ライフハック

【映画】ゴッドファーザーが人々の心を惹きつける理由。【ランチョンテクニック】

godfather

The Godfather、いいですよね~。

ぼく、大学は文系の学科だったんですが、卒論で「ゴッドファーザーはなぜ人々を惹きつけるのか」をテーマにしたんですよ。

作品そのもの、そして登場人物のゴッドファーザーが、なぜ人々を魅了するのかということを論じました。

そのとき、心理学的観点から、作中のゴッドファーザーが人々の尊敬を集める要素の1つとしてポイントに挙げた、「ランチョンテクニック」というものをご紹介します。

この「ランチョンテクニック」をぼくは、卒業論文をきっかけに知ったのですが、なかなか一般的には知らないひとが多いキーワードなのではないでしょうか。

ランチョンテクニックとは

ランチョンテクニックとは、簡単に言うと「食事をしているとき、相手は心をひらきやすくなる。」ということ。

作中では

作中に登場するゴッドファーザーことヴィトー・コルレオーネの裏の顔はマフィアのボス。

ヴィトーは街の人々の、'ふつう'はどうにもならない頼みごとを聞いて、裏の力で解決し、その人に貸しを作ります。そうして、どんどんと影響力を大きくしていくのです。

そんな人々がヴィトーと話をするとき、彼はいつも1杯のお酒をわたします。

マフィアのボスと話をするのですから、かんたんには心をひらいて話すことなんてできませんよね。

これが、ランチョンテクニックになっているわけです。

こうして彼は頼みごとをしてくる人々と関係値をつくり、自身が頼みごとをしなければならない時がきたら、「決して断れない提案」をするのです。

交渉ごとや親睦会で

このランチョンテクニック的な観点から見ると、交渉ごとや親睦会として、食事の場をもうけるのはとても合理的なわけです。

ビジネスや意中の人との駆け引きに、ちょこっと意識して使ってみてはいかかでしょう。

The Godfatherは、このような魅力がたくさん詰まった作品です!興味があるかたは、小説版もおもしろいのでぜひ!

Twitterはこちら

Instagramも更新中

@djshunnarita

-ライフハック

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved