Carbon Electraレビュー

プラグイン

Carbon Electra | レビューとセール情報!シンプル&低価格だけど作り込めるシンセ by Plugin Boutique

2020年10月1日までのセール情報

現在、セール開催中

と、Carbon Electraのベース・リード系プリセットパックがお得に。

また2020年9月30日まで、Plugin Boutiqueでの購入(上記リンク先)で、クリエイティブディストーションプラグイン『Trash 2 - iZotope』(通常99ドル)と、歪み系ギター音源『UJAM - CARBON』(通常129ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

シュンナリタ
Carbon Electraはシンプルだけどサウンドをしっかり作り込めるシンセ!
特徴、使用感などをレビューします。

Carbon Electraをレビュー

Carbon ElectraはPlugin Boutiqueのシンセサイザープラグイン。

シンプルな作りながら、特徴的なステップシーケンサーなどで、しっかりサウンドを作り込むことができます。

なおかつ、1画面にシュッとまとまったGUIはとても視認性が良く、直感的に操作可能。

価格もお手頃でプリセットも豊富。
シンセでサウンドと作り込んでみたいDTM初心者にはとてもおすすめです。

Carbon Electraのサウンド【音質】

全体的なサウンドの質感としては、わりとデジタル感の強い質感。
アナログっぽい太っとい感じではありませんね。

使いどころによってはミキシングの際、ちょっと曲中で浮いてしまうような質感かなと思います。
しかし、このならではの質感と直感的な操作性(下で説明します)で作られる面白いサウンドは、使いこなせば楽曲に大きなユニークさをもたらしてくれると思います。

Carbon Electraのプリセットとエキスパンション

Carbon Electraのプリセット

ファクトリープリセットは800以上収録。
シンプルで汎用性の高いものが多いです。

そんな中、Carbon Electra最大の特徴であるシーケンサー(これも下で説明します)を使って作られた、シーケンスやアルペジオ系のプリセットはとても良い感じ。

さらに、Carl CoxやDJ Pierreなど、著名アーティストが監修したプリセットが最初から入っているのも魅力的。

Carbon Electraのシンセサイズ【使い方のポイント】

さて、ここからはCarbon Electraの仕組みのポイントについて解説していきます。
構造もシンプルですし、動きのあるグラフィックもとても見やすい感じなので、ガンガン直感的に操作できます。

OSCILLAOR / ENVELOPE / MIXER / FILTER

Carbon Electraのオシレーターやフィルター

Carbon Electraはオシレーターを4機搭載。
それぞれ5種類の波形から選択できます。

それぞれのオシレーターはMIXERセクションで混ざり方を調整でき、それに応じた波形の変化も確認することが可能。

その下のFILITERセクションもフィルターカーブが表示され、モジュレーションにあわせた動きを見ることができます。

LFO

Carbon ElectraのLFO

LFOは3機搭載。

LFO1は各オシレータのPITCHに対して、LFO2はFMやWIDTH、LFO1に対して、LFO3はMIXに対して、モジュレーションをすることができます。

EFFECTS

Carbon Electraのエフェクト

エフェクトはCHORUS / DELAY / PHASER / DISTORTION /EQが搭載されています。

DISTORTIONの効き具合は、Carbon Electraらしい高域がクリスピーになる感じです。

STEP ENVELOP

Carbon Electraのステップシーケンサー

GUI下段に表示されるのが、こちらのステップシーケンサー。
Carbon Electra最大の特徴的な部分です。

全体のボリュームやフィルターのカットオフ、オシレータ2/4のピッチをコントロールすることができます。

自由にポイントを打って波形を描くこともできるのですが、面白いのは上記の画像のようにテンプレ波形を選んで、それぞれのコマに当てはめていけるところ。
直感的にサクサクと作業ができますし、組み合わせると、結構エグいサウンドも作り込んでいくことができます。

MASTER

Carbon Electraのマスターセクション

マスターセクションでは、アウトプットボリュームの調整の他、ユニゾンの設定でサウンドに厚みを出したり、グライドの設定をすることができます。

Carbon Electraはこんな人におすすめ

わかりやすいシンセでサウンドメイキングしたい!

上でシンセサイズの仕組みを説明しましたが、Carbon Electraは波形もわかりやすく表示されて、初心者にも理解しやすいシンセだと思います。

価格も安いので、他のシンセいじりで挫折してしまったDTMerにはぜひ試してみてください。
音作りの楽しさがわかってもらえるはず。

ステップシーケンサーでサウンドを作り込みたい!

Carbon Electraのステップシーケンサーは本当に使い込みがいがあります。

FUture Bass的な揺れ揺れサウンドも簡単に作れますし、もっとグチャグチャに波形を作成して、エグいサウンドを曲に取り入れることも可能です。

ただし、サウンドの質感的に、バッキバキのDubstep作成などには向かないですね。
渋めのHouseやTechno、Drum & Bassなどにハメてみるとかっこいいと思います。

Carbon Electra - Plugin Boutiqueのセール情報と購入方法

2020年10月1日までのセール情報

現在、セール開催中

と、Carbon Electraのベース・リード系プリセットパックがお得に。

また2020年9月30日まで、Plugin Boutiqueでの購入(上記リンク先)で、クリエイティブディストーションプラグイン『Trash 2 - iZotope』(通常99ドル)と、歪み系ギター音源『UJAM - CARBON』(通常129ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Carbon Electraを単品購入

Carbon Electraの販売ページ

Carbon Electraを含むバンドルを購入

Carbon Electraのプリセットエキスパンションを購入

-プラグイン
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved