両チャンネルをミックスして検出し、それぞれのGRが同じになります。マスターバスでがっつりコンプレッションするときなど、ステレオ感をキープしたい場合に使えます。

各チャンネルにはLIMIT/COMPスイッチがあり、リミッターモードとコンプレッサーモードを選ぶことができます。

LINK CONTROLをオンにすると、左右のパラメーターを連動させてコントロールが可能。

SIDECHAIN・SIDECHAIN EQ・LISTEN

PulsarAudioMuのSidechain

GUI下部では、検出するサウンドを調整して、コンプレッションのコントロールが可能。

まず、左側のINT/EXTスイッチで入力サウンドをトリガーとするか、外部のトラックをトリガーとするか決定。EXTの場合はDAWでサイドチェーントリガーを設定します。

となりのLOOKノブではサイドチェインの反応を前後にずらすことが可能。

また、中央のSIDECHAIN EQでは、検出するサイドチェインサウンドをフィルタリング。直接サウンドに影響するEQではありません。例えばINTモードでローをカットすると、キックドラムではコンプレッサーがトリガーされないようにしたりすることができます。

くわえて右側のLISTENセクションでは、モニターするサウンドの選択が可能。アウトプットサウンドだけでなくL/M・R/Sサウンドオンリーで聴いたり、サイドチェイントリガーとなっているサウンドが実際どのように入力されているかもチェックすることができます。

Oversamplingでさらなる高音質化も

PulsarAudioMuのOversampling

GUI右上のボタンからは、オーバーサンプリングも2×〜8×で設定が可能。よりアナログに近い高音質化を目指していくことができます。

ただしCPC負荷はガッツリとかかりますので、必要に応じて使ってみてください。

Pulsar Audio Muのセール情報と購入方法

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Muは単品のほか、バンドルでの購入が可能。

Pulsar Audio Muを単品購入

Muの販売ページ

Pulsar Audio Muをバンドルで購入

Plugin Boutique限定で、人気プラグインとのバンドルもあり。

Inflatorも、アナログな質感でブワっと音圧アップしてくれる最高なプラグインです。

関連記事
SonnoxOxfordInflatorセール情報とレビュー
Sonnox Oxford Inflator | レビューとセール情報!音圧アップを最高なアナログ感で!【しかもシンプル】

2021年6月30日までのセール情報 現在、Sonnoxがサマーセール開催中! Oxford Inflatorが75%オフ と、人気のInflatorが大幅割引に。 そのほか多くのSonnoxプラグイ ...

続きを見る

-プラグイン
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2016~2021 All Rights Reserved