Zenithプラグインレビュー

プラグイン

Zenith - Audiaire | レビューとセール情報!シンセをパワーアップするプラグインMIDIシーケンサー!

2020年5月16日までのセール情報

現在、Audiaireがセール開催中

と、お得に。

また2020年6月30日まで、Plugin Boutiqueでの購入(上記リンク先)で、sonibleのEQプラグイン『entropy:EQ+』(通常99ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

シュンナリタ
Zenithはシーケンサーなどでシンセをコントロールするプラグイン!
特徴や使い方をレビューします。

Zenithは手持ちのシンセをパワーアップするプラグイン!

ZenithはAudiaireがリリースするMIDIプロセッサープラグイン。

DAW内で、Zenithから手持ちのソフトシンセサイザーやハードウェアシンセにMIDIを送るように設定して使います。

Zenithでできることを大きくまとめると、ステップシーケンサー機能とMIDIコントローラーとしての機能。(くわしくは下の方で説明します。)

好きなサウンドのシンセで、もっとおもしろく遊びたい!

持っているシンセを、自分流にコントロールしやすくしたい!

なんていうDTMerはぜひチェックしてみてください。

Zenithのプリセット【さまざまなシンセに対応】

Zenithのプリセット

Zenithのプリセットバンクは、Arpeggiators・Chord Generators・Hardware Synths・Software Synths・Templatesの5種類に分かれています。トータルで200種類以上。

ArpeggiatorsChord Generatorsはその名のとおり、ワンキーでアルペジオやコードが鳴らせるプリセット。

Hardware SynthsSoftware Synthsではコントロールしたいさまざまなシンセのコントローラーとして最適化されたプリセットが含まれており、スムーズに手持ちのシンセにマッピングして使用することができます。

Hardware SynthsのラインナップはArturia・Roland・Moog・Yamahaなどなど、Software SynthsはD16・Sylenth1・Massive・u-he・Serumなどなど、あわせて100種類以上が含まれています。

Zenithのコントローラーは組み換え可能となっており、Templatesにはそのテンプレートが含まれています。(これも下でもうすこし説明。)

Zenith - Audiaireの使い方と機能

さて、ここからはZenithの使い方と、機能のポイントをもう少しくわしく説明していきます。
上記のチュートリアル動画とあわせてチェックしてみてください。

はじめは使い方を理解するのが少し面倒かもしれませんが、使いこなせば色々とクリエイティビティの幅が広がります。

なお、各DAWやシンセでの設定は、Zenithの再生リストZenith User Manualで説明されているのでご確認を。

ステップシーケンサー

Zenithのステップシーケンサー

こちらがアルペジオを設定したり、パラメーターの変化を設定するステップシーケンサーセクション。

下記の4モードから選択することができます。

  • OFF: シーケンサーオフで普通に鳴らせるモード
  • PARAM(パラメーター): シーケンサーに各種パラメーターをアサインできるモード(ブルーのレーン)
  • NOTE: PITCH・VELOCITY・GATEをコントロールできるモード(オレンジのレーン)
  • PRM&NOTE: 両方コントロールできるモード

最大100のシーケンスレーンを作成可能。もちろんそれぞれ拡大表示してエディットすることができます。アサインはドラッグ&ドロップで可能など、操作感も良し。シーケンサー部分のプリセットも備えられています。

ちなみにこちらのシーケンサーは、Audiaireのシンセプラグイン『Zone』に組み込まれているものが移植されています。

関連記事
Audiaire Zone レビュー
Zone - Audiaire | レビューとセール情報!シーケンサーで無限の音作りができるシンセプラグイン!

続きを見る

コントロールノブ/フェーダー/スライダー

Zenithのコントローラー

Zenithではこれらのノブ・フェーダー・スライダーを自由に組み替えて使用することができます。

MIDIを送っているシンセのパラメーターと各コントローラーをマッピングしてオリジナルのコントロールサーフェスをでシンセを遊ぶことができます。上で説明したようにプリセットもバッチリ。

こちらでマッピングされているパラメーターを、シーケンサーにアサインして使うことができます。

また、GUI左下には6つのマクロコントローラーもあり。

CHORD GENERATOR・SCALER

ZenithのChord_Generator

便利なコードジェネレーターとスケーラーも組み込まれています。

コードジェネレーターを使うと、ワンキーでコードを鳴らすことが可能。
スケーラーを使うと、設定したスケール外のノートを自動でスケール内のノートに置き換えてくれます。

LFO・ENVELOPE

ZenithのLFOとEnvelope

GUI右下には4つの独立したLFOと、3つまでパラメーターをアサイン可能なエンベロープジェネレーターがあり、ここでシンセサウンドをコントロールすることも可能。LFOは12の波形から選択することができます。

もちろんシーケンサーにもアサインすることも可能。

Zenith - Audiaireのセール情報と購入方法

2020年5月16日までのセール情報

現在、Audiaireがセール開催中

と、お得に。

また2020年6月30日まで、Plugin Boutiqueでの購入(上記リンク先)で、sonibleのEQプラグイン『entropy:EQ+』(通常99ドル)が無料でもらえるキャンペーンが行われています!

最新のDTM関連セール情報はTwitter(@DTM_Checker)でも発信しています。

Zenithは単品購入のほか、Audiaireのエキスパンションも含めた全プラグインバンドルにも含まれています。

-プラグイン

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved