San Holoの音作り

Tips

【DTM】San Holoが公開した、Future Bassの音作り【Ableton Live】

Lightなどのヒット曲で知られる、フューチャーベースプロデューサー、San Holo

彼が、Youtubeチャンネルで公開した、One Thingのトラックメイクのポイントを、まとめます。

ダッキングでメロディにグルーヴを

13:33〜の部分。

プラグインエフェクトのVolume Shaperを使って、リードサウンドにダッキングをくわえています。

こうすることで、なめらかなメロディの中にも、縦のノリが加えられ、断然グルーヴがでていますね。

この作業はKick StartLFO Toolなどのプラグインやコンプレッサーのサイドチェイン、フィルターのLFOなんかでも代用できますね。

ローファイ系エフェクトでサウンドに味を

18:44〜の部分。

RC-20 Retro Coloという、ローファイ系のプラグインを使い、ギターサウンドに味付けをしています。

この動画をみて、ぼくもこちらを購入しましたが、すごく気に入っています!

関連記事: 【RC-20 Retro Color - XLN Audio】自然で味のあるローファイ系プラグイン!【レビュー】

Massiveを使ったリードサウンドの音作り

21:55〜の部分。

超定番ソフトシンセサイザー、Massiveを使った、リードサウンドの音作りです。

この曲のリードサウンドの秘密は2つ。

1つは、デチューンした高音を重ねる。

もう1つが、ノイズ波形のLFO。

こうすることで、メタリックで、味のあるサウンドが生まれるわけですね。

細かい設定方法については、動画を見て、確認してみてください。

やはり、なんだかんだMassiveはいい音出しますね〜。持っていない方は、NATIVE INSTRUMENTSのエントリーバンドル、Komplete Selectから買ってみるといいんじゃないかな。

KOMPLETE 12 SELECT

KOMPLETE 12 SELECTは「Massive」を含む、14製品、7,000以上のサウンド、45 GB以上のインストゥルメント&エフェクトを含むNative Instrumentsの定番バンドルです。

San Holo、とても好きです!

ぼくはSan Holoの曲がすごく好きで、とても参考になったのですが、その中でも、汎用性の高いポイントを、今回はまとめてみました。

Future Bass好きの方はぜひチャレンジしてみてください!

ファーストアルバムがリリース間近のSan Holoですが、初来日はいつになるのか。。。

-Tips
-,

関連記事

Copyright © マタタキベース, 2017~2020 All Rights Reserved