ライフハック

読書をスピードを上げたいなら1ジャンル集中読み。勉強効率もアップ。【速読】

sokudoku

本をよく読むようになって実感したことです。

1ジャンル集中読みで読書スピードアップ

1つのジャンルの本を続けて読むことで、そのジャンル全体の知識量が積み重なっていきます。具体的な例でいうと、専門用語を覚えていったりね。そうすると、新しい情報でも、周辺の予備知識が頭に入っていることで読書、理解のスピードがアップします。

まったく初めての領域でなにかチャレンジする時って、暗闇の中をさまよっているような感覚じゃないですか。そこに1つ1つ明かりをともしていって、手がかりを見つけていく感じですね。

また、吸収した知識があたまの中で関連づくと、さらにそこに関連しそうな情報にどんどん興味が湧いてきます。興味をもって、わくわくしながら勉強するのがいちばん楽しくて、効率的ですよね。

なかには1度では理解できない部分もあるでしょう。そういうところも、繰り返し情報に触れることで、理解度が上がります。

そして、ある程度知識の基盤ができると、読んでいる本の中の読み飛ばしてもいいところがスッとわかってきます。本をまるまる読破することが読書の目的ではないですからね。効率よく情報収集しましょう。

勉強効率アップにも

この考え方、読書だけでなく、何かを勉強したいっていうときもにも、役に立つ考え方ですよね。

このような速読術については、こちら本がおすすめです。速読のテクニックどうのというよりか、本を効率よく選び、読んで、勉強をスピードアップする考え方が書いてあります。

Twitterはこちら

Instagramも更新中

@djshunnarita

-ライフハック

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved