フジロックの充電事情

遊び

フジロックでの充電方法あれこれ【モバイルバッテリーは必須】

どうも、シュンナリタです。

今年のフジロックも前夜祭からキャンプ開始します!

さて、フジロックは前夜祭~最終日の明けまでふくめると、5日間という長丁場のフェスとなります。

そこでフジロック初心者の方はとくに、「スマホなどの充電はできるの?」ということが気になることの1つとしてあるかと思います。

結論を先に言うと、

モバイルバッテリーを持っていきましょう!

ということでこの記事では、フジロックの充電事情とモバイルバッテリーの使用例を体験談をもとにアドバイスしていきます。

スポンサードリンク


フジロックでの充電事情

フジロック会場内

まず最初に「フジロックが充電サービスを用意してくれるのか?」というところですが、下記がフジロック公式からの引用です。

携帯の充電を出来るところはありますか?

主催者のサービスとしてご用意はありません。(一部の出店店舗にて行っている場合があります。)

ごらんのように、基本的にはフジロックからの充電サービスはありません。

充電が必要な場合は、自分でバッテリーを準備しておきましょう

フジロックでスマホの充電切れはなるべく避けたい!

フジロックでスマホが充電切れになると、けっこう困ると思います。

友達とはぐれたら見つけられない

フジロックの会場は広大で、多くの人がいます。スマホ無しで待ち合わせたり、合流したりするのはかなり難しいです。

実体験として、スマホで連絡がとれる状態でさえ「グリーンステージの○○あたり集合!」とか連絡をとっていても、すんなり集合はまず不可能です。笑

スマホの電子マネーが使えない

フジロックはほとんどの支払いで電子マネーを利用できるので、それが使えなくなってしまうとかなり不便です。

関連記事: フジロックで電子マネーを絶対使うべき理由!【Suica/Edy/iD/QUICPayがおすすめ】

フジロック情報や天気予報がチェックできない

ぼくはフジロックのタイムテーブルなどもスマホで確認しますし、天気予報もわりと頻繁にチェックします。

雨の予報があればそのあとの行動や、キャンプサイトから持っていく物や装備も変わりますからね。山の天気は変わりやすいんですよ。

関連記事: フジロック初心者は感じた「レインウェア、超重要!」おすすめをまとめます。

フジロックキャンプサイトではスマホ充電器の貸し出しがある場合も

フジロックキャンプサイトでの充電

フジロックからの充電サービスはありませんが、出店店舗のサービスとして充電ブースやモバイルバッテリーの貸し出しを行っている場合があります。

2018年フジロックのキャンプサイトでは、RAV Power(ラブパワー)がスマホ充電&バッテリー貸出ブースを出店しています。

リンク: モバイルバッテリー無料貸し出し | FUJIROCK EXPRESS '18

基本的には自分でモバイルバッテリーを用意するのが無難ですが、ありがたいサービスですね。今年の出店情報はフジロックのツイッターアカウントなどをチェックしてみてください。

フジロック会場内での充電に使いたいモバイルバッテリー【コンパクト】

さてさて、フジロックには必須と言えるモバイルバッテリーですが、フジロックの会場内はとても広く、かなり歩き回ることになると思います。

体力の温存はフジロックを楽しむためにすごく大事なので、あまり重たいバッテリーは持ち歩かない方がいいです。(大容量のものは、けっこう重たい。)

バッテリーの容量は○○○○mAh(ミリアンペアアワー)で表記されていますので、必要に応じて選んでみてください。

以下がおすすめの定番モバイルバッテリーです。

RAVPower(ラブパワー) - 6700mAh モバイルバッテリー

RAVPowerの6700mAhタイプはiPhoneに約2回充電できる容量です。

サイズは『9x4x2.5cm 113g』とポケットサイズ。

毎日ホテルなどに戻れるなら、このくらいのサイズをひとつ持っていれば十分okです。

RAVPowerモバイルバッテリー 6700mAh
RAVPOWER

Anker(アンカー) - PowerCore Fusion 5000

AnkerのPowerCore Fusion 5000はモバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器が合わさった便利なタイプ。

容量は5000mAhでスマホを1回以上フル充電できます。

バッテリーケース

スマホケースとモバイルバッテリーが一体になっているバッテリーケースを選ぶのもありです。

コードが無いので充電しながら持ち歩くのには、かなり便利。

iPhoneX/XS/10 対応 6500mAh バッテリー内蔵ケース
Yacikos

フジロックにキャンプで参加するなら使いたいモバイルバッテリー【大容量】

ホテルなどに泊まらず、キャンプでフジロックを楽しむ場合は、全日程分の充電をカバーできる大容量のモバイルバッテリーを用意しましょう。

RAVPower(ラブパワー) - 26800mAh モバイルバッテリー

RAVPowerの26800mAhタイプは大容量モバイルバッテリー。スマホを5.6回くらい充電できるので、このくらいあればフジロック全日程5日間にも十分対応します。

USBポートも充実しているので、仲間と同時に電源のシェアも可能です。

充電用ケーブルは長さ違いで持っておくと便利

これ、快適に充電するのにわりと重要なポイントだと思うのですが、

  • 持ち歩くときは短いケーブル
  • 夜寝るときは長いケーブル

を使ったほうが便利です。

長いケーブルで充電しながら持ち歩くのはかなり邪魔になりますし、テントで寝ながらちょっとスマホをいじりたいときに短いケーブルだと不便なので。

Amazonや楽天では、下記のように長さ違いのケーブルセットが販売されていますので、それを買うとお得です。

【iPhone用】ライトニングケーブルセット

こちらはiPhone用のライトニングケーブルセットです。

microUSBケーブルセット

こちらはiPhone以外のスマホに採用されている、microUSBケーブルのセットです。

USB Type-C ケーブルセット

比較的新しいスマホを使っている方は、こちらのUSB Type-Cケーブルかもしれません。確認してから買いましょう。

フジロックに関するまとめ記事

まとめ
フジロックの持ち物
フジロックの持ち物完全ガイド【服装〜キャンプグッズまで必需品をチェック】

続きを見る

フジロックの持ち物一覧をリストアップした記事です!

-遊び
-

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved