CelticEra2_BestServiceレビューとセール情報

ページ内には広告リンクがふくまれます プラグイン

Celtic ERA 2 - Best Service | レビューとセール情報!ケルト楽器音源コレクション【雰囲気が最高】

2024年1月1日までのセール情報

現在、Best Serviceがニューイヤーセール開催中

と、お得に。

カートに入れたあとPromo Codeにクーポンを入力→[update cart]で適用されます。

また現在、Best Serviceで99ドル以上の買い物をすると(上記リンク先)最大99ドルのプラグインや音源をどれか選び無料でもらえるキャンペーンが行われています!複数回利用も可能。内容が変更される場合もあるのでお早めにどうぞ。

シュンナリタ
シュンナリタ
Celtic ERA 2はシネマティックに、楽曲のエッセンスに、雰囲気最高なケルト楽器音源プラグイン!収録内容や使い方をレビューします。

Celtic ERA 2 - Best Serviceをレビュー【ケルト音源】

Celtic ERA 2はBest Serviceがリリースするケルト音源コレクション。

トータル25GBの大容量で、36種類のケルト楽器を表現力たっぷりに収録しています。

ケルト音楽を作りたい!

ケルト楽器の音色やグルーヴを、曲に取り入れたい!

というDTMerには、かなりおすすめです。ぜひチェックを。

雰囲気が最高・即戦力のコンテンツ

CelticEra2レビュー

Celtic ERA 2を使ってみて、まず思ったのがこれ。

雰囲気がめちゃくちゃにいい。

プリセットを選ぶだけで、質感込みのそれっぽいサウンドがすぐに鳴ってくれます。

アイルランドの大草原が目の前に広がるというか…オープンワールドゲームのファンタジーな世界がイメージできるというか…。

とにかく、全体通して音像が確立されていて素晴らしい。作りたい曲と方向性が合えば、間違いなく即戦力になってくれる音源です。

アーティキュレーション・MIDIパターンも豊富でバッチリ!

これも高品質・即戦力なポイント。管楽器系はいろいろな表現ができますし、すぐに使えるギターリフやドラムパターンはとても便利です。

Celtic ERA 2 - Best Serviceの収録音源【サウンドデモ】

ウォークスルーとサウンドデモ

上記の動画では、ちょっと長いですが一通りの収録サウンドが紹介されているのでチェックしてみてください。

また、下記の動画では、Celtic ERA 2のサウンドだけで作られた短いデモ楽曲が聞けます。

ほんとに、めっちゃ雰囲気いいんですよね〜。

そして、Celtic ERA 2の打ち込みだけでここまでリアルな演奏を再現できるという。まだまだ僕はレベルが足りませんな…。もっと使い込んでみよっと!

さてさて、以下にはCeltic ERA 2に収録されているプリセットの内容をカテゴリーごとにザッとまとめました。デモ動画とあわせて目を通してみてください。

Ancient【青銅器時代の楽器】

CelticEra2のAncientプリセット

Ancientカテゴリーは、青銅器時代を起源とする下記の楽器を収録。

Ancient

  • Carnyx
  • Cornu
  • Dord
  • War Horns

Celtic ERA 2のもっとも特徴的なサウンドで、すべて管楽器です。

独特なアーティキュレーションからも、いろいろとイマジネーションが広がります。

Keyed

CelticEra2_Keyedプリセット

Keyedカテゴリーには、コンサーティーナを収録。アコーディオン的な楽器です。

Keyed

  • Concertina

パラメーターでコントロールできるボタンノイズが、いい具合に臨場感を出してくれます。

Percussion

CelticEra2のPercussionプリセット

リズム隊も要チェック。下記の楽器が収録されています。

Percussion

  • Bass Bodhran
  • Bass Drum
  • Bodhran
  • Snares
  • Tom

特徴的なのはバウロンというフレームドラム。ラウンドロビンがすごく良く、ベタ打ちでもそれっぽいグルーヴが出ます。

ワンタッチで鳴らすことができるパターンも豊富に収録されており、かなり即戦力。バウロンはREEL/JIG(アイリッシュミュージックのユニークなリズム)をスイッチして試せます。

スネアロールとかもイケていて、ダンスミュージック系にもガッツリ使えるやつ。

Soundscapes

CelticEra2のSoundscapesプリセット

シネマティックなパッドサウンドも充実。サウンドのイメージでプリセット名がついています。

Soundscapes

  • Beautiful Horizon
  • Burial Mound
  • Celtic Adventure
  • Celtic Strings
  • Celtic Winds
  • The Dream of the Celts
  • Vocal Organ

…など

どれも一発で空気感が出て最高。それぞれで、レイヤーのボリュームとパンを調整することが可能です。

Strings

CelticEra2のStringsプリセット

Stringsにも、ケルト音楽の特徴的なサウンドがラインナップ。

Strings

  • Acoustic Guitar
  • Celtic Harps
  • Celtic Zither
  • Fiddle
  • Irish Bouzouki
  • Tenor Banjo

リズムパターンが収録されたFiddle(バイオリン)は、カントリーな楽曲にバッチリ。

アコギとブズーキで収録されているストラムパターンも、がっつり即戦力です。

Winds【バグパイプなど】

CelticEra2のWindsプリセット

Windsカテゴリー内のファーストフォルダは下記の2通りですが、それぞれにバラエティ豊かな楽器が収録されています。

Winds

  • Flutes
  • Pipes

Flutes内にあるAsubioというオカリナ系の楽器はとても好き。自然にやさしいメロディが浮かんできます。

Pipesの方はよりおもしろいラインナップで、さまざまなスタイルのバグパイプがチェックできます。ボンバルデのハイトーンな音色も特徴的。

Celtic ERA 2 - Best Serviceの使い方

CelticEra2の使い方

Celtic ERA 2は、Best ServiceのサンプルプレイヤーEngine 2上で、スタンドアロンおよびプラグインとして動作します。

以下に、機能のポイントや使い方をまとめます。

INFO【収録楽器の説明と画像】

CelticEra2のInfo

まずは、UI右下にある[INFO]ボタンをチェック。それぞれのプリセットで収録されている楽器の説明と画像が表示されます。

めずらしい楽器が多いので、実際どんなものなのかイメージできてありがたいです。

共通パラメーター

CelticEra2の共通パラメーター

中央のセクションは、全プリセット共通のパラメーターとなっています。

VOLUME・PAN・EXPRESSION(ペダル用のボリューム)・REVERBがスライダーでコントロールできます。

注目したいのはリバーブ。これが、グッとCeltic ERA 2の雰囲気を出してくれています。

また、リバーブはオフにすることも可能。逆にとてもドライなサウンドになるので、用途によって使い分けられます。

音源ごとのパラメーター

CelticEra2の音源パラメーター

下部のパラメーターは、プリセットごとに変わります。

サウンドや表現にかなり幅を持たせてくれているので、いろいろ試してみてください。

それぞれ、1つのパラメーターはModホイールにアサインされています。

MIDIキーボード表示【フレーズやアーティキュレーション】

CelticEra2のMIDIキーボード

表示されるMIDIキーボードでは、アーティキュレーションのキースイッチやフレーズが色分けされています。

これも音源ごとにさまざまで、使い込むほどに新たなひらめきが生まれますよ。

Celtic ERA 2 - Best Serviceのセール情報と購入方法

2024年1月1日までのセール情報

現在、Best Serviceがニューイヤーセール開催中

と、お得に。

カートに入れたあとPromo Codeにクーポンを入力→[update cart]で適用されます。

また現在、Best Serviceで99ドル以上の買い物をすると(上記リンク先)最大99ドルのプラグインや音源をどれか選び無料でもらえるキャンペーンが行われています!複数回利用も可能。内容が変更される場合もあるのでお早めにどうぞ。

最新の #DTMセール 情報はX(@DTM_Checker)でも発信しています。お得に #DTM を楽しもう。

Celtic ERA 2は単品購入のほか、アップグレードの利用が可能。バンドルはありません。

Celtic ERA 2 - Best Serviceを購入

Celtic ERA 2 - Best Serviceへアップグレード

前バージョンのCeltic ERAを持っている場合は、Best Service公式ストアでお得なアップグレード版を購入できます。

広告

  • この記事を書いた人
ShunNarita_Profile_Square

シュンナリタ

『マタタキベース』でDTM情報を発信中。Moment名義で曲をリリースしつつ、DJしたりしています。長野在住。東京時代は年間200日くらい各所のClubでブースに立ってました。かれこれ15年以上音楽業界の片隅に居ます。プロフィール詳細や経歴はこちら

-プラグイン
-