DAW

Ableton Live使いのアーティストまとめ【第2弾】

Ableton Liveを愛用しているぼくが、Ableton Liveを使用しているアーティスト、プロデューサーをまとめます!

ableton使い2

今回はSpliceで、Ableton Liveのプロジェクトファイルが公開されているアーティストをご紹介。

ぜひご参考に!

スポンサード


Marshmello

彼がブレイクするきっかけとなった曲、AloneのステムファイルがAbleton Liveプロジェクトで、公開されています。各ステムのポイントの解説もあり。

今やスーパースターにのし上がった、謎多きアーティストの製作の様子をのぞくことができるのは、とても嬉しいですね。

KSHMR & Tiesto

人気曲SecretsのDrop部分のプロジェクトファイルがSpliceで公開されています。

Youtubeチャンネルでは、なんと12編にわたって、KSHMRによるAbleton Liveを使った製作のチュートリアルが公開されています。

チェックすべし。

Laidback Luke

Stepping to the BeatのAbleton Liveプロジェクトが公開中。

Laidback Lukeは、楽曲のプロデュースやDJingの技術普及にとても力を入れていています。

彼の、Laidback Luke ForumからはAfrojack, Avicii, Steve Angelloなど、多くの才能が生まれています。

また、YouTubeチャンネルでも多くのチュートリアル動画が頻繁にアップされています。

DTMerとして、こういうアーティストにはとても好感がもてますね。

日本でもダンスミュージックシーン発展のために、日本の有名アーティストにぜひこのような活動をしていただきたいものですなぁ。

ここで一言。日本でもいろいろなウワサがありますが、賛否両論あるゴーストライター事情について。

表舞台への強力なサポート体制を持った者と影の実力者が裏でタッグを組むことは、時に大きなシナジーを生むでしょう。それはそれであり。

しかし、一過性のブームではなく、ダンスミュージックシーンを根底から大きくするならば、できるだけ実際の実力者がスポットライトを浴びることができるように、シーン全体のファン運営をしていくことが重要だとぼくは考えます。

だからこそ、Laidback Lukeのようにネームバリューも実力もあるアーティストが日本でももっと生まれて欲しいし、Laidback Lukeようにシーン発展のための活動をもっとして欲しいなぁ!と、思います。

graves & KRANE

Trapシーンで、センス抜群なリリースを重ねる彼らのフリーダウンロード曲、Spells (feat. Blake Skowron)のAbleton Liveプロジェクトファイルが公開されています。

KRANEのハイクオリティなサンプルパックシリーズも人気です。

プロジェクトファイル、めちゃくちゃ勉強になる

DTMで行き詰まったら、このようなプロジェクトファイルやステムを研究してみると、とても勉強になりますよ!

「ここは、こういうパート分けで構成されていたのか!」とか、「単音だとこんな音なのか!」などなど、たくさんの発見があります。

中には、EQやコンプレッサーなどのエフェクト設定も含んだプロジェクトファイルもあって、エフェクトの挿入の仕方やパラメーターなども確認できちゃいます!

もちろん、リミックスしてみるのもアリ!

プロジェクトファイルやステムが手に入れば、それを使ってリミックスを作成することもできます。

オリジナル曲はなかなか、、、なんて方はぜひリミックスからDTMを遊んでみてください!

Ableton Live使いのアーティストまとめ記事一覧

Ableton Liveについてのまとめ記事

Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで

まとめ記事: Ableton Liveの購入から曲を完成させるまで【DTM初心者に向けたワークガイド】

-DAW
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved